毎日の通勤が辛い?改善できる方法はあるのか見つめ直す

会社員生活とは切っても切り離すことのできない「通勤」。都内で通勤する人が憂鬱に感じているのが通勤ラッシュ時の満員電車ではないでしょうか?

「あぁ、来週からまた電車通勤か…。」と日曜日に憂鬱になってやる気が出ない人は多いことと思います。なかには「田舎で仕事をすれば満員電車とは無縁になるはず!」と思う人もいるかもしれませんね。

しかし、地方での通勤では渋滞が待っています。通学の交通手段のおよそ半分は車での通勤と言われており、地方であればあるほどその割合は大きくなると考えられます。そのため、通勤時のストレスは場所は変われど、ある程度起こってくる問題だといえるでしょう。

最近では企業がフレックス通勤を取り入れ、通勤ラッシュを少しでも軽減しようという動きもありますが、業界によって導入スピードに差があるため、まだまだ自分で通勤方法について考える必要がありそうです。

これまでの通勤手段を変えてみる

そこで今回は「毎日の通勤が辛い」と感じている人のために、そのストレスを緩和する方法を模索してみました。

まず1つ目に考えれるのが、「通勤方法を変える」ということではないでしょうか?

都内であれば電車通勤を自転車通勤に、あるいは思い切って徒歩にするなどの方法が考えられます。

これは健康面でも非常にメリットがありますよね。また、ビジネスパーソンであれば徒歩で街中を観察するだけで、マーケティングの勉強になることもあります。

また、都心ではUber Eatsなどのサービスがあり、会社帰りに少し副業をしてから帰宅という方法も考えられます。通勤距離が長い人にとっては難しいかもしれませんが、まず第一に通勤手段が変えられないか再考することをおすすめします。

また、車であれば思い切って高速道路を利用するというのも手です。会社の通勤手当をオーバーしてしまう可能性はあるものの、一般道路に比べて渋滞ははるかに少ないため、ストレスは大幅に軽減されることでしょう。頻繁に高速道路を利用する場合はETC料金の割引が適用される場合もあるため、思っていたよりコストがかからないかもしれません。

その他、新幹線も定期購入ができます。あまりに「通勤時の満員電車や車の渋滞がストレスになる」という人は一度。上記の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

後ほどくわしく説明しますが、フリーランス(個人事業主)で場所や時間にとらわれない働き方をしている人が、会社員時代に一番辛かった経験として語るのは意外にも通勤なのです。

1日往復で2時間通勤にかけるとしても、1年間でなんと20日間ほどを通勤に費やしている計算になるのです。これが10年続いたら…と考えるとやはり通勤の時間をストレスフリーなものにするか、通勤自体をしない働き方を自分の意思で決めることは大切です。

よく「通勤の時間は自分の時間として勉強や読書に充てる」というサラリーマンの人もいますが、満員電車であれば本や新聞を広げることすらままなりませんし、車であればせいぜいラジオでニュースを聞くか、英会話を学ぶぐらいのことしかできません。通勤の時間は可能な限り減らすべきなのです。

発想の転換! 住む場所を職場近くに

会社が遠いのであれば、自分が近くに引っ越してしまうという発想もあります。

実は通勤時間と精神の健康状態には大きな関係があることが西イングランド大学の研究で分かっています。あくまでも研究結果ですが、通勤時間が1日あたりおよそ20分増えると、給料が一定額減ったのと同じぐらいの心理的ダメージを受けるというデータも出ています。

日本人の平均的な通勤時間は1時間前後ですが、東京都内に限っては2時間近く通勤にかかるケースも珍しくはありません。そのため、都内で比較的給与条件の良い仕事があったとしても、その分のストレスは受けなければならない、という皮肉な結果を示唆しています。

