なぜ会社は自分に理不尽なことが多いのか?

働いていると、「どうして会社は自分にばかり理不尽な対応を迫るのか」「なぜ嫌なことを強制するのか」と疑問に思うこともあるでしょう。
そういった認識はやがて仕事に嫌気を感じる原因となり、継続した労働を難しくするのです。
仕事に行きたくないというほど追い込まれてしまうこともあるので、この機に理不尽に感じる理由と対処法のチェックをおすすめします。
40代男性だからこそ感じる会社からの理不尽さを確認して、今できることを考えてみましょう。

言葉や指示の受け取り方に間違いはないか見直す

普通なら何でもないことなのに、受け取り方によっては理不尽に感じやすい言葉や指示というものがあります。
もし会社から理不尽な要求を多く受けていると感じるのなら、自分の受け取り方に問題があるのかもしれません。
まずは自分の感覚や日々の受け取り方を工夫して、理不尽さを解消できないか試してみるといいでしょう。

受け取り方によるすれ違いや勘違いは、理不尽な思いを強いる原因となりやすいです。
会社を責めることは簡単ですが、とにかく最初は自分の受け取り方を見直して、改善できる点がないか考えてみることがおすすめされます。

勘違いやすれ違いは理不尽の発生源となる

会社にはたくさんの人が在籍しているため、ときには命令形態や言葉の伝え方に不具合が生じることもあります。
そのため会社からすると普通に仕事を頼んでいるつもりなのに、個人であるあなたにとっては理不尽に感じるというすれ違いが起きてしまうのでしょう。

勘違いやすれ違いは理不尽の発生源であり、どんな会社でも起こりうる問題となっています。
しかもその多くに自覚がないため、なかなか解決にまで至らないという点がやっかいとなっているのです。

特に40代の男性は上司と部下の間で板挟みになりやすく、不安定な立場になる可能性が高いといえます。
普段から理不尽な要求を受けやすいため、自然と勘違いをしやすくなっているのかもしれません。

最近会社から理不尽な扱いを多く受けている気がしているのなら、言葉や指示を正しく受け取れているか自問自答してみてください。

家に帰ってから冷静に1日を振り返ってみよう

実際に仕事をしている最中に、言葉や指示の意味を吟味するのは難しいです。
受け取り方を見直すのなら、家に帰ってから冷静に1日を振り返る形で行ってみましょう。

自宅でゆっくりと考えることができれば、改めてその言葉や指示が理不尽だったのかどうか判断できます。
その後の考え方に活かすためにも、仕事について振り返る習慣はぜひ身に着けておくことがおすすめです。

頭から「あの指示は理不尽だ」といった感じで決めつけるのではなく、あくまで公平な視点でジャッジするのがコツとなります。
理不尽さを発生させている原因がどこにあるのかを見極めて、嫌々仕事をするような環境からの脱却を図ってみましょう。

コミュニケーションを疎かにしていないかも再確認

もし仮に言葉や指示の受け取り方が間違っているとしたら、そこには健全なコミュニケーションが欠如している可能性があります。
仕事の忙しさや慣れに甘えて、職場でのコミュニケーションを疎かにしていないか再確認してみるのもいいでしょう。

コミュニケーションは人間関係の変化や労働に対する意識の差などによって、簡単に崩れてしまうものです。
そのため時々は現状を見直して、自分と会社との関係をチェックすることが求められるでしょう。

そういったコミュニケーションの再調整ができないと、「仕事に行きたくない」といった追い込まれ方をしてしまいます。
会社に理不尽さを感じることが多くなっているのなら、コミュニケーション不足に黄色信号が点灯しているのかもしれません。

この機に仕事の手を止めて、会社と良い関係を築けているか確認してみることがおすすめです。

周囲の環境と比べてみる

会社があなたに理不尽な仕事を押し付けているのなら、他の社員もまた同じように感じていることが考えられます。
理不尽さの原因を突き止めるためにも、現在の自分と周囲の環境を比べてみることもおすすめです。

もし周囲の人たちも会社に対する理不尽さを感じているのなら、たくさんの不満や辛さが溜まっていることでしょう。
それらを上手く利用することができれば、会社に対して有効なアクションを取ることができるかもしれません。

