毎日忙しくて仕事のやる気が低下しているあなたへ

40代の男性でよくある悩みは「仕事が忙しすぎる」ということから仕事へのやる気を失ってしまうことです。

特にこの世代は中間管理職であることも多く、「チームのまとめ役」として数字の管理と現場の確認などの業務があり、多忙になりやすいのです。
この「忙しい」と感じるのは、どんな状況があるでしょうか?まず、状況から確認してみましょう。

仕事が忙しい場合は周囲に相談

<仕事が忙しい状況>
・残業と休日出勤が多い
・体の疲れがとれない
・仕事の終わり、目途が全くみえない
・休日が取れない、取りたいと言えない雰囲気がある
・仕事をやっている夢をみる

また、仕事が忙しく悩んでしまう人の特徴を客観的に考えてみます。

<仕事が忙しいという理由で悩む人の特徴>
・真面目で責任感が強い
・チームのメンバーに気を使いすぎる
・自己犠牲心が強い
・自分を否定的に考えてしまう、ネガティブ
・誰かに頼ることができない

「忙しい」「きつい」「辛い」「しんどい」などの言葉が口癖になっている人は注意しなければなりません。

仕事が忙しい場合は、現状を周囲の人に相談することが最も大切な動作です。相談することができずに苦手だという人もいるかと思いますが、相談する勇気を持つことは非常に重要です。
いつも頑張っている姿を見ている人がきっと周囲でいるはずですので、そういった信頼できる人に早い段階で相談して解決できる方法を一緒に検討してもらいましょう。

何といってもあなたの体が資本です。忙しい状況がずっと続くと、心身に悪い影響が出てしまいます。

あなたが現在の仕事で、忙しさを感じているのであれば「サインを出す」という回りくどいことをせずに、しっかり言葉にして周囲に理解をしてもらえるようにしましょう。

仕事が忙しいのはプレッシャーのせい?

「仕事プレッシャー」という言葉があります。40代の男性であれば、部下がいる人もいると思います。
部下の見本になろうと、率先して仕事をこなすことが求められるようになります。また、同時に上司からの期待に応えようとすると自分の実力以上の成果を目標に掲げるということになります。掲げた目標そのものに多少の無理があるはずですので、その目的を達成できない案件が多くなってきます。

その結果、仕事量の多さでカバーしなければいけない状況になるでしょう。40代の男性はこういった悪循環に陥っているケースが多いのです。ですので、そもそも仕事が忙しくなる原因は仕事プレッシャーであるといえます。

悪循環に陥っているときは、ミスを起こしやすくなり時にはパニックになってしまうこともあるかもしれません。

また、健康状態が悪化する可能性もあります。特に精神面のプレッシャーにより、下痢・便秘・不眠症・倦怠感といった症状を起こしやすくなります。そういった状況が進行してしまうとうつ病になる可能性もあります。

2015年に起こった、電通の過労死事件を覚えているでしょうか。

当時24歳の女性社員が社員寮から飛び降り自殺をした事件で、当時の1ケ月の残業時間は130時間に達していたとされます。
こういった悲劇は決して繰り返してはならない事件です。一般的には「過労死ライン」というのは1ケ月につき80時間といわれています。

現在のあなたの残業時間を計算してみて、この数字に近いようでしたらその状況は異常事態です。自分自身で早めに何かの手を打つ必要があるでしょう。

何事も適度というものが重要です。部下から頼られる、上司から期待されるというのは本来であれば非常にモチベーションにつながるもののはずです。

しかし、実力以上の目標や結果を求められる場合はその重圧により、その人を潰してしまう結果になるでしょう。

結局のところ、会社や組織というのは誰か1人が成果を出すことが目標ではないのです。現実的な目標設定と、適度な緊張感、目標を達成したときの達成感、こういったものをチームとして一緒に感じあう環境が必要なのです。例え1度だけ無理をして1人で結果を出したとしてもそれは継続することはなかなかできません。

