40代で未経験職種への転職は成功させられるか?

40代を迎えた頃、「このまま今の会社で定年を迎えるのかな?」と考えてしまう瞬間は、ありませんか。今の会社で働き続けても、5年後10年後の自分の姿は想像できる…

「一度きりの人生このままでいいのかな」
「別の仕事にも挑戦したいけど、年齢が…」

と、悩んでしまう事もあるでしょう。

今の仕事を続けていれば、きっと定年まで安定して働ける可能性が高いですよね。なのにリスクを負ってまで、新しい事に挑戦する必要があるかと悩まれる方もいるかと思います。でも、この記事を読まれている方は、何か新しい事に挑戦したいと考えているからではないでしょうか。“一度きりの人生だから”何か別の事にも挑戦したいと考えるのは決して間違いではなく、自然な事です。

この記事では、40代の方の未経験職種での転職について説明します。新しい事に挑戦したいと考えている方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

これまでの経験を活かした職種での転職は有利なのか?

まず、40代で転職を考える場合、今までの経験を活かして転職する事は、間違いなく有利になるでしょう。しかし40代の転職では、職種経験にプラスαが必要になります。40代の転職を有利にするためのプラスαは以下の3つです。

・1つの職種で経験が豊富であること
・マネージメント経験があること
・1回以上3回以下の転職経験があること

1つずつ理由を説明していきます。

1つの職種で経験が豊富であること

40代で転職する場合、1つの職種経験が豊富である事を企業は望みます。“広く浅く”より“深い知識と経験”を持ち合わせた人なのか。企業が40代を中途採用する場合、既に会社で働いている若手社員よりスキルが高いことが必須条件です。もし、既に働いている若手社員よりスキルが低くても良いなら、企業はより給与が低い若手社員を採用することを選ぶでしょう。

企業が、40代の経験豊富な中途社員を採用する目的は、

「若手を育てたい」
「売上をあげたい」
「組織を強化したい」

などです。そのためには、会社は目的を達成できる経験豊富な中途社員を採用したいと考えます。40代で経験を活かして有利な転職をしたいと考えるには「一つの職種での経験が豊富であること」が必須条件になるでしょう。

マネージメント経験があること

40代で転職する際に企業から求められるのは、豊富な職種経験だけでは足りません。十分な経験にプラスしてマネージメント経験も必要です。一般的な会社であれば、40代であれば管理職になる年代。そのため、企業も40代の方を採用する場合は、チームを任せることを前提としています。マネージメントも、社会人に必要なスキルの一つです。

そのため企業は、マネージメント未経験の方にチームを任せる事は避けたいと考えます。なぜなら、管理職の仕事は、部下の教育だけではありません。結果を出せるチームにする必要があるからです。だから豊富な経験にプラスしてマネージメント経験がある方を求めます。

40代の転職を有利に進めたいのであれば、マネージメント経験があることは必須です。

1回以上3回以下の転職経験があること

転職回数が少ない、または転職経験が無い方が転職で有利なイメージをお持ちかもしれません。しかし、それは20代での転職に限った話です。

企業はなぜ転職回数が多い人を懸念するのでしょうか?それは、転職回数が多い人は、定着率に不安があるためです。定着率とは会社に長く勤めることを言います。それでは、なぜ40代の転職場合、転職が初めてだと不利になるのかと疑問に思いますよね。

それは、1社しか経験がない方は、良くも悪くも1社から受けてる影響が多いからです。企業は、40代で初めての転職だと、

「会社の雰囲気に合わせられるか?」
「今までのやり方を変えられるか?」

など、環境適応能力や柔軟性に不安を持つためです。40代で転職を有利に進めたいのであれば、1〜2回の転職経験があることが望ましいです。

経験を活かして有利に転職する方法と不利になる転職方法

経験が十分にあった場合でも転職方法を間違うと、有利にできる転職の機会を無駄にしてしまう可能性があります。だから、転職方法は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

40代の転職で、有利に転職する方法と、不利になる転職方法について紹介します。

経験を活かして有利に転職する方法

経験を活かして、有利に転職する方法を2つご紹介します。

転職エージェント

40代の転職で有利に転職活動を進める方法は、転職エージェント(人材紹介会社)を利用することです。40代の方が転職エージェントを利用すると有利になる理由は、

・転職活動がスムーズに進む
・転職の相談する相手(コンサルタント)がいる
・経験を正当に評価してもらえる

などの理由があげられます。

転職エージェントに関しては、「転職エージェントは40代の転職に強い味方」もご参考にしてください。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/380/”]

