仕事を辞めたくなった時に考えること

「仕事を辞めたい」というのは、誰もが一度は考えることです。

もちろん、すぐに転職するというほど、私たちは身軽に行動できません。特に40代の男性には家族、会社の仲間や取引先の人間関係などもありますし、転職してすぐに上手くいくという保証もありません。転職が長期化してしまうと収入が不安定になりますし、現実的なことを考えると「仕事を辞めたいけど、続けるしかない」ということになると思います。

しかし、ここでしっかりとなぜ仕事を辞めたいかということを明確にして、冷静に将来のことを考えていきましょう。

仕事を辞めたいと思う理由は何か?

40代の男性になると、職場でも様々な責任がある立場の人もいると思います。仕事を辞めたい、モチベーションが上がらない、仕事をやりたくない…。

そう思う理由をまず明確にしてその解決策を1つ1つ考えていきましょう。まずは、よくある仕事を辞めたい理由を箇条書きで書いてみます。

<仕事を辞めたい理由(ネガティブ)>
・給料が低すぎる
・やりたい仕事ではない
・業界的に不景気、将来が不安
・社風に合わない
・職場の人間関係
・仕事が忙しすぎる
・会社の福利厚生が悪い

辞めたいと思ったなら、その理由を客観的に分析することです。

上記にあげたものは、少し後ろ向きな発想かもしれませんが、当人にとっては耐え難い状況である可能性もあります。
明確に当てはまるものはあったでしょうか?複数の理由がある場合もあるでしょう。これとは少し方向性が違う理由で仕事を辞めたいと思うパターンもあります。

<仕事を辞めたい理由(ポジティブ)>
・起業をして経営者になってみたい
・キャリアアップ転職を考えている
・資格を取得したので別の会社で活かしてみたい
・他の会社からヘッドハンティングされている

現在の仕事に大きい不満はないが、将来を考えて転職や独立を目指す人もいます。人によって仕事を辞めたいと思う理由は様々です。

大事なのは将来、辞めたことで「後悔しないかどうか」ということになると思います。

信頼できる同僚や上司に相談する

「仕事を辞めたい」と思った時には、自分だけで考え込まずに誰かと話してみることが重要です。

話したことで解決策が見つかるかもしれませんし、他人が自分を客観的にどうみているのかを知る良い機会でもあります。いずれにしても、相談したことでスッキリすることもあります。

ただ、相談する順番にはしっかりとしたルールがありますので、それは間違ってはいけません。ちょっとした間違いで人間関係のトラブルを招くこともあります。

<仕事を辞めたいと思った時に相談する相手>
・直属の上司
・同僚
・家族
・会社以外の友人、転職経験のある知人など
・人材会社、ハローワークなど

まずは、直属の上司に相談するのが最も基本的な流れになるでしょう。

直属の上司以外に相談して、それが又聞きで直属の上司の耳に入ってしまうと「信頼していないのか」という感情を招いてしまい、人間関係が壊れてしまいます。

これは逆の立場になって考えてみるとよくわかるのですが、自分の部下が「辞めるつもりらしい」と他の誰かから聞いたときに、自分がどんな気持ちになるか想像してみるといいでしょう。
ですから、最初の相談は直属の上司であるべきです。ただ、上司との人間関係が悪い場合もあると思います。

その時には、同僚に「絶対に他言無用」という約束をして相談するのがいいでしょう。

家族はいつでもあなたの味方になる存在です。あなたが、「仕事を辞めたい」と相談をしても基本的にはあなたのことを信頼していずはずですので、あなたの意志には反対はしないかもしれません。ただ、収入面のことはあなたにも責任があります。

単純に「仕事を辞める」ということだけでなく、今後の動きや収入の目途などもしっかり話せる準備が必要でしょう。

会社以外の友人に話すことは、基本的に有益なことが多いです。幼馴染や、学生時代の友人や趣味関連の仲間などは、会社の同僚と違い客観的に考えてもらえる環境にあります。また、友人の会社の話を聞くことで、自分の環境はそこまで悪くないかもしれないと考え直す機会になるかもしれません。
また、「辞めようと思っている」ことを取り下げることも容易です。これが会社の人になってしまうと、一度辞めると発言してしまうとなかなか発言を引き下げることも難しいでしょう。ですので、会社外の友人に相談するのは割と気軽にできるかもしれません。

