理不尽な上司の発言に耐えられない時の対処法

上司からの理不尽な発言に悩まされている人は多く、ときには仕事に対するモチベーションを著しく低下させる原因にもなっています。
例え上司にとっては悪気のない、無意識の発言だったとしても、耐えがたいほどの理不尽さを受け続ければいずれ仕事そのものを嫌いになってしまうことでしょう。

もし理不尽な上司の発言に困っているのなら、こちらで紹介する対処法をぜひ試してみていただきたいと思います。
特に40代男性にとって役立つ方法をまとめていきますので、上司のせいでやる気が出ないときは、積極的に日々の仕事に取り入れてみてください。

真に受けず受け流すスキルを身に着ける

理不尽な上司の発言に対抗するには、真に受けないで受け流すスキルが必要となります。
言葉を真面目に受け取って傷つくよりも、適当にあしらって流す方が、ずっと楽に働くことができるでしょう。
耐えられないほど上司からの発言に苦しんでいるときは、まずは受け流すスキルの獲得を目指してみてください。

とはいえ他人の発言を受け流すのは難しく、コツを知らなければなかなか上手くいかないかもしれません。
そこで以下の点を参考に、真に受けないで流す方法を具体的にチェックしてみましょう。
仕事のやる気を高めることにもなるので、少しでも上司の発言が嫌いなときはコツを学んでみることがおすすめです。

「話半分で聞く」ということを意識

上司の発言を受け流すには、まず「話半分で聞く」ということを意識していきましょう。
要するに「上司の発言は大袈裟な誇張表現であり、すべてを本当だと思う必要はない」と考えることが出発点となるのです。
会話の際には話半分で聞きながら、仕事のやる気にまで影響しないように注意しましょう。

話をまったく聞かないと通常のコミュニケーションが難しくなり、場合によってはさらに理不尽な発言に悩まされるかもしれません。
あくまで話の「中身」を半分に聞くという点を理解して、会話でのトラブルを避けるようにしてください。

言葉の受け取り方を工夫する

言葉とは受け取り方1つで、意味が大きく歪曲してしまうものです。
逆にいえば受け取り方を工夫することができるのなら、上司からの発言にも耐えやすくなることでしょう。
理不尽な言葉をそのままの意味で取るのではなく、「もしかしたらこういう意味なのかも?」とワンクッション挟んでみることがおすすめです。

基本的に上司からの発言をプラスに受け取ることが、受け流すスキルを身に着ける際のコツとなります。
発言を自然な形でプラスの方向に受け取れるように、日頃からシミュレートしてみるといいでしょう。
プラス思考は単純に仕事のやる気を高めることになるので、上司の発言の有無に関わらずおすすめできる習慣です。
40代という年齢になってからモチベーションが下がっていると思うのなら、この機に意識して言葉の受け取り方を工夫してみましょう。

なるべく仕事の話をするように調整しよう

理不尽な上司の発言に悩んでいるときは、なるべく仕事の話をするように調整してみるのもコツとなります。
毎日の会話から仕事以外の雑談を減らすことができれば、理不尽な発言をする暇をなくすことができるでしょう。

ある程度のコミュニケーションを維持しておくことは上司との軋轢を避けることにもなるので、結果的には日々の仕事にも影響します。
理不尽な発言に困っているときでも、それ以上のトラブルを避けるためにも仕事の話だけはきちんとするようにしてください。

会話の数が多いとそれだけ受け流すのが難しくなりますが、真面目な仕事の話が中心なら比較的簡単なものとなるでしょう。
プライベートに口を出したがる上司に対しては、特に業務上必要なことだけを話すことを意識してみることがおすすめです。

会話の回数を最小限に抑えることもコツ

そもそもの会話の回数を減らすことこそが、上司の理不尽な発言に対する最高の対処法となり得ます。
可能であるのなら話をしないように立ち回り、仕事での会話を最小限に抑えることを意識してみましょう。

単純に会話が少なければ、理不尽な発言を受ける可能性が低下します。
それは仕事上のストレスを緩和し、やる気を生み出す原動力にさえなるでしょう。

上司との会話を避けるなんて子供っぽいと思われるかもしれませんが、それが辛いことなのであれば正当な防衛手段だと言えます。
40代の男性であるということを忘れて、ぜひこの機に嫌な上司との会話を減らす方法を考えてみてください。