知人経由の紹介

40代の転職で有利に転職活動を進める方法は、知人経由の紹介です。ただし、知人からの紹介でも「是非弊社に来て欲しい!」と言う場合に限ります。なぜなら、転職先企業から入社を望まれた場合、条件交渉がスムーズになるためです。今までの経験を正当に評価してもらえるでしょう。

しかし、知人の紹介の場合、

・辞めづらい
・会社がイメージと違った

などの、悩みを抱える可能性があります。知人の紹介で転職する場合、通常の転職活動に比べ労力はかかりません。そのため、安易に転職を決断してしまう傾向があります。だから知人経由の転職の場合は、特に慎重に転職の判断をするよう心がけてください。

とはいえ、知人の紹介経由の転職は、有利に転職する方法であることには間違いありません。

経験を活かせない不利になる転職の方法

経験を活かせない不利になる転職方法2つ紹介します。

ハローワークの利用

経験を活かせない不利になる転職方法は、ハローワークの利用です。ハローワークは給与水準が低く、経験が浅い方向けの仕事の紹介が中心になります。そのため、ご経験が活かせない不利な転職になる可能性があります。

社会人としての経験が十分にあるならば、ハローワークでの仕事探しは難しくないでしょう。しかし、ご自身の経験が活かせる仕事がどうかは判断する必要があります。もし、いい仕事を見つけたとしても給与が大幅に下がる場合は、慎重に考えましょう。生活水準も下げる可能性があり、お金のストレスを抱えた生活になる可能性があります。

ハローワークを利用して転職する場合は、仕事内容と給与について長期的に判断するようにしましょう。

求人媒体の利用

40代の転職活動で不利になる転職方法が求人媒体の利用です。媒体での転職がおすすめできない理由が以下の3つです。

・求人媒体は若手向けの求人が多い
・応募の手間がかかる
・応募倍率が高い

媒体に掲載されている求人の特徴は、若手向けや経験が浅い方向けの求人が多いです。そのため、40代の方が応募できる求人が極端に少なくなります。労力がかかる割に、案件が少ない。だから40代が応募できる求人への応募が殺到するため倍率が高くなります。

そして、書類選考では年齢、学歴、職歴などで判断されるため、他の応募者との相対評価です。十分な経験を積んでいたとしても、年齢が1歳でも若い方が有利になる傾向が強いです。そのため、求人媒体を利用しての転職活動は年齢が高いというだけで不利になるため、経験が活かせない転職方法と言えます。

ただし、活用方法はあります。興味がある方は詳しく説明した「40代の転職成功が近づく転職サイトの活用方法」をご覧ください。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/377/”]

40代の未経験職種への転職は成功できるのか?

40代で未経験職種への転職はできるのか?未経験でも転職することは可能です。20代と比べれば、未経験職種への転職のハードルが高くなることは言うまでもないでしょう。そして、40代未経験職種への転職の場合、年収が大幅に下がる可能性があることを理解しておく必要があります。

仮に他の職種での経験が豊富であっても、未経験職種の場合、条件面へ考慮されることは少ないでしょう。会社はある程度、職種経験に応じて給与水準が決まっています。そのため給与は年齢でなく経験によって決定されるでしょう。中途採用の転職の場合、年功序列制という考え方はありません。

企業で既に働いている社員の能力と、相対的に判断して給与を決めるのが一般的です。年齢で給与を決定したら、会社のバランスを壊してしまう可能性があるため。そのため企業も中途入社の給与決定は慎重に行います。もちろん、未経験職種への転職の成功例はありますので、「未経験職種でも40代の転職で成功した例はあるのか?」をご覧ください。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/417/”]

結論、40代でも未経験職種への転職は可能です。しかし年収は下がるでしょう。条件が下がったとしても挑戦したい仕事なのかどうか、ご自身で答えを出す必要があります

40代からの転職そのものについて書いた「40代の転職を成功させられる?そもそも転職は無理?」もご参考になるかもしれません。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/441/”]

