未経験職種でも40代の転職で成功した例はあるのか?

転職のアドバイスやサポートをしていると、このような質問をよく受けます。

『転職できるのは何歳まで?』
『未経験の職種でも転職できる?』

多くの人は年代や性別に関係なく、今の仕事に満足していなかったり、より良い職場環境を求めたりしています。実際のところ、転職するのに年齢制限はありません。未経験だから転職できないということもありません。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/431/”]
[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/451/”]

ですが一般に、年齢が高くなるほど転職活動が厳しくなるのは事実です。それが未経験の業種・職種ならなおさらです。

これはどうしてでしょうか?この記事では、転職活動が厳しくなる理由や未経験職種への転職の成功例、仕事の探し方を説明します。

40代の転職活動が厳しくなる三つの理由

特に40代男性の場合は、転職を希望する人が多い割に転職の成功率の低さが目立ちます。

考えられる理由は、大きくわけて三つです。

1)会社が求めるスキルを持っていない
2)扱いにくそうに感じる
3)希望する給料に届かない

会社が求めるスキルを持っていない

会社が求めるスキルを持っていないというのは、転職希望者が相手の会社が求める水準に達していない、と言い換えられます。そもそも、新卒の20代とベテランの40代とでは、同じ「就職・転職」と言っても求められるものがまったく違うのです。

具体的には、20代に求められるものは「可能性・将来性」です。末永く会社のために働いてもらうため、育成のための時間やコストをかけてもらえます。

一方、40代に求められるのは「即戦力」です。極端な話、職場の雰囲気に慣れたらすぐに第一線でバリバリ働いてもらうことが期待されます。

転職先の職種について経験豊富ならともかく、まったく未経験の職種で即戦力になるのは非常に難しいと言えるでしょう。

加えて、40代の男性には「マネジメント能力」が期待されることもあります。以前の会社で管理職として働いていたならある程度の「マネジメントスキル」を身に着けているでしょうが、もし管理職やリーダーの経験がないと、この部分でも転職は厳しくなります。

扱いにくそうに感じる

40代というのは、大抵の会社ではベテラン層です。どちらかというと、上司の指示を受けて働くというよりも、上司として指示を出す側でしょう。

それでも転職をすれば、転職先の会社にとっては「新人」です。仕事に慣れるまでは新人教育も必要ですし、その先もいきなり管理職になれるとは考えられません。

立場を逆にして考えると、これは受け入れ側の会社の社員、特にチームリーダーや若手の管理職にとっては「自分より年上の新人が入ってくる」という意味になります。

扱いにくい、と感じられても不思議ではないでしょう。平均年齢の若い会社が、40代男性を敬遠しても不思議はありません。

それでも、転職希望者が「謙虚で腰が低い」人ならまだ可能性はあります。

ただ一般的に、40代の男性は元の職場で管理職やリーダーの立場にあったケースが多く、どうしても「相手に指示を出す」ことや「命令する」ことに慣れています。つまり、少し偉そうな態度が身に染み付いていることが多いのです。

このような人は、転職活動が非常に難しいと言えるでしょう。

希望する給料に届かない

転職活動をするときに「今と同等かそれ以上」の給料を希望することは特に珍しくありません。転職の動機が「会社の待遇への不満」なら、なおさらです。

ただ40代男性・管理職ともなると、月収や年収はそれなりに高額になります。そのような人が今と同等かそれ以上の給料を望むには、普通に考えて「質・量とも今と同等かそれ以上」の働きが求められるでしょう。

繰り返しになりますが、転職先では誰もが「新人」です。新人が最初から高額の給料をもらうには、よほど質の高い仕事か特殊な技能が求められます。

ですから、全くの未経験職種で以前と同等以上の給料を望むことは「転職の可能性を自ら狭めている」ことに他なりません。まったく不可能な話ではないものの、転職を成功させるのは非常に難しいでしょう。

さてここまでで、40代男性が未経験職種に転職することの難しさを理解していただけたでしょうか?

