仕事が嫌なのか会社が嫌なのか?よく考えてみる

仕事を辞めたいと感じたり、今の会社で働き続けるのが嫌になったりすることは、長い人生のなかで誰にでも起こりうるものです。
特に40代男性は将来を考えたときにそういった問題と直面することが多く、大きな悩みの1つとなってしまうでしょう。

しかしここで本当に考えるべきなのは、自分は仕事が嫌なのか、それとも会社が嫌なのかという点です。
どちらが自分のなかで問題となっているのかをはっきりさせることができれば、現状に対する最適な方法で解決を目指すことができます。
この機に仕事と会社のどっちに不満があるのかを、しっかりと確認しておきましょう。

仕事内容は好きか、自分に合っているか?

仕事内容が好きかどうかは、継続した労働においては非常に重要なポイントとなります。
特に40代という年齢を考えると、本当に好きな仕事でなければ今後もモチベーションを維持して働いていくことは難しくなるでしょう。
辞めたいという気持ちになっているのなら、まずは今の仕事内容をチェックして、本当に好きで働いているのかを考えてみてください。

「今の仕事が本気で好きだ」「自分にピッタリと合っている」と思えるのなら、これからも自信を持ち続けることができます。
胸を張って仕事に取り組むためにも、会社で行っている仕事内容を今一度見つめ直してみましょう。

どうしてその仕事に就いたのか思い出してみる

長く今の仕事をしている場合、いきなり自分の気持ちを正確に推し量るのは難しくなります。
そんなときはその仕事に就いた理由を思い出して、当時の気持ちを客観的な目で確認してみましょう。

何か仕事に就くとき、そこには多少なりともその仕事を「好き」だという気持ちがあるものです。
そのときの気持ちを思い出し、今の自分の心境と重ね合わせることで、本当に今の仕事内容を好きかどうか判断することができるでしょう。

心の奥底にある本当の感情を確かめて、仕事が嫌なのか会社が嫌なのかをチェックしてみてください。
40代という年齢の今だからこそ、初心に帰ることは仕事に大きな影響を与えるでしょう。

その仕事で実績を残せているか

本当に今の仕事が好きならば、それはある程度結果として残っているはずです。
これまでの実績を振り返って、自分が会社に貢献できているか確認してみましょう。

好きであれば辛いことや困難な出来事にぶつかっても、自然と乗り越えるための力をつけることができます。
仕事における不満があったとしても、それを補って余りある魅力を感じることができるのです。
それは当然仕事の実績につながっていくので、好きであればその仕事でそれなりの結果を出していくことができるでしょう。

実績の数=仕事への好意の大きさと捉えることは、決して荒唐無稽な話ではありません。
仕事内容が本当に好きかどうか知りたいのなら、実績について考える機会を作りましょう。

これからも続けたいと思える?

仕事に対する考えや気持ちはさまざまなことに影響されるので、仮に今「辞めたい」と感じていたとしても、それが本心なのかどうかはわかりません。
自分の本心を把握するには、これからの将来を見つめて、今の仕事を続けたいと思えるかどうかを考えてみましょう。

ずっと仕事を続けたいと思えたのなら、例え一時的に嫌になることはあっても、何とかやっていくことができるかもしれません。
一方仕事を続けたいと思えないときは、何か具体的な対策が求められることでしょう。

なるべくリアルにこれからのことをイメージできるように、現在の職場の環境や人間関係について、じっくりと考える時間を持つことがおすすめです。
あらゆるパターンを想定して、仕事をこれからも継続したいと思えるかどうか確認してみてください。

周囲からの評価もチェック

今の仕事を好きかどうかは、自分の目だけで完ぺきに把握することは難しいといえます。
そのため周囲からの評価をチェックして、より客観的に自分の仕事への感情を確かめてみることもおすすめです。

周囲から見ると「本当に仕事が好きなんだな」と思えることもあれば、「仕事に不満ばかり感じているんだな」と見える場合もあります。
そういった表面上の感覚は自分ではわからないものなので、1度機会を見つけて上司や同僚に聞いてみるといいでしょう。

周囲から見ても仕事が好きそうに見えるというお墨付きをもらえれば、胸を張って働き続けることができますね。

会社の方針や体制が自分に合っているのか?