単純に周囲の状況を知ることは自分自身の立場を明確にすることでもあるので、将来的に有益なプロセスとなります。
理不尽さに悩んでいるのなら、次に何をするべきか決めるためにも周囲の環境を比較してみてください。

上司や同僚は理不尽に感じているか

会社の理不尽さを調べるには、まず上司や同僚がどう感じているのか知る必要があります。
簡単な雑談からでかまわないので、それとなく会社についての意見を引き出してみるといいでしょう。

もし同じように理不尽な目に遭っているのなら、仕事に対する嫌気や行きたくないといった悩みに苛まれている可能性があります。
そういった相談に乗ると同時に、自分もまた会社に対して理不尽さを感じていることを伝えて、仲間であることを強調してみましょう。
お互いに協力することで、現在の仕事環境を大きく変えることも可能となるのです。

逆に上司や同僚が理不尽さを感じていないようなら、上記のように自分の受け取り方が問題なのかもしれません。
その場合は改めて会社との関係性を考えて、理不尽さの原因を追究してみてください。
そういったときも今回話したことをきっかけに、自分の感じている理不尽さを上司や同僚に相談してみることはアリです。

誰かに話をすることで気持ちが楽になったり、新しい解決策が思いついたりすることはよくあります。
同じ40代の男性などを相手に、1度真面目な相談をしてみてはいかがでしょうか。

仕事のモチベーションを維持できるようなアイデアを交換

会社からの理不尽さを解消するには、何か画期的なアイデアや思い付きがカギとなります。
しかし仕事の現状を変えるようなアイデアを、1人で考えるのは大変でしょう。
だからこそ周囲の環境を比較する際に、合わせてアイデアの交換をしておくことがおすすめされます。

会社という組織で働いている限り、多かれ少なかれ不満や理不尽さを感じていることでしょう。
そういった人たちの意見やアイデアは、ときとして会社を大きく変えるきっかけになるのです。
多くの人と結託してアイデアを交換することができれば、仕事に対する嫌な気持ちを取り除くことができるかもしれませんよ。

特に仕事のモチベーションを維持するためのアイデアは、自分はもちろん多くの社会人にとって有益なものとなります。
この機に会社全体の意識を高められるように、積極的にアイデアの交換を行っていきましょう。

他の会社との比較もおすすめ

できるなら同じ会社だけでなく、他社の環境と比較してみることもおすすめされます。
自分の会社では当たり前のことでも、他社からすると問題になるといった齟齬を見つけることができるかもしれません。
理不尽な仕事を見つけるきっかけにもなりうるので、機会があるのならぜひ別会社の環境をチェックしてみましょう。

例えば友人や家族に会社のことを訪ねたり、転職サイトから求人情報を確認したりすることで、他社について知ることができます。
表面的な情報だけでも集めることができれば、十分今の環境と比較することはできるでしょう。
少なくとも、普段自分の会社が理不尽なことを要求しているのかどうかを判断する材料を得ることはできます。
それを元にして仕事について考え直せば、理不尽な原因を見つけることができるかもしれません。

会社側にある問題を見つけてみよう

会社側にある問題を見つけることができれば、自分に対する理不尽さの原因を探り出し、解決することができるかもしれません。
仕事が嫌になってしまう前に、1度時間をかけて自分の会社について調べてみるといいでしょう。

いくら努力をしてスキルを高めても、仕事をスムーズに進められるようにスケジュールを整えても、会社が理不尽な応対をするのでは話になりません。
むしろ一生懸命働くことが、マイナスになることだってあるでしょう。
それはやがて「仕事に行きたくない」という意識の低下につながり、最悪の場合休職や失職にまで発展してしまいます。
そういったパターンに備えるためにも、この機に今の会社の問題を徹底的にチェックしてみましょう。

会社の体制そのものが理不尽である場合もある

会社によっては、決められている体制そのものが理不尽であるという場合もあります。
特に古い歴史を持つ会社は、過去の環境をそのままに従業員を働かせているというパターンもあるのです。
昔はそれで通用したかもしれませんが、時代の流れと共に旧体制が求められる労働環境と合わなくなっていることも考えられます。