40代 未経験職種で独立起業はできるのか

40代で未経験職種へ転職するより、給与面や条件が良い可能性があるのは「独立起業」です

転職の場合、過去の職歴の影響を大きく受けるため職業の選択肢が少なくなります。それに比べ、未経験でも仕事を選べるのが「独立起業」です。独立起業であれば、過去の職歴で判断されることはありません。自分次第で給与も働き方も選ぶことが可能です。

もし「何か新しいことに挑戦したい」と思って転職を検討されるのであれば、独立起業も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。でも、未経験で「独立起業」と聞くと、とてもハードルが高く難しいことに感じるかもしれません。未経験の分野で何から始めていいかわかないと思い、始める前から諦めてしまう方もいるでしょう。そんな方にオススメの独立起業の方法が“フランチャイズ”です。

フランチャイズという選択

一から独立起業を考えると、まず最初に「自分には無理だな…」と思ってしまうかもしれません。それは「ビジネスモデルをどうするの?集客できるの?売れるの?」と一人で考えなくてはいけないことがたくさんあり、不安に思ってしまうからでしょう。

しかし、独立起業には、フランチャイズという選択があります。まずは、フランチャイズについて知ってください。

フランチャイズとは?

フランチャイズとは、ビジネスモデルの一つです。フランチャイザー(本部)とフランチャイズ(加盟店)があります。本部と加盟店は、契約を結びます。本部が開発したサービスや商品を、本部の商標(名前)を使って加盟店が販売します。

加盟店は、サービスや商品が売れるごとに、契約で定められたロイヤリルティー(商標の使用料)を本部に支払う仕組みです。未経験で独立起業を目指す方のほとんどがフランチャイズを選びます。そのため、本部では未経験の方でもビジネスを軌道にのせることができるよう、研修制度やサポート体制を整えています。だから、未経験分野でも安心して独立起業ができるのでしょう。

街中にある、コンビニエンスストア、携帯ショップ、チェーンレストランなどの多くはフランチャイズです。お店のオーナーは社員ではありません。実は、独立起業した経営者になります。
フランチャイズでは、仕組みが出来上がっているため、未経験でも誰もが独立起業ができるビジネスモデルです。

フランチャイズにはたくさん種類があります。どれを選べばいいの?と思いますよね。次に、未経験の方でも始めやすいフランチャイズのお掃除について紹介します。

お掃除で始めるフランチャイズ

最近、未経験の独立起業で人気があるのが「お掃除」です。お掃除と言っても住宅だけではありません。ビルメンテナンスを含むお掃除です。ビルメンテナンスの掃除は、マーケット規模が4兆円にもなります。そのため将来的に安定した売上をあげることが可能になると言われています。

お掃除のフランチャイズでおすすめなのが、「ビルズ(Build’s)」です。ビルズがおすすめな理由は、4つあります。

1.電話営業代行サービス

ビジネスを始める時、心配になるのが「集客」ではありませんか。本業のお掃除をしながら営業活動まで一人でできるのかと不安になるかと思います。しかしビルズなら、電話営業代行サービスがあります。そのため、本業になるお掃除に集中することが可能です。

2.現場同行

フランチャイザー(本部)の社員が品質チェックも含め、定期的に現場同行を行います。もしお掃除の方法や、顧客対応に不安があれば相談することも可能です。お掃除が初めてでも安心して独立起業できるサポートの一つです。また、顧客に対して満足度調査を無償で実施しているため、顧客の満足度を確認することが可能。そのため、もし満足度が低い場合、サービスを改善することができます。

3.研修会の実施

毎月、掃除箇所のテーマを決めて研修会を実施しています。起業した頃は、ご自分のお掃除スキルを不安に思うこともあるかと思います。研修会に参加することで、お掃除方法を学び、スキルアップできるでしょう。現場で役立つ研修内容です。

4.コミュニケーション会の実施

定期的にフランチャイザー(本部)主催でイベントを開催しています。例えば、バーベキュー、ボーリング大会などです。日頃は一人でお仕事に取り組むことが多いですが、イベントを通して他のオーナーたちと情報交換できます。初めての独立起業では、孤独を感じて不安になることもあると思います。積極的にコミュニケーション会に参加して、オーナー仲間を作ることで仕事がより一層楽しくできるでしょう。