40代の男性ともなると現在の自分の市場価値など、転職先があるのかを客観的に教えてもらう機会を作るのは非常に大事です。
相談して、「やはり転職は現実的に難しい」と思えば、今の職場で働くのが賢明ということになるでしょう。逆に、条件的にも転職先などを聞いて前向きな気持ちになれるのであれば、新しい道を模索することができるようになるでしょう。

いずれにしても相談するだけなら、休日に時間をとるだけでできますので、相談の機会を積極的に探してみるといいと思います。

会社外の友人や知人に愚痴る

毎回仕事の愚痴ばかりする友人は、あまり好かれません。このことは予め知っておいた方がいいと思いますが、たまになら許されるでしょう。
この「会社外の友人」というのがポイントであって、これが社内の人間とお酒でも飲みに行って愚痴ってしまうと、非常に危険です。

なぜなら、酔いの勢いで話したことが尾ひれをつけて社内に広まってしまう可能性があるからです。
そういったものは、事実でなくてもそれが事実として伝わることが最も恐ろしいのです。
また、一度広まったものに対してあなたが弁解する機会は訪れません。

本当に仲のいい友人であれば、お酒でも飲みながら仕事の愚痴を言うのもいいでしょう。

しかし、基本的には人は「愚痴を聞かされるのはストレス」に感じてしまうものです。愚痴を聞くのが好きでたまらないという人はあまりいません。言った方はある程度スッキリすると思いますので聞いてもらえるというのは「有難い」ことだという認識を持った方がいいかもしれませんね。

基本的には愚痴を言う、人の悪口を言う人間というのは好かれませんし、信頼されません。そもそも愚痴を言ったところで、直接の解決にはなっていないことがほとんどのはずです。単純にストレスを発散させたいのであれば、スポーツをする、趣味に没頭するなど他の手段を考えてみる方がいいでしょう。

仕事を辞めるとどうなるか考えましょう

仕事を辞めたいと思ったら、まずは辞めたときにどういった状況になるのかをシュミレーションするのが重要です。
大きく分けて「うれしいこと」「心配なこと」と2種類あるかと思いますが、まとめてみることにしましょう。

<仕事を辞めて嬉しいこと>

1、 仕事のストレスからの解消
2、 健康面での解放
3、 自由な時間の確保

<仕事を辞めて心配なこと>

1、 収入の不安
2、 将来の不安
3、 社会的信用の不安、ローンなど
4、 人間関係の変化
5、 家族関係の変化
6、 転職活動

短期間的には前者である「仕事を辞めてうれしいこと」の方が圧倒的に感じることができ、快適な日が訪れるでしょう。

しかしながら、収入の不安は間もなくやってきます。まず、年金・健康保険・税金・家賃(もしくは固定資産税)などの請求書がポストにどんどん投函されるようになります。全て支払いの案内です。これは無収入の期間が長ければ本当につらくなります。そこで必要なのが仕事を辞めた場合のシュミレーションです。

<シュミレーションすべきこと>

・転職活動はどのような手段があるのか
・会社を辞めた場合、毎月の支出はどれくらいになるのか
・雇用保険はいつから受領できるか

やはり、今までの仕事を辞めるのはある程度のリスクを背負うことになります。ですので、基本的には仕事を続けながら転職活動を始めてみて、ある程度の目途が立った段階で退職を検討するというパターンが一番賢明なのかもしれません。

40代の男性が転職できる?

