会社を辞めないで仕事を頑張るにはどうすればよいか

会社に勤め続けるということは非常に大変なことであり、ときにはそのやる気が失われてしまうこともあるでしょう。
モチベーションの低下は「辞めたい」という気持ちを育て、休職や退職にまで発展する可能性があります。
早めに対処を行って、将来のつまづきを取り除いておくことがおすすめされるでしょう。

そこでこちらでは、今の会社を辞めずに仕事を頑張るための方法をご紹介してまいります。
特に40代男性は今後の自分について真剣に考えるためにも、仕事の仕方を今一度チェックしてみましょう。

今のポジションよりも上に行くために自己投資する

会社を辞めないで頑張り続けたいときには、社内での自分のポジションを高めていくことを考えてみてください。
ステップアップしていくことを目標にできれば、自然とモチベーションは保たれることでしょう。

基本的に職場でのポジションを上げていくには、自己投資をすることが求められます。
スキルや知識、その他仕事に役立つ情報に投資を行い、新しい自分を作り上げていきましょう。

職場での評価をモチベーションに変えよう

大人にとって、職場での評価は大きな意味を持ちます。
そのため会社内でポジションを高めて、重要な仕事を任せられるようになれば、これまで以上に頑張ることができるでしょう。

特に40代は周囲からぶしつけな評価を受けやすい年齢であり、ときにはその環境がストレスとなることがあります。
キャリアに合った正当な待遇を受けられないことは、仕事を辞めたいと感じる原因になるかもしれません。
だからこそ自己投資を行って、職場での評価を高めていくことがおすすめされるのです。

評価の高まりを実感できれば、それはそのまま自分のモチベーションになっていきます。
働く意欲が弱まっているときには、とにかく会社での自己主張を行っていきましょう。

スキルアップは将来につながる

自己投資によってスキルアップすることができれば、将来の選択肢を増やすことも可能です。
ポジションを高めるだけでなく、今の会社での活躍以上の出来事が起こるかもしれませんね。

スキルアップは自己実現の最初の一歩であり、ときには新しい環境を作るきっかけにもなり得ます。
もし今の職場や会社に若干の不満があるのなら、自己投資で確かなスキルの獲得を目指してみましょう。

自己投資の習慣とスキルアップの実感に慣れてくると、仕事をするのが楽しくなってくることもあります。
それは「辞めたい」という気持ちを退けることにつながるので、今現在仕事を続けることに迷っているのならこの機に自己投資を始めてみてください。

自己投資の方法はさまざま

自己投資にも色々種類があり、広い視野で見ればその方法は多岐にわたります。
そのなかから自分に必要となるであろう投資先を見つけるのが、仕事を続けるためのポイントとなるでしょう。

例えば資格取得やコミュニケーションスキルといったものが、仕事に関係する投資先に数えられます。
特に自分の会社や職業に役立つものを選択して、効率良く投資していきましょう。

自己投資を続けていくとそのうち、それ自体がモチベーションの維持に関わってくることがあります。
投資した結果を確認できる職場が、面白く感じられるようになるかもしれません。
「会社を辞めない」ということを最大の目的とするのなら、仕事でこそ効果を実感できるような内容に投資してみることがおすすめです。

上司や部下との関係を見直そう

今のポジションよりも高い位置に行くためには、自己投資と合わせて周囲の人間関係にも気を配る必要があるでしょう。
特に直属の上司や部下との関係は、この機に見直していくことがおすすめされます。

いくら自己投資によるスキルアップを重ねても、職場での人間関係が劣悪なままでは、高いポジションに就くことは難しいです。
会社を辞めるつもりがないのなら、上司や部下との関係には注意をしておきましょう。

会社内の人間関係が悪い状態だとどうしてもやる気はなくなり、仕事を頑張るための意欲が低下していきます。
習得したスキルや投資の結果を活かせるように、会社内での人とのつながりはきちんとケアしておいてください。

毎月にやる気を高めるための目標を設定する

常に高い意識を持って仕事に臨むためにも、いくつかの目標を自分に提示する方法はおすすめされます。
できるなら毎月やる気を高められるような目標を設定して、仕事を続けるための理由づけをしてみてはいかがでしょうか。