例えば、もし自宅のすぐ近くに職場があったとすれば…。そんな妄想を抱いた方も多いことでしょうが、実はこれはメンタルヘルス面でもメリットが大きいのですね。

例えば、都心で職場の近くに移り住み、高い家賃を支払ったとしても「時間」という大きな資本を手に入れることができます。この時間を家族との時間に使っても良いですし、ジムや習い事などに生かすこともできます。もちろん、その空いた時間で副業をすることだってできます。職場の近くに住む、というのはシンプルながら最もコスパが高い方法だといえるかもしれません。

会社の制度を活用する(リモートワーク)

しかし、「すでに郊外に自宅があるため、なかなか職場の近くに引っ越しするのが難しい」という人も多いことでしょう。家族がいればなおさらです。そんな人のために紹介したいのが、これから紹介するリモートワークと、在宅で始めるPCワークです。

しかし、初めにいっておくとこれらは「会社にそういった制度があること」が前提ですし、在宅ワークにしても「PCを持っていること」や「仕事を獲得できるそれなりのスキル」が必要です。

「リモートワーク」という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?働き方改革の一環として大手企業を中心に導入が進み始めています。

リモートとは「遠隔」という意味で、文字通り会社から離れた自宅や、近くのカフェやコワーキングスペースなどで仕事ができるという制度です。

基本的にはITベンチャーなどPCがあればできる職種で取り入れられていましたが、今ではチャットやテレフォンカンファレンスなどで、いつでも遠く離れたスタッフとプロジェクトを進めることができるため、そのほかの職種でもリモートワークを実践する企業が増えてきています。また、似たような制度で「テレワーク」といった制度を用意している企業もあります。

実はこのリモートワークは、働く側だけでなく企業にとってもメリットがあります。1つ目は育児や心身状態が理由で在宅での仕事を余儀なくされている人たちでも雇用ができるという点。2つ目は社員のメンタルヘルスを整えることで離職者を減らすことが期待できると点。最後に社員のストレスが減るため、仕事の生産性が向上する可能性があるという点です。

しかし、基本的には上司の許可が要る企業がほとんどですし、リモートワークも「週2回まで」などと制限があるのが一般的です。そういう意味では、完全に通勤のストレスから逃れることは難しいでしょう。

自宅でできるPCワークを始める

「会社でリモートワーク制度のようなものはないし、職場の近くに引っ越すのが難しい」という人はいったいどうすれば良いのでしょうか?

ここからは、「通勤が辛いので通勤方法を変えたり、通勤時間を短縮したりする」というアプローチではなく、「通勤をしない」という選択について話していきたいと思います。

つまり、自分で働く場所をデザインするという考え方です。通勤にはうんざりしてしまって本当に平日が辛いと感じている人は、このように自分で仕事を作り出すという方法も検討してみてはいかがでしょうか?

「自分で仕事をする」=「起業」と考えると、あまりにハードルが高く感じますよね。しかし。今はインターネットが普及していて、どこにいても誰とでもコンタクトが取れます。そのためPCを使って仕事を始めるというのも決して、一部の能力が高い人にしかできないことではないのです。

起業と考えると、なぜかギャンブルと捉えてしまう人もいるのですが、起業もあくまで選択肢の1つです。もし、本当に通勤がストレスになっていて、仕事もプライベートも充実していないのであれば、自分が活躍できる場所を他の場所に移すのも手です。

起業の際に障壁となる要素はいくつかありますが、PCワークのほとんどは巨額の初期投資を必要とするものではありません。PCとエクセルなどのツール、そして無料で使えるチャットサービスがあれば仕事ができる場合がほとんどです。

そして、起業時に大きな不安要素として挙げられる「顧客の獲得」もクラウドソーシングという媒体を使って可能になっています。

クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事の発注主と受注者のマッチングを行うサービスのことです。ランサーズやクラウドワークスなどが有名ですよね。

このクラウドソーシングでは基本的にクライアントが仕事を募集します。その仕事はプロジェクト形式(単発)、継続依頼、あるいは時間単価制であったりとさまざまですが、これらの案件に対して、受注を希望する人が応募をします。クライアントは応募者のプロフィールや実績。稼働可能時間などをもとに依頼先を決定します。