個人という「点」でなく、チームで「線」、組織で「面」となって目標に向かうことが最も重要なことです。

睡眠の質を上げる

さて、仕事が忙しい、疲れが取れない場合は睡眠の質を上げて改善することができるかもしれません。栄養バランスや運動習慣と同様に睡眠というのは非常に重要なものです。ここで、睡眠の質というものについて考えてみましょう。

<良質の睡眠とは>
・寝つきが良い
・眠りが深い
・寝起きが非常にスッキリしている

あなたは3つとも当てはまっているでしょうか?仕事が忙しいとどうしても睡眠時間が十分にとれないことがあると思いますが、睡眠の質を改善することで状況が改善することがあるかもしれません。良い睡眠というのは体の疲れだけでなく、精神的な安定にもつながるものだからです。では、具体的にその質を向上させるにはどういった方法があるでしょうか?

① 適度な運動

運動をすることで、自然な眠気を促してくれます。その結果、眠っている最中の中途覚醒が少なくなる効果が期待できるため、熟睡できるようになります。何事も適度が重要ですが、あまりに身体的にきついトレーニングですと興奮状態になってしまいます。この場合は逆に眠りにくくなってしまうため、運動の強度を調整するように心がけましょう。

② 食事

朝食はしっかり食べ、体を目覚めさせることも睡眠にとって重要な1日のサイクルを生み出します。また、夕食は肉類、魚介類、乳製品に多く含まれるタンパク質を摂取するように心がけます。このタンパク質が良質な睡眠に必要である「セロトニン」という物質の材料になるのです。また、就寝時には食べた後の消化活動が終わっていることが理想です。内臓を休ませた状態で睡眠をとると、疲れがとれるようになります。目安としては寝る前の3時間前に夕食が終わっているのが良いでしょう。

③ リラックス

心身ともにリラックスした状態で眠ることは良質な睡眠をとるうえで重要な要素です。リラックスするやり方は人それぞれにあると思いますが、いくつか例をあげてみましょう。音楽、例えばクラシック音楽やヒーリングミュージックなどは良質な睡眠を促すリラックス効果を生んでくれるものです。他には、ややぬるめのお湯にゆっくりつかるというもの良い効果を期待できます。また、寝る前に温かいお茶などを飲むのも良い睡眠のリズムを作ってくれるでしょう。もちろんご存知だと思いますが、カフェインが入っているコーヒーなどは暖かくても逆効果になってしまいます。

休日の過ごし方を変える

仕事が忙しく、休みを取れることも難しいかもしれませんが、貴重な休日の使い方を少し変えてみることで、良い効果を期待できるかもしれません。

休日の過ごし方というのは、ある程度習慣化されてしまっていることが多いと思います。
ですので、あえて休日の過ごし方を変えてみるのも良いかもしれません。実は、休日のパターンが多い人ほど幸せを感じやすいというデータもあるのです。休日に新しいことを始めることが、幸せになる近道になる可能性があるのでしょう。

普段しないことを始めると、当然普段会わないような人に会ったりすることになります。人との新しいコミュニケーションで考え方が変わる、何かのきっかけを作ることができるようになるかもしれませんね。

<休養そのものを目標にする>

休日をただ何となく過ごすことと、目的意識を持って過ごすのでは全く違います。本当に体が疲れ切っていて、2週間ぶりの休日という時には「休養する」というもの目的になるかもしれません。しっかりとした良質な睡眠、栄養のある食事、温泉などに行く、マッサージを受けてリラックスをする。これらは、十分に「体を回復させる」という目的を持っていますので、だらだらと休日を過ごすのとは全く違います。体をしっかり休ませることは精神面にも非常に効果があります。