毎月の目標が日常化すれば、そこに向けて努力をすることができるので、自然と仕事に対する力の入れ方が決まってきます。
それは1つの安定になり、会社勤めを継続するための下地となることでしょう。

「何のために仕事をするのかわからない」「給料日の後にやる気がどっとなくなる」といった人は、目標設定によるモチベーションの維持を試してみてください。

小目標をクリアしていくことが重要

「目標を立てる」と聞くと、やたら難しい内容や大きな問題を取り上げがちかもしれません。
しかし会社を続けるために必要となるのは、単純な小目標となります。
こまめに目標を設定し、そしてそれをクリアしていくことで、自分に対する満足感を高めていくのがコツとなるのです。

例えば「毎朝10分の勉強をする」「職場では感情的にならない」といった小さな目標であっても、それを守ろうという意思があればモチベーションの維持につながります。
仕事のやる気が足りないと感じるときは、小目標を立ててその達成を目的に頑張ってみてはいかがでしょうか。
小目標をクリアすることに集中できれば、職場の問題や嫌なことを忘れることができるかもしれません。

無理な目標は避けるのがコツ

会社で頑張るための目標に大切なのは、「これなら達成できる」と自分自身が思えることです。
比較的簡単に達成できるものを考えて、仕事の意欲につなげていきましょう。

無理難題を提示して自分を追い込むことは、むしろモチベーションに対してはマイナスとなりがちです。
特に会社を辞めたいと感じているようなときほど、無理な目標は足かせとなってしまうでしょう。
あくまで実現できる範囲にとどめて、目標を設定することを忘れないでください。

初めのうちはどれくらいの目標が自分に合っているのか、その感覚をつかむことが求められます。
あまりに手ごたえがないのも問題なので、ちょうどいいレベルの目標を見つけ出してみましょう。

なるべく会社にフィードバックできるものがおすすめ

基本的に目標であれば何でもOKといえますが、本気で仕事に活かすのならその内容を吟味していくことも大切です。
なるべく会社にフィードバックできるようなものを考えて、毎月の目標を作ってみてはいかがでしょうか。

仕事や会社に関係する目標であれば、その内容を忘れづらく、達成のためのやる気を持ち続けることができます。
何よりも目標を意識することが社内での評価につながる可能性が出てくるので、40代は特に会社にフィードバックできるものを探してみましょう。

会社に関する目標は、自分だけでなく仕事の進行にも影響が出る可能性があります。
余計なお世話にならないように注意することは不可欠ですが、積極的に考えていく価値はあるでしょう。

目標を立てることが負担とならないように

毎月の目標を立てることが負担になってしまうと、せっかくのモチベーションが台無しになるでしょう。
会社を辞めないこと、仕事に対するやる気を下げないことが目的であると改めて確認してください。

1度や2度の目標であれば問題はありませんが、毎月のこととなると少しずつ負担が増えていく可能性はあります。
最初の頃の気持ちを継続していけるように、負担を軽減できるような工夫も進めていきましょう。

例えば目標を立てるタイミングを一定にしたり、家族や友人に手伝ってもらったりすることで、負担を少なく抑えることができます。
仕事に支障が出てしまえば本末転倒であるので、できるかぎり目標は気軽に作成していくことがおすすめです。

それでもモチベーションが続かないときは

上記のような手段を講じても、モチベーションを継続させるのが困難となることはあります。
そんなときはひたすらに頑張ることを1度止めて、現状を変えることに集中してみるといいでしょう。

職場や自分の考え方、人間関係などを変えることができれば、会社を辞めないで済む新しい方法が見つかるかもしれません。
もしくはもっと良い環境や働き方を手に入れる、きっかけをつかむことができるでしょう。

ただ闇雲に努力をすることだけが、状況の打開につながるわけではありません。
むしろ勇気を持って立ち止まることで、冷静に現状を見極めながら働けるようになるのです。
やる気が上がらない、会社に行く気が起こらないといったときには、以下を参考に新しいアプローチを行ってみましょう。