もし会社の体制そのものが理不尽であることがわかったなら、何とかしてその環境を変えなければなりません。
会社のために労力をかけられる人を集めたり、実際に上層部にかけあったりといったアクションが必要となるでしょう。

しかし長い間同じ体制で成立してきた会社の環境を変えるのは、並大抵のことでは不可能です。
ましてや理不尽な環境を平気で提供してきた会社なら、急な変化を許容してくれる可能性は低いといえるでしょう。
40代という自分の年齢を考えたとき、理不尽な会社を見限るのも1つの選択かもしれません。

社員のことを考えていないシステムが問題

最近は労働環境の改善や改革がメディアでも話題となっているため、新しい体制を積極的に取り入れている会社も増えてきています。
しかし新しいシステムを持っているからといって、理不尽なことがないとは限りません。
特に社員のことを考えていないシステムは理不尽なものとなりやすく、ときには仕事をさらに嫌にする要因となることもあるのです。

利益重視の経営が当たり前、社員に還元しようとしない、そういった会社は残念ながら理不尽な要求を続けることが多いでしょう。
理不尽なシステムが出来上がっていることが確認できたのなら、その環境を我慢するのか、新しい仕事を探すのか決断しなくてはなりません。
自分の気持ちに正直になって、今後の立ち回りについて考えてみましょう。

職場の環境が悪いのなら転職も考えよう

職場の環境が根本的に悪いのなら、理不尽な要求を止めることは難しくなるでしょう。
そんなときはいっそ転職に踏み切って、大きく仕事のスタイルを変えてしまうことがおすすめされます。

40代であっても今なら転職を手助けしてくれるサービスがたくさんあるので、しっかりとした経歴を示せれば問題はありません。
スマホで簡単に始められるのもポイントとなっていて、仕事をしながらの転職も可能です。
職場の理不尽さが限界に来ていると感じるのなら、この機に本格的な転職も考えてみましょう。

理不尽さに耐えて仕事を続けても、今の時代は報われるとは限りません。
むしろストレスなどによって、心身がボロボロになる危険性が示唆されるでしょう。
転職という選択が考慮されるのなら、なるべく早めに動くことが重要となります。

独立開業という可能性にかけてみるのもおすすめ

理不尽さから脱却するには転職が有効な手段となりますが、会社というシステムそのものに取り込まれた問題からは逃げ出すことはできません。
「転職先の会社も同じように理不尽だった」「また仕事に行きたくなくなってしまった」というパターンも、十分に考えられるでしょう。

そんな不安をなくしたいのなら、独立開業という可能性にかけてみることがおすすめされます。
会社という存在に縛られずに、自分なりのスタイルで働くことができる独立開業であれば、理不尽な要求は突っぱねることができるでしょう。
長年理不尽な話に悩まされてきた人にとっては、これ以上ないほど魅力的な環境になるかもしれませんよ。

40代という年齢は、信頼が重視される個人事業においてはプラスに働くことがあります。
独立開業を行うには、ピッタリのタイミングといえるでしょう。

もちろんいきなりの独立に不安を感じたり、どうすればいいのかわからなかったりといった事態は想定されます。
しかし今は個人の独立開業をサポートしてくれるサービスが提供されているので、具体的なプランの下で安定した仕事が始められるのです。
会社の理不尽な対応に疲れた人にとっては、独立開業が最高の選択になることでしょう。

まとめ

会社から理不尽な扱いを受けているのなら、もうそのまま耐え忍ぶ必要はありません。
今の世の中では、転職や独立開業といったさまざまな手段を自由に選び、理不尽に対抗することができるのです。
仕事に行きたくない、理不尽な会社はもう嫌だと感じている人は、ぜひ新天地での活躍を目指してみてください。

特に40代から職業を変えるのなら、独立開業は魅力的な選択肢となるでしょう。
以下のサイトを参考にして、この機に独立のための本格的な行動を始めてみることをおすすめします。


40代から始める独立起業という選択肢