発言に困っていることをさりげなく伝える

上司からの発言によってやる気が削がれている、理不尽な話が仕事に悪影響となっている、そんな自覚があるのならそのことをさりげなく伝えてみるのも1つの手段となります。
無意識のうちに発言している上司の場合、あなたがどう思っているかまで推察してくれないことが多いです。
耐えられないほどの発言が繰り返されるのであれば、1度機会を見つけて自分の気持ちを表現してみるといいでしょう。

しかし相手は上司であり、仕事上どうしても付き合い続けなければならない人です。
直接的に不満を伝えてしまうと、より事態を悪化させてしまう可能性があるでしょう。
なるべく穏便に話を進めるためにも、まずはさりげなく伝えることから始めてみる方が無難です。
今後のことも考えて、少しずつ事態の改善を図るようにしてみてください。

発言内容に合わせてリアクションを変えてみよう

上司からの発言内容に合わせてリアクションを変えてみると、自分の気持ちをさりげなくアピールすることができます。
リアクションごとの違いを認識してくれれば、発言を改めてくれるかもしれませんよ。

特別なオーバーリアクションをする必要はなく、普通の会話では「そうですね」、嫌な発言に対しては「はい」、といった微妙なニュアンスでもOKです。
基本的に人は薄い対応を好まないため、上手く誘導することができれば上司の発言をコントロールすることも可能でしょう。
いつも真面目に返事をしている、同じリアクションばかりを繰り返しているという人は、いくつかのパターンを織り交ぜて会話をしてみることがおすすめされます。

リアクションについて考えることは、コミュニケーション能力の向上にもつながるため、40代からの仕事においてもプラスとすることができるでしょう。
上司からの発言に悩んでいることを利用して、自分のコミュニケーション能力を改めて見直してみてください。

発言に対して疑問を返してみる

一方的に上司の理不尽な発言を聞き続けることは、大変なストレスとなるばかりでなく、解決の糸口をつかむことができません。
そのためときには発言に対して自分の疑問を返し、会話の流れを変えてみることがおすすめされます。

「それってこういうことですか?」「もしかして、こういう意味ですか?」といった疑問を返されると、上司はそれに応える義務を感じることになるでしょう。
それは発言の流れを止めることになり、上司からの一方的な会話を制御することにつながるのです。
話の腰をさりげなく折ることは、発言に困っていることを伝えるだけでなく、高圧的な話に対する牽制にもなります。
理不尽な発言を助長させないように、タイミングを見て上司の発言に反発してみてはいかがでしょうか。

ここでポイントとなるのが、あくまで上司のした会話に対する疑問を返答することです。
今の会話にまったく関係のない話や疑問を返すと、上司は「話をそらされた」と感じ、あなたに対して悪い印象を持つことになります。
それは今後の仕事にも影響してしまうので、なるべく現在の会話のなかから疑問を探すことを心がけてください。

上司に直接ため息や愚痴を聞かせるのはNG

発言に困っていることを伝えたいからといって、上司に直接ため息や愚痴を聞かせるのはNGとなります。
あまりに露骨な表現は反感を買うだけであり、ときとして個人的なトラブルの元となってしまうでしょう。
最悪の場合職場全体の士気を下げたと評価されることもあり得るので、直接的なアピール方法は封印しておくことを忘れないでください。

あくまで「さりげない」というポイントを重視して、その上司に対する感情は基本的に隠しておくことがおすすめされます。
例え発言に耐えられないときでも、こちらが上司を嫌いであることをアピールしてしまうと、立場が不利となる恐れがあるのです。
「上司も悪いけど、あなたも悪いよね」と両成敗されてしまうことを避けるためにも、あくまで発言に困っていることは控えめに伝えるようにしましょう。

上司の発言が許されている環境に変化を与える

そもそも理不尽な上司の発言が許されている、見過ごされている職場そのものが問題である場合、小手先の努力では根本的な問題を解決できないこともあります。
職場自体に疑問を感じているのなら、その環境に変化を与えることも考えてみるべきでしょう。