会社に嫌気を感じることが多くなっている場合、現在の方針や体制が自分に合っていない可能性があります。
その感覚は放置していると仕事を辞めたいという気持ちを強くしてしまうので、早急に確認を行うべきでしょう。

もし「会社の方針や体制に不満がある」「もっといい方法があるのではと考えてしまう」という人は、実際に何かしらのアクションを起こす必要があるかもしれません。
会社を好きなのか嫌いなのかを知るためにも、まずはその方針や体制が自分に合っているのかを考えてみましょう。

そもそも会社についてどれくらい知っているのか

そもそも今勤めている会社について、あなたはどれくらいの知識をお持ちでしょうか。
毎日働いている会社だからこそ、仕事の方針や体制のことを詳しく知らないというパターンはよくあります。
だからこそ会社への感情を確かめるこの機会を利用して、方針や体制について考えてみることがおすすめです。

会社の方針や体制は、書類などにしっかりと明記されていることもあれば、暗黙の了解という目に見えない形で存在していることもあります。
まずはどのようなスタイルで会社の方針や体制が成り立っているのかを調べて、詳細をつかんでみるといいでしょう。

方針や体制に納得できているのかを確かめよう

会社の方針や体制を調べたなら、続いてその内容に納得できているかどうかを確かめてみましょう。
内容に納得できていれば、その後も多少の不満を抱えながらでも今の会社で働いていけます。
逆に現在の方針や体制に違和感を覚える場合は、今後も仕事を辞めたいという気持ちを消すことはできないかもしれません。
しっかりと会社の方針や体制と向き合って、考えられる将来をチェックしていきましょう。

例え他の人から見れば不自然な方針だったとしても、自分自身が納得できているのであれば、会社に勤め続ける理由となります。
ここでは自分の感情を1番大事にして、会社との関係を再確認してみてください。

あえて不満な点を挙げてみるのもポイント

40代男性のなかには、今の会社に数十年単位で勤めているという人もいることでしょう。
それだけ長い時間いる会社だと、冷静に方針や体制のことを評価するのは難しいかもしれません。

そこでおすすめなのが、あえて会社の不満点を挙げてみる方法です。
無理矢理にでも納得いかないポイントを並べることができれば、会社に隠れている問題点にフォーカスしやすくなります。
既に長く仕事をしている人ほど、心を鬼にして会社の不満な部分を挙げてみてください。
そこから自分と会社の関係を見直して、今後の方向性を考えてみましょう。

ずっと今の会社にいられるか考える

仮に今は会社の方針や体制に納得できているとしても、その先もずっと同じ考えを持ち続けられるかは未知数であるといえます。
そのため万が一のことを考えて、ずっと今の会社にいられるかどうか想像してみることがおすすめです。

嫌なことが続いたとき、辞めたいような仕事を任されたとき、それでも働き続けられるかどうかをシミュレートしておくことは、将来への大切な保険となります。
会社についての感情を正確に理解するためにも、継続して勤務をしていく意味をよく考えてみてください。

40代という年齢は、新しい環境に移る最後のチャンスである可能性が高いです。
本当に今の会社で人生をまっとうできるのか、真剣に検討することが求められるでしょう。

もし今の会社が嫌な場合

ここまでよく考えた結果、もし今の会社のことを嫌に感じてしまった場合は、何かしらの対応をした方が自分自身のためになります。
目を背けてしまうことは簡単ですが、それではいつまでも現状を変えることはできず、ズルズルと不満のある環境で働くことを強いられてしまうでしょう。

むしろ会社が嫌になった理由をきちんとチェックして対策を講じれば、より良い環境で働けるかもしれません。
辞めたい気持ちや会社への不満を抱えて我慢するのではなく、自分にとって最適な形で仕事ができるように、この機会に準備を進めていきましょう。

40代からできることがあるのかと思われるかもしれませんが、この年齢だからこそできることがたくさんあります。
現状を諦めるよりも、ぜひ積極的に動くことを考えてみてください。

