会社内での人間関係がギクシャクしていないか?

上司とのコミュニケーションに悩んでいる、部下と話を合わせるのが難しい、そういった会社内の環境に困っている人は増えてきているようです。
会社の人間関係がギクシャクしていると、仕事が滞ったり、無駄なストレスを感じたりと良いことがありません。

だからこそ仕事の人間関係を見直す機会を作り、解決策を模索することがおすすめされるのです。
特に40代の男性は上司と部下の間で板挟みとなりやすく、人間関係による弊害を受けやすい立ち位置となっています。
この機に会社内の人間模様を把握して、これからのための新しい付き合い方を考えてみましょう。

上司や同僚、部下と折り合いがつかない時の解決法を考える

会社内で上司・同僚・部下との折り合いがつかないと、働くことが嫌になってしまいますよね。
仕事の効率やクオリティを落とさないためにも、早めにそういった環境は改善していく必要があるでしょう。

しかし闇雲に人間関係を変えようとしても、徒労に終わるのが目に見えています。
むしろ余計なことをして、これまで以上に関係を悪化させる可能性もあるでしょう。

そういったことを防ぐためにも、会社での折り合いがつかないときは慎重に行動を起こすことがコツとなります。
具体的な解決法を考えて、的確に現状を変えていけるように動いていきましょう。

上司と折り合いがつかない場合

上司との折り合いがつかないと、連携や報連相に支障が出てしまい、スムーズに仕事を続けていくことが難しくなります。
よって仕事をしっかりと行っていくのなら、特に上司との人間関係を改善していくことを優先していきましょう。

上司との人間関係を改善するには、その立場に遠慮しないでコミュニケーションを取ることがポイントとなります。
敬語や最低限のマナーを守れば、ある程度気楽な態度を取ってもそこまで不快感を与えることは少ないです。
アプローチを増やすことで親密な関係を築き、仕事をしやすい環境を作っていきましょう。

積極的に話しかけるということは、上司の新しい一面を見つけることにつながるかもしれません。
これまで深くまで話し込んだことがないという人は、この機に仕事以外の話題にまで踏み込んでみるのもおすすめです。

一方で上司によっては、基本的に仕事以外の話をしたくないといった考えを持つ可能性もあります。
そういった場合は仕事上のアドバイスを求めたり、業務上の改善点を話し合ったりする形でコミュニケーションを取ってみましょう。

部下と折り合いがつかない場合

部下との折り合いがつかない場合は、仕事上の作業が滞るだけでなく、上司である自分自身の評価にも影響を及ぼす可能性があります。
関係をギクシャクした状態で放置することは避けて、なるべく正しい形に直していくように気を使っていきましょう。

まずは自分が部下だったときのことを思い出して、相手側の気持ちに立ってみるのがポイントです。
どういった振る舞いをする上司が嫌なのか、どんな態度をしていれば話しやすいのかを研究して、部下との関係を築きなおす準備を進めていきましょう。

しかし間違ってもコミュニケーションを強制したり、プライベートに干渉したりすることは止めてください。
無理強いをすれば最悪パワハラなどを疑われ、職場での立場が危うくなるかもしれません。
あくまで仕事上の関係性を改善することを目的として、過度な要求を行わないようにしましょう。

職場の人間関係は定期的に見直すべき

上司にしろ部下にしろ、職場の人間関係は定期的に見直すべきだと思われます。
自分は現状に満足しているとしても、相手側が同じように感じているとは限りません。
心境や環境の変化によっては、以前のようにコミュニケーションを取れなくなっている可能性もあるのです。

そういった感覚を改めて見直すためにも、ときどきは職場での関係性をチェックしてみましょう。
例え良い関係を維持できていると思う相手でも、時間が経っているのならそこには想像以上の溝が生まれているかもしれません。
継続して仕事の関係を良い水準に引き上げていくのなら、定期的に周囲の人間関係は見直してみてください。

悪い関係をそのままにしておくのはNG

仕事の人間関係は、正直めんどくさいものかもしれません。
しかしだからといって悪い関係をそのままにしておくことは、会社にとっても自分自身にとってもデメリットとなるでしょう。