<旅に出る>

仕事の忙しさなどの悩みは、旅に出ることで解消されることがあるアンケート調査からもわかっています。リラックスすることで脳から発せられるα波も旅行中には多くなるのです。「休みくらいは部屋でじっと過ごす」という方にはおすすめ休日の過ごし方と言えそうです。1日しか休みがとれなくても出来る旅行はたくさんあります。1人旅をしてもいいでしょうし、家族で出かけるのもいいでしょう。また、日帰りバスツアーなどに参加してみると自分では行かないような観光地に行くことができるため、新しい発見があるかもしれません。

<読書をする>

イギリスにあるサセックス大学の、デビット・ルイス博士の研究によると読書にはストレス解消の効果があるとしています。読書をすることでリラックスできるということは、化学的に証明されているのです。ちなみに6分という短時間でそのリラックス効果が出たそうです。6分であれば忙しい40代の男性でも休日の隙間時間をとることができますね。あなたの好きなジャンルの本を手にとってその世界観に浸ればいいのです。もちろん、部屋で読書するのも良いと思いますが、せっかくなので図書館などに足を運んでみてはどうでしょうか。また、最近ではパソコンやスマートフォンのアプリでも本を読むことができるようになりました。休日に本を読む習慣をつけるというのも、良質な休日をもたらしてくれる良い手段です。

忙しいのは会社に原因があるかも

1日24時間、その中でも集中して仕事に取り組むことができる時間はある程度決まってきます。

無理をして健康を壊してしまっては何のために働いているのかわかりません。どうしても業務が自分の裁量を超え、限界を感じたら上司にまず相談してみましょう。

それでも全く解決の糸口が見えないのであれば、転職を考える必要があるかもしれません。ストレスを抱えながら出口の見えない状況で、ひたすら残業をするという環境であればその人は周囲に悪意を感じてしまう、人を恨んでしまうということになると思います。

これではあなたの他にも同様に苦しむ仲間を生み出してしまうかもしれません。いわゆる「ブラック企業」の特徴をまとめてみました。1つの判断の基準となるでしょう。

<ブラック企業の特徴>
・雇用契約書の取り交わしがない
・残業が多く、休日が少ない
・残業代が出ない
・社員の入れ替わりが激しい
・精神論ばかりで、正論が通じない
・あまりに簡単に入社できてしまう

会社というのは利益を生む出すことを目的としています。そのため、1人の作業量を増やせば人件費の削減になります。
同じ業種の会社でも、A社とB社では労働環境が変わる可能性があります。また、思い切って全く違う業種の仕事を探してみるのもいいかもしれません。

仕事が忙しいという理由で転職を考える場合

いかがでしたでしょうか、ここまで毎日忙しくて仕事のやる気が低下しているあなたの解決方法をいくつか提案をしてきました。最後にまとめてみたいと思います。

<毎日忙しくて仕事のやる気が低下している場合の対応方法>
・まずは周囲に相談、上司に相談して解決できる方法を探す
・自分の現状を客観的に判断、残業時間などの確認する
・良質な睡眠をとれるように、食事・運動・リラックスの方法を試す
・いつもと違う休日の過ごし方を考えてみる
・自分の所属している会社を客観的に見てみる
・それでも解決できそうにないなら、転職を検討する

40代の男性であれば転職をするにも慎重に考えなければなりません。

順番としては、まず自身の市場価値を明確にすることが重要です。今の仕事を辞めてしまう前に、人材紹介会社などに相談に行ったりして転職活動を始めるのがいいでしょう。
あまりに現状が辛すぎる場合は話が別です。この場合は「辞めること」を第一の目標にしなければならないでしょう。しかし、そうでないのであれば会社を辞めてしまうと年金・税金・健康保険・家賃など、今まで給与から天引きだったものを個人で支払うことになるために貯蓄がないとかなり悲惨な状況にもなりかねません。

現在ではハローワーク、転職サイト、人材紹介会社などインターネットでも様々な情報収集をすることができます。こちらのサイトも参考にしてみてはいかがでしょうか。