嫌になった理由をまとめてみよう

まずはその会社を嫌になった理由をまとめて、現状を分かりやすく整理することから始めてみましょう。
ただ感情的に「辞めたい」「仕事が嫌だ」というだけでは、具体的な行動に移ることができません。
不満を解決するためにも、根本的な理由はしっかりと把握しておくことがおすすめです。

会社が嫌になった理由は、おそらく1つとは限らないでしょう。
そのためあらかじめまとめておかなければ、会社に嫌気がさすことを繰り返す恐れがあるのです。
現在の環境を変えて、再び会社を好きになるためにも、とにかく理由の詳細をチェックしてみてください。

改善のために動く

会社を嫌になった理由をはっきりさせたのなら、続いてそれらを改善させるためのアクションを行いましょう。
嫌になった理由を生み出している環境や仕事内容を変えることができれば、また気持ちよく仕事ができるようになるかもしれません。
上司や同僚、労働組合などを巻き込んで、大々的な改革を実行するのもいいですね。

40代という年齢を考えると、慣れた環境や職場のルールを変えることには抵抗を覚えるかもしれません。
しかし会社を嫌になった理由を知っただけで終わるのは、もっとも避けるべきことだといえます。

会社を嫌に感じる理由がわかっているのに何もしないのであれば、どうしても自分自身に対して不満や無力感を味わうことになります。
それは日々の生活におけるストレスとなり、さらに会社や仕事を嫌になるきっかけになってしまうでしょう。
これ以上の負担を避けるためにも、ぜひ改善に必要な行動を始めてみることがおすすめです。

転職という決断が必要かも

1度会社を嫌になってしまうと、以前のような気持ちで働けなくなるということはよくあります。
特に嫌になった理由や原因の改善が難しいとわかると、その可能性は高くなることでしょう。

そんなときはいっそのこと、現在の会社からの転職をおすすめします。
職場そのものを変えてしまえば、新しい方針や体制の下で仕事ができるため、会社に対する気持ちをリセットすることができるでしょう。
既に会社との関係が修復不可能であると感じるのなら、この機に本格的な転職について考えてみてください。

本サイトには、様々な40代転職に関する記事を公開しています。ご関心のある方は、以下の記事をご覧ください。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/441/”]
[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/417/”]

40代からの転職と聞くと、かなり困難なことであるように感じられるかもしれません。
しかし今は転職サイトやエージェントの存在が当たり前となっているので、転職は現実的で有力な選択肢となっているのです。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/380/”]

会社を辞めたいと思ったことをチャンスと捉えて、新しい職場への転職を実行してみてはいかがでしょうか。

今は独立開業がもっともおすすめ

転職は今の会社を嫌になったときに使える有力な対抗策ですが、それなりのリスクがあることも確かです。
特に会社勤めに違和感を覚えている人や、会社での人間関係に疲れてしまっている人は、転職先でもまた同じような悩みに困らされるかもしれません。

そのため今は、転職よりも独立開業の方がおすすめされるパターンが増えてきているのです。
これまで働いてきたノウハウを活かすことができれば、会社員時代よりも充実した仕事を行える可能性があります。
自分の力で仕事を始めることに興味があるなら、独立開業に挑戦してみるといいでしょう。

独立に関する知識がない場合でも、今は専門のサービスが存在しているので、安心して起業に踏み切ることができます。
40代からであっても、新しい働き方に不安を感じる必要はないのです。
この機会に独立開業の準備を進めて、会社員時代とは全く違う仕事スタイルを手に入れてみることがおすすめされるでしょう。

まとめ

仕事が嫌なのか、それとも会社が嫌なのか、すぐに答えを出すことは容易ではありません。
もし働くことが嫌になり、会社を辞めたいと感じたときには、じっくりと時間をかけてその問題について考えてみてください。

その問いに答えが出たなら、その後は不満を解消するための手段に移ることができます。
特に独立開業という方法は魅力的だといえるので、この機にぜひ本格的な起業を試してみるといいでしょう。

以下のような専門サービスを利用すれば、40代からでも充実した働き方は可能です。
少しでも興味があるのなら、まずはこちらをチェックしてみてください。