特に上司が暴言やパワハラに当たるような発言をする場合、職場に訴えることで改善を要求できる可能性があります。
「仕事のやる気がなくなってしまう」「働くことが嫌いになりそう」といった現状を伝えれば、職場も動かざるを得ません。
あまりに耐えがたいような発言が続くようなら、最終手段として直接申告する準備を進めておきましょう。

現在の環境を変えるということは、かなりのエネルギーを消費することでもあります。
そのため40代という年齢を考慮すると、難しいことに思えるかもしれません。
しかしそれだけ追い込まれているのなら、最終手段として実行してみる価値は十分にあるのです。
どの対処法も上手くいかなかった場合は、本気で以下のような方法を実践してみることがおすすめされます。

度が過ぎた発言は誰かに相談すべき

上司の発言が度を過ぎていると感じるのなら、まずは誰かに相談することが必要です。
アドバイスをもらう目的ではなく、こんなことがあるのだと認知してもらうためにも、とりあえず話しやすい人に聞いてもらうようにしましょう。

可能であるのなら家族や友人ではなく、その上司を直接知っている人に相談するのがおすすめです。
今後より具体的な話に進めていくためにも、自分の周囲を固めておくといいでしょう。

「既に誰かに相談している」という実績は、仮に上司の発言を問題としたときに大きな意味を持ちます。
相談することは単純に自分の気持ちを楽にする行為でもあるので、耐えられないほど辛いときはとにかく話を聞いてもらいましょう。

職場の同僚、できるなら別の上司に話を聞いてもらえれば、その後具体的な行動に移ることもできます。
将来的なことも含めて、誰に相談するのがベストか考えてみてください。

転職をほのめかすのもあり

上司の理不尽な発言が止まらない、相談しても解決に至らない、そんなときは職場に対して転職をほのめかすのもいいでしょう。
現状の改善が見られないのなら、残念ながら転職が1番の解決策となることはあります。
本当に精神が耐えられないほど追い込まれてしまう前に、転職についてのプランを練っておくことがおすすめです。

「○○日までに改善がなければ」「今の上司と違う部署で働けないのなら」といった具体的な条件を提示しながら、職場と交渉するのがコツとなります。
おそらく話し合いの場が持たれるはずなので、自分の意見はしっかりと用意しておくようにしましょう。
また正当性を証明するためにも、上司の発言をボイスレコーダーで録音しておくなどの準備も必要です。
勢いや感情で転職をほのめかすのではなく、きちんと時間をかけて有利な環境を作るのがポイントとなります。

独立開業のきっかけに

今は充実した機能を持つ転職サービスが多いので、40代からであっても別の仕事に就くことは不可能ではありません。
そのため本当にやる気があるのなら、いっそのこと転職に踏み切ってしまうのも1つの手ではあるでしょう。
しかし仮に転職に成功したとしても、その後の生活が今より良くなるという保証はありません。
もしかしたらまた同じような職場環境で、理不尽な上司を相手にしなければならないという可能性もあるのです。

だからこそこの機に、いっそ独立開業を行ってしまうことをおすすめします。
独立して事業を起こすことができれば、上司の発言とは無縁のまま仕事を行うことが可能です。
快適な労働環境を形成することだってできるので、独立開業で現在の状況をチャンスに変えてみてはいかがでしょうか。

これまで独立について具体的なイメージをしたことがないという人も、これは決して夢物語ではありません。
今は専門のサービスが個人の独立をサポートしてくれるので、積極的に利用してみることを考えてみてください。

まとめ

理不尽な上司の発言は、日々の仕事において大変な足かせとなることでしょう。
そのまま放置していると、いつか心身に悪い影響が出ることもあり得るのです。
だからこそこの機会に、上司の発言への対処法と、その後の生き方について真剣に考えてみることをおすすめします。

現在の職場で働き続けるのか、それとも40代からの転職をするのか、色々な選択肢がありますが、なかでもこれまでの経歴を無駄にしない独立開業という手段は魅力です。
以下のような充実したサービスを使って、1度本格的な独立プランを計画してみてはいかがでしょうか。


40代転職以外の選択肢はこちら