ここからはもう少し具体的に、実際の「成功例」と「失敗例」を挙げながら40代男性が未経験職種への転職を成功させるポイントを考えてみましょう。

40代転職の未経験職種の成功例

40代の転職成功率は、20代の数分の1程度と言われます。未経験職種への転職ともなると成功率はさらに下がります。そのような状況の中で、実際に転職に成功した事例をいくつか挙げてみましょう。

タクシー運転手への転職

タクシー運転手は、比較的転職の成功率が高い職種です。実際、40代どころか50代での転職者もめずらしくありません。

この背景には、タクシー業界の人手不足があります。もともとタクシー運転手は高齢の人が多く引退する人が増えているうえ、日本を訪れる観光客の増加でタクシーの需要は増えているからです。

2020年の東京オリンピックの前後には、この傾向はさらに加速することでしょう。

また「運転手」という仕事は、日常的に単独で働くことが多いため「上司・部下」といった職場の上下関係とはあまり縁がありません。つまり「40代の新人」でも、特に問題ないのです。

おまけにタクシー業界に転職する人は、ほとんどが他業種の出身です。2種免許を取得する必要はあるものの、基本的には「自動車の運転」さえできれば誰にでもできる仕事です。

給料もサラリーマンの平均年収に近いため、転職を考えるなら有力な候補のひとつになるでしょう。

運送ドライバーへの転職

タクシー運転手に似ていますが、こちらは「宅配便」や「長距離トラック」といった貨物運搬が中心です。

この業界への転職が成功しやすいのは、基本的にはタクシー運転手と同じ理由でしょう。

しかも乗客ではなく貨物を扱うため、タクシー運転手ほど対人コミュニケーションが求められることはありません。人によっては、これは大きなメリットと言えるでしょう。

一方で仕事内容は体力勝負です。腰痛を持っている人にはきつい仕事ですし、特に長距離ドライバーなどは運転中に体調を崩すと文字通り命取りになることもあるため、体調管理にはとりわけ気を遣います。

この業界で長く仕事を続けるなら、転職の際は長距離ドライバーよりも地域の宅配便、ルートドライバーなどを選ぶことがポイントです。

警備員への転職

40代からの転職で人気の高い職種のひとつです。年齢にほぼ関係なく転職の成功率が高く、50代で転職してくる人も少なくありません。

理由はやはり人手不足です。工事現場や工場などで昼夜を問わず必要とされていますし、イベント警備の需要も頻繁に発生します。2020年の東京オリンピックや関連イベントでも大量の警備員が必要とされるでしょう。

極端に体力を使うことはありませんが「単調」「立ちっぱなし」「深夜労働もある」ため、人によってはきつく感じるかもしれません。ただ、職場内の人間関係が問題になることはあまりなく、40代でも50代でも安定して働けるのがメリットです。

給料面ではあまり高い待遇は期待できませんが、仕事内容を考えると、それほど条件の悪い仕事ではないでしょう。

工場作業員への転職

製造業の工場で組立作業員をしたり、マシンオペレーターをしたりする工場作業員も、40代からの転職先として多い職種です。

仕事内容は比較的単調ですが、まじめにコツコツできる人なら向いていますし、怪我などに気をつければタクシー運転手や配送ドライバーよりも安全で安定した仕事です。

営業職としての転職

いままでの職場で蓄積した営業の経験やスキルを活かし、他の会社で「営業のスペシャリスト」として採用されるケースもあります(厳密には「未経験職種」とはいえませんが、業種違いの会社でも通用するという意味で掲載しました)。