嫌な相手がいる環境で働くということは、ストレスの大きな原因となってしまいます。
それはやがて仕事に対するモチベーションを低下させ、最悪の場合休職や辞職につながっていくことになるでしょう。

「この人とは折り合いが悪い」「ずっと仲の悪い人がいる」という認識があるのなら、この機に人間関係の改善に取り組んでみてください。
会社内でのギクシャクを取り除くことができれば、快適な職場を復活させることもできるでしょう。

上司や部下との付き合い方を工夫してみよう

折り合いが悪い上司や部下との関係を改善させるには、考え方や接し方に工夫を加える必要があるかもしれません。
ただ単純に話す回数を増やすだけでは、何の解決にもならないといったパターンは大いにあり得るのです。
本気で人間関係に悩んでいるのなら、以下の点を参考にして自身の付き合い方を再チェックしてみてください。

40代になるとある種の安定感が生まれてしまい、職場の人間関係を疎かにしがちとなります。
しかしこれからの将来を考えるとき、人間関係を上手に扱うスキルを持つことは重要なポイントになることでしょう。
より良い職場環境を実現できるように、この機に上司や部下を相手にした付き合い方を確認してみることがおすすめです。

会社内では妥協することも大切

会社での人間関係において重要なのは、「妥協」の精神です。
「もっと仲良くなれる」「相手のことをさらに詳しく知りたい」といった考え方は、仕事のなかでは不要とされることでしょう。
あくまでちょうどいい関係を目指して、妥協しながらの付き合い方を実践してみてください。

特に最近は会社の関係とプライベートの交流を完ぺきに別けたいと思う人は多く、必要以上の干渉は拒絶される可能性があります。
相手が嫌だと思う領域に踏み込んでしまったときには、その時点できちんと身を引くようにしましょう。
余計なおせっかいや過剰なコミュニケーションは、関係の悪化やトラブルになることをよく覚えておきたいですね。

仲良くなることは二の次

よく勘違いされることですが、「人間関係を良くする=仲良くなる」というわけではありません。
仕事をスムーズに行えて、必要に応じてサポートし合える状態を築くことが、目指すべき関係性だといえるでしょう。

友人や家族のようになることを意識している人もいますが、相手によっては大変な迷惑となる場合があります。
「仕事上の関係」というと寂しく感じるかもしれませんが、まず充実させるべきなのはそういった仕事の部分となるでしょう。

プライベートを含めて仲良くなりたいのなら、仕事上の関係をきちんと作ってからでも遅くはありません。
上司であろうと部下であろうと、仲良くなることはとりあえず二の次と考えておくことがおすすめです。

仕事をするのに最適な距離感を知ろう

会社内での人間関係は、遠すぎても近すぎても上手くいかないものです。
よって仕事をするのに最適な距離感を知ることが、より良い職場環境を作る一歩となることでしょう。

例えば週に1回の食事を面倒に感じる職場なのか、それとももっと増やすべきなのかを見極めて、コミュニケ―ションの参考にするのも1つの工夫となります。
他にも仕事以外のタイミングで連絡を取っていいのか、もしくは控えるべきなのかを知れれば、リアルな距離感をつかみやすくなるでしょう。
仕事の邪魔とならない適切な距離を見つけ出して、互いにストレスのない人間関係を構築してみてください。

気を使いすぎるのもNG

上司や部下との付き合い方を工夫しようとすると、どうしても気を使いすぎてしまうことになりがちです。
しかしあまりにも下手に出たり、コミュニケーションに精神をすり減らしたりすることは、仕事においてマイナスとなるでしょう。

ギクシャクした人間関係を改善するために、気を使いすぎて自分自身が疲れてしまっては、本末転倒となります。
あくまで自分が働きやすい環境を作り、より高いパフォーマンスを仕事で発揮できるようにすることが目的です。
人間関係を意識しすぎて、労働意欲が削られてしまわないように注意しましょう。

人間関係に疲れ切ってしまったときは……

職場の人間関係というものは、想像以上に心身に負担を与えるものです。
ときに40代という年齢には、会社内のギクシャクがダメージとして蓄積されることになるかもしれません。