クラウドソーシングで興味深いのは、見ず知らずの人と仕事をするという点です。「相手と会ったこともないのにビジネスとして成り立つのか」と思われる人も多いかもしれませんが、実際にこのクラウドソーシングをメインの外注として使用する企業や、クラウドソーシングで受注する仕事で生計を立てている人もたくさんいます。

クラウドソーシングでは「信頼」が全てです。基本的な本人確認はもちろん必要ですし、発注や受注、納品に問題があれば自分の評価に影響してきます。自分の仕事上の評価は誰でも見ることができるので、自分の仕事に責任を持って取り組む環境が整っています。

仕事のジャンルですが、PC系といってもプログラミングなどの専門分野だけでなく初心者でもできるWeb記事ライティングや、簡単なデータ入力など多岐に渡ります。

もちろん、ほかの応募者と同じ案件を争う形にはなりますが、現時点では案件数も豊富なため、チャンスはまだまだあるといえるでしょう。

「独立開業」で働く場所を自分でコントロールする

最後に紹介したクラウドソーシングは「独立開業」のファーストステップとして検討できる1つの例です。うまく軌道に乗れば、在宅でPCワークをすることもできるので、働く時間や場所の自由度は高まるでしょう。

しかし、このクラウドソーシングも決してメリットだけではありません。ここではクラウドソーシングで起こりうるデメリットと、その他に独立開業をする方法について紹介していきたいと思います。

例えば、クラウドソーシングの場合は、クライアントと自分の間にサービス会社を仲介する形になるため、報酬の一部は手数料として差し引かれる場合もあります。(手数料システムはクラウドソーシング会社によって異なります。)

また、プロジェクト形式で受注をしている場合は翌月も継続依頼がくる保証はないため、自分で顧客を探す必要があります。

最近ではクラウドソーシング内で悪質な依頼が発生しているのも事実です。ネットワークビジネスの勧誘であったり、法的リスクのある仕事であったりと案件によっては自分が被害を被る可能性も0ではありません。

そのほか、自分の成果物に問題があった場合は損害賠償請求に至るケースもあるなど、手軽に始められるぶん事前に考えておかなければならないことも多いのです。

何より、収入面でも成果を上げたいということであればやはり専門的スキルを身につける必要があります。そうなるとスクールに通うなどある程度の自己投資をする必要が出てきます。いうまでもありませんが、自分の適正をよく把握しておくことも不可欠です。

さて、今回は毎日の通勤で積み重なるストレスをいかに解消するかをテーマにさまざまな方法を紹介しました。

辛い通勤を解消する方法としては、まずは今いる会社の制度があるかどうかを確認し、フレックス通勤やリモートワークができるかどうかを検討するのが最初に行いやすいのではないでしょうか?

それが難しいようであれば、通勤のストレスが少ない会社に転職する方法もありますし、最後に紹介したようにPC を駆使して、そもそも通勤をしない生き方を目指すことを考えても良いでしょう。

独立開業を支援するフランチャイズビジネスも!

「PCワークはできそうもない。だけど自分でビジネスをすることで人生の選択肢を広げたい」という人には独立開業をサポートしてくれるフランチャイズでのビジネスを検討してみるのもおすすめです。

フランチャイズビジネスにおける最大のメリットは、「すでにあるノウハウをシェアしてもらえる」、「ブランドイメージがある企業の場合は認知度が高く顧客を獲得しやすい」という点が挙げられます。

フランチャイズで、新規参入ハードルが低い業種であれば経験がなくても、サポートを受けつつ自分のビジネスを始めることも可能です。

もし、「毎日の通勤がいやでやる気が出ない」という状態が続いているのであれば、一度思い切ってほかの方法を考えてみてはいかがでしょうか?

ビルメンテナンスのフランチャイズを行なっているBuild’s(ビルズ)では、誰でも始められる「おそうじビジネスでの独立開業」を支援しています。

詳しくはこちらをご覧ください。