気分転換を優先する

気分が本当に沈んでいるときは、なかなかやる気を出すことができません。
そういった場合は気分転換を優先して、まずは気持ちをリフレッシュすることがおすすめされます。

できるなら仕事から完全に離れて、1度まっさらな状態になることが理想的です。
会社でのしがらみや人間関係を客観的に見つめ直すためにも、気分転換をする時間を確保してみましょう。

40代にもなると仕事のある毎日に慣れ過ぎてしまい、気分転換の重要性を忘れがちとなります。
しかし会社を辞めずに働き続けるには、思い切って気分転換することも必要です。
特にこれまで休日をただダラダラと過ごすことに使ってきたという人は、気分を変えるのに最適な方法を探してみてください。

なぜ辞めたいのかを考える

どうしてもモチベーションが上がらない、なぜかやる気を見いだせないという場合、心の奥で「仕事を辞めたい」と考えてしまっていることが多いです。
ときにはそういった心の声と向き合い、なぜ辞めたいと思っているのかを考えてみるといいでしょう。

仕事を辞めたくなっている原因を見つけられれば、ピンポイントの対処法を試すこともできます。
具体的な解決方法を把握できるなら、今度はそれを目標としながら働くことも可能ですね。

仮に仕事を辞めたいという自覚がない人も、あえてそう決めてかかって考えることで、問題点を浮き彫りとすることができるかもしれません。
今の会社で頑張りたい、でも何をすればいいのかわからないというときこそ、「なぜ辞めたいのか」という疑問について真剣に頭を捻ってみましょう。

転職が解決になることも

1度低下してしまったモチベーションを再び同じ水準にまで持ち上げるのは、想像以上に大変なこととなります。
そのため場合によっては、いっそ転職をして新天地で働く方がスムーズに仕事のやる気を高められるかもしれません。

転職はそれなりの準備や継続した努力が成功に不可欠ですが、今や誰でも挑戦できるくらいにハードルは下がってきています。
もし現在の会社に不満があるのなら、転職という手段は有力な選択肢となることでしょう。
1つ1つの問題と向き合っていくよりも、すべてを根底から変えてしまう方が性に合っている人は、この機に本格的な転職活動を始めてみてはいかがですか。

上記でご紹介してきた自己投資や目標設定は、転職時にもプラスとなります。
仕事を頑張るために行ってきた作業を無駄にしないためにも、すべてのノウハウを総動員していきましょう。

独立開業が仕事を頑張る新しい理由になるかも

転職は仕事のやる気に関する問題を解決するのに有効な手段ですが、さらに大きい環境の変化を求めるのなら独立開業もまたおすすめできます。
自分を主体とした新しい職場で働くことに興味がある場合は、この機会を利用して起業するのも1つの手となるでしょう。

40代からの転職にはいくつかの不安を感じてしまうという人も、独立による開業なら期待の方が上回るということがあるかもしれません。
特に今は専門の独立開業サポートを行ってくれるサービスもあるので、例え知識やスキルを持っていなくても実行に移すことは可能です。

「独立するための方法がわからない」「起業という手段に疑問を感じている」そんな人はぜひ専門のサービスを活用して、今後の具体的な将来設計を考えてみましょう。
後ろ盾となってくれるサポートがあれば、いつでも独立による新事業を始めることができますね。

今の会社でモチベーションを保つことに限界を感じているのなら、独立開業をこれからの目標としてみてはいかがでしょうか。
起業してからの仕事が、頑張るための新しい理由になるかもしれませんよ。

まとめ

会社を辞めないで仕事を頑張り続けるためには、さまざまな工夫を凝らしていく必要があります。
惰性で会社に勤めるのではなく、きちんと意味のある仕事をしていけるように、この機に努力の方法を考えてみましょう。

そしてどうしても今の会社を辞めたいと思ってしまうときは、転職や独立開業という手段も視野に入れてみてください。
以下のサイトは独立に興味がある人にぜひチェックしていただきたいものとなっているので、起業をする前に確認をしておきましょう。

独立起業の選択肢を確認してみる