転職は「35歳まで」というのはよく言われます。理由としては、新入社員になるが周りは年下という構図になるためにメンバーとなかなか上手くいかないこともあるでしょう。

また、40代になると仕事の覚えるスピードの低下することもあるかもしれません。逆にスキルがありすぎるとそのやり方に固執してしまうため、臨機応変に対応できなくなることも多くなるでしょう。一般的には経営者であれば、将来性のある若手を採用して教育をする方にメリットを感じるのかもしれません。

ある大手人材会社のリサーチでは、一定期間の40代の男性の転職の成功する確率は若手に比べて1/3程度という数字もあります。これは、転職を目指す40代の男性も「最後の転職」という決断になることを想定するために、動きが慎重になってしまうという要因もあるかもしれません。

40代の男性には、転職先でマネジメント能力を求められることがあるでしょう。その場合は今までの仕事のキャリアが十分に発揮できるのではないでしょうか。このトピックに関しては、「40代の転職を成功させられる?そもそも転職は無理?」も参考にしてみてください。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/441/”]

基本的には全くの未経験分野をやってみたいと思う人はあまりいないと思いますので、転職の面接などでは面接官に対して「あなたがマネジメント力を発揮してバリバリ働くイメージ」を与えることができれば成功の確率は上がるでしょう。尚、未経験職種に関しては「未経験職種でも40代の転職で成功した例はあるのか?」をご覧ください。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/417/”]

また、収入の話ですが今までの職場の年収を上げたいと思うのはやはりなかなか難しいのが現実でしょう。「変わらなければ納得」という位の考え方でいた方がいいでしょう。厚生労働症の調査では、以下のような結果が出ています。

<40代の転職で年収はどうなったか>
・増えた…約3割
・変わらない…約4割
・減った…約3割

約7割の人のケースにおいて年収が増えていないのですから、これが現実だと思った方がよさそうです。また、年収にこだわりを持ちすぎると転職活動が長期化してしまう可能性があります。ある程度、現実を見ながら転職活動をすれば40代の男性でも転職できる可能性は十分にあるでしょう。

独立するという選択肢

40代男性であれば、ある程度の社会経験もあります。何も転職だけが人生の選択肢という訳ではありません。
独立開業ということも十分に可能です。組織でなく、自らの力で自分を試してみたい。キャリアを積んだ社会人がそう考えるのは、ある意味では当然のことです。

しかしながら独立開業までには大きな壁がいくつもあります。資本金、雇用、販売方法や戦略など…しかし、最も必要になるのが「家族の協力」ではないでしょうか。

開業した後には、家族に協力してもらうことが必要になります。そのため、まずは家族に理解を得る必要があるでしょう。最初に理解を得なければならないのは「収入面」です。
これは、口だけで話すのは説得力がありませんので、具体的な収支計画書を作って紙面で家族に示してあげるべきでしょう。

家族に説明するのもそうですが、自分でもこれは必ず必要になるものです。時間をかけて現実的な計画をたてるべきです。2番目は「行動」です。こうしたいああしたいというだけでなく、実際に行動を示して理解を得ることが必要です。家族はあなたのことをよく知っています。

今回の行動が家族にどう映るのかが大事です。そのためにはある意味では身を削った行動が必要かもしれません。最後は「信頼」です。これは過去の行動の成果であることが多いために急激に上げることは難しいのですが、最終的には信じてもらうという結果にならなければ独立して家族に協力をしてもらうのは非常に難しいでしょう。

さて、ここまで「仕事を辞めたくなった時に考えること」というテーマで、転職の現実と交えた話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?最後にわかりやすくまとめてみることにします。

<仕事を辞めたくなった時に考えること>

・仕事を辞めたい理由をまず明確に分析する
・人に相談する場合は慎重に行う
・会社外の友人や知人に愚痴るのは、たまになら良い
・仕事を辞めるとどうなるかシュミレーションする
・40代の男性の市場価値をまず正確に理解する
・40代の転職活動で収入を上げようとするのは現実的には難しい
・独立する手段もある、その際は家族の協力が不可欠

さて、独立を目指すのであれば徒手空拳で自ら開業するという手段だけでなく、フランチャイズで独立するという手段もあります。
最初の独立資金をある程度おさえることができ、サポートや知名度など利用できる部分が多いというメリットもあります。

検討したい人はこのサイトも見てみるといいでしょう。