営業はどの会社にとっても必須ですから、40代ならではの経験やノウハウを営業成績に反映できるなら、今まで以上の待遇も夢ではありません。

ただし職場での人間関係や社風の影響を強く受けるため、自分に合った会社をしっかり見極めないと、そもそも転職した意味がなくなってしまうことにも注意が必要です。

40代の転職 未経験での失敗例

40代の転職には、失敗例も数多くあります。もちろん失敗の理由は人によって違いますし、いくつかの原因が重なった結果、失敗してしまうこともあります。

それでも、他の人の失敗例から学べることはたくさんあります。ここではそのいくつかをご紹介しましょう。

介護職への転職

一般に介護業界は、年代を問わず転職先として非常にポピュラーです。少子高齢化の影響で介護を必要とする高齢者は増えていますし、一方で新卒から介護業界に進む人はあまり多くありません。ですから慢性的に人手が必要とされています。

とはいえ介護業界には独特の厳しさがあります。実際、40代からの転職者の多くが途中で挫折しているのもこの業界です。

「人の役に立つ仕事」と言えば聞こえはいいですが、介護の仕事内容は体力的にもきついうえ、昼夜を問わず仕事が発生します。また、要介護者のお年寄りに対しては、細かい気配りや配慮が必要です。

ときには要介護者から理不尽な扱いを受けることもあるため、プライドの高い人にはまず向かない仕事です。

社会的な課題にもなっていますが、給料面の待遇も決して高くありません。

たしかに重要な仕事であることは間違いないのですが、40代からの転職先としては体力的・精神的・経済的に非常に難しい仕事と言えるでしょう。

IT系技術者への転職

意外かもしれませんが、プログラマーなどのIT系技術者も「40代・未経験」で転職しやすい職種のひとつです。

これはIT系の仕事が「スキル優先」で、年齢的な条件があまり重視されないためです。

とはいえ未経験なら新しい技術を積極的に覚えなければいけませんし、年齢に左右されないことの裏返しとして「自分よりはるかに若い上司」から厳しい指導を受けることもあるため、40代の転職者の中には途中で挫折する人も少なくありません。

勉強すること、努力することが苦手な人やプライドの高い人、元の職場で「人に命令する」立場にあった人には難しい業種と言えるでしょう。

40代男性が仕事を見つけるには

ここまでで、40代男性の未経験職種への転職について考えてきました。

20代などの若手と比較すると転職は厳しめというイメージはありますが、意外と成功例が多いことにも気が付かれたのではないでしょうか。

では、ここからは40代男性の未経験職種への転職を成功させる「仕事選び」のコツをお話ししていきます。

仕事選びや仕事探しというと、一昔前までは「職安(ハローワーク)」が定番でした。もちろん今でもハローワークは重要な情報源ですが、それ以上に効率が良く、確実な仕事選びの方法もあります。

それは、転職サイトや転職エージェントの活用です。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/377/”]
[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/380/”]

転職サイトというのは転職者向けの求人情報を掲載しているWEBサービスのことで、有名どころでは「リクナビ」や「マイナビ」などがあります。

さまざまな業種・職種を総合的に扱うサイトもあれば、「医療・福祉業界」など特定の業種に絞ったサービスを提供しているサイトもあるので、自分の興味に合わせて利用すると良いでしょう。

一方転職エージェントというのは、転職希望者と企業をマッチングさせるサービスのことです。有名なところでは「リクルートエージェント」や「パソナキャリア」などがあります。

求職者の適正や希望をヒアリングして条件に合った企業を紹介してくれたり、転職活動に必要なアドバイスをくれたりするので、転職の成功率を上げたい方にぴったりといえます。

もちろんどんなサービスを使っても、転職が100%成功するという保証はありません。場合によっては以前の職場と大差なかったり、別の種類の問題やストレスを抱えたりすることもあるでしょう。

もしそうしたリスクを少しでも避けたいなら、思い切って「独立開業」してみるのもオススメです。

未経験職種で独立開業、と聞くとハードルが高いように感じますが、「フランチャイズ制」なら転職とそれほど変わらない労力で独立が可能です。

またフランチャイズの中には、こちらのサイトのように業務マニュアルや営業サポートを完備しているところもあります。

未経験職種への転職で失敗するくらいなら、自分の理想の職場を最初から自分の手で作るほうが合理的とも言えます。有力な選択肢として、ぜひ検討してみてください!