もし人間関係に疲れ切ってしまったときは、1度今の環境そのものを見直してみることも必要です。
特に上司と部下の間に挟まれているという人は、今後の働き方についてきちんと考えてみるといいでしょう。
無理をして体を酷使するよりも、改めて自分にとって最適な職場を求めてみるのもいいですね。

相談できるサービスや相手を探す

仕事での人間関係に悩んでいる人は、決して珍しくはありません。
そのためそういった問題をケアしてくれるサービスは、かなり充実してきているのです。

もし人間関係を改善することが難しく、毎日の労働が辛くなっているのなら、専門のカウンセラーやアドバイザーに話を聞いてもらうのも手となります。
自分のなかに溜め込むのではなく、きちんとはき出せる場所を見つけておくことが、仕事の継続につながるでしょう。

もし友人や家族に話せるのであれば、まずは身近なところに相談してみるのもおすすめです。
とにかく人間関係のストレスを解消できる環境を、自分の近くに作っておくようにしましょう。

仕事内容の変更や部署の異動ができないか掛け合う

人間関係が耐えがたいものとなっているのなら、会社に掛け合って仕事内容の変更か部署の異動を願い出ることも検討しなければなりません。
1度ギクシャクしてしまった職場環境は、最悪の場合もう戻らないこともあり得ます。
そのため本当に辛いときは、そこから離れることが最適となる可能性もあるのです。

もちろんこの方法は、ある程度規模の大きな会社でなければ実行できません。
他の部署がない場合や、仕事内容の変更を断られたときは、別の方法を考えなければならないでしょう。

転職の準備を進めてみる

上記のような対策を取ってもダメだった場合は、現在の会社から転職をするのも1つの手段となります。
人間関係を完全にリセットして、新しい職場での再出発を考えてみてはいかがでしょうか。

40代という年齢は、転職をするには遅すぎると感じられるかもしれません。
しかし現代の充実した転職ネットワークを考慮すると、決して不可能なことではないのです。本サイトでは「40代の転職を成功させられる?そもそも転職は無理?」や「未経験職種でも40代の転職で成功した例はあるのか?」といった記事を掲載しています。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/441/”]
[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/417/”]

もし今の職場に見切りをつけるのであれば、早めに行動に移すことが転職成功のカギとなります。
これまで人間関係の改善に使っていた時間や労力を、今度は新しい会社のために利用してみるといいでしょう。

当然ながら転職は大変な作業ですが、人間関係が劣悪な環境で働き続けるよりは遥かに楽なことであると考えられます。
仕事に行けないほど消耗してしまう前に、転職という決断は本気で検討してみてください。

独立開業という手段をチェックしてみよう

人間関係での悩みが会社への不満になっているのなら、転職よりも独立開業の方がおすすめされるかもしれません。
もし会社に雇われることそのものに不安を感じるようになっている場合は、独立して新しい事業を起こしてしまうのもいいでしょう。

個人事業主となれば自分のやりやすい環境やペースで働くことができるので、人間関係に疲れていても立ち直りやすいです。
どうせ新しい仕事を始めるのなら、いっそのこと起業してこれまでとは全く別の人生を歩むのも1つの手段となるでしょう。

独立と聞くと何か後ろ盾が必要だったり、特別なノウハウが求められたりするのではと心配になるかもしれません。
しかし今は独立開業に特化したサービスも提供されているので、誰でも自分の事業を持つことができます。
40代から新しいことに挑戦したい人も、きっと素敵な働き方を見つけることができるでしょう。

これまで独立なんて考えてこなかったという場合でも、今回の人間関係の問題をバネにして、別の世界に踏み出してみてはいかがですか。
上司や部下といった概念から解放されることで、自分にとってより良い労働が見つけられるかもしれませんよ。

まとめ

会社内での人間関係がギクシャクしているのなら、何かしらの対策を取らなければなりません。
特に上司や部下を持つ人は、こちらを参考に具体的なアクションを起こしてみてください。

そしてもし人間関係のイザコザが限界にきたときは、独立開業という手段をチェックしてみましょう。
これまでとは違った道を進むことが、1番の解決法となるかもしれません。
こちらのような独立開業のサポートを活用して、ぜひ自分らしい働き方を考えてみることがおすすめです。

独立開業というこれまでとは違う選択肢を