満員電車に疲れる。対処方法について

「満員電車に疲れ切ってしまった。」そんなビジネスパーソンは多いのではないでしょうか?平均して片道1時間ほどをかけて通勤している日本の社会人。どうせ、通勤時間がかかるのであれば勉強や読書、副業などをしようと色々と試行錯誤している意識の高い人もたくさんいますよね。とはいっても、スペースもなく人の目がある電車では、自分ができることはかなり限られています。

やっと座席についたとしても、連日の疲労がたまっていてついつい眠ってしまうのも無理のないことのように思います。

今回は満員電車に疲れてしまった人におすすめしたいハックや、通勤そのものから抜け出すアイディアをまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

いつもより早い時間の電車に乗り出社し、その分早く帰る

最初に紹介したいのは、「朝早く起きて、混雑のない快適な車両で通勤。夜も帰宅ラッシュを避けてできるだけ早く帰る」というものです。

一度は頭をよぎるこのアイディア。実際に試してみるとどんなメリットがあるのか考えてみましょう。始発となると、起床するのは5時ごろになるでしょう。しかし、その時間に起きて始発に乗り込んでしまえばあとはこちらのものです。足りない睡眠をここでとったとしても、降車駅に着く時間にアラームをかけておけば、問題ありません。また、座ってゆっくりPCで仕事をしたり、新聞を広げて読んだりとできることの幅はぐんと広がるはずです。

さらに始発駅の近くに住むという方法もあります。満員電車時も座れて、ある程度パーソナルスペースを確保できるのであれば、多少の通勤時間は許容できるかもしれません。

ネット上では各沿線の始発駅が紹介されているので、そうした始発駅であれば、極端に早い時間帯の電車に乗らなくても座れる可能性が高まります。

朝のほうが生産性は上がる?

ビジネス雑誌などでも「結果を出す人は朝に重要な仕事をして生産性を高める」といったことが紹介されています。確かに昔から「早起きは三文の徳」と言います。また、簡単なことがらを指す「朝飯前」という言葉も、実は「朝の時間帯は脳にまだ疲労がたまっておらず、難しいタスクでもこなせる」という意味が含まれているともいわれています。

身体のメカニズムからしても、朝日が昇るのとともに生活を始めるのは体内時計に合っていて、自律神経が整いやすいとも考えられています。

朝起きて、太陽の光を浴びることで、眠りのホルモンであるメラトニンの分泌がストップします。このメラトニンは朝起きてから15時間ほどで再び分泌されるため、夜には自然と眠気がやってきます。このサイクルで過ごすことで体のホルモンバランスが整いやすくなるともいわれています。

そして朝5時ぐらいに起きると10時ぐらいには脳の活動がピークに達します。そのため、朝早く起きて複雑な仕事からとりかかり、眠気が起こってきたり、身体の疲れが徐々に出始めたりする午後にはシンプルタスクをこなすのがおすすめです。また、肉体機能は夕方ごろにピークを迎えるので、ここで運動を行えば効率的にシェイプアップが目指せます。

また、早朝であれば取引先からの問い合わせなどもほぼありません。自分のしている作業を中断されることなく、腰を据えて取り組みたい仕事はやはり朝にすることをおすすめします。

理想は、朝早く乗り込んだ電車で仕事をしたり、読書や勉強をして、会社の近くのカフェでコーヒーを飲みながら今日1日の計画を立てたり、重要な仕事に取り掛かることです。全ての人に当てはまるかはわかりませんが、驚くほど生産性が上がるかもしれませんね。

朝が苦手という人には夜の習慣の見直しを

しかし、早い時間に電車に乗り込んでそこから1日のハードワークを乗り切るためには、夜早めに寝て睡眠時間を確保することが大切です。そのためには夜にしっかりとメラトニンの分泌を促して眠りに入る必要があるのですが、その障壁となるのが、スマホとPCです。

スマホやPCなどスクリーンから発せられる光にはブルーライトが含まれています。このブルーライトは太陽光とよく似ていて、メラトニンの分泌サイクルを狂わせてしまうと考えられているのです。

そのため、夜遅くまでスマホやPCを触っていると本来分泌されるはずのメラトニンがストップしてしまい、結果夜に覚醒状態になってしまうのです。こうなると翌朝、すっきりと目覚められないのはいうまでもありません。

こうしたことにも注意して、朝型の生活を身につけられると良いですね。

デキるビジネスパーソンは「満員電車」の対策を考えている

満員電車でも快適に通勤する方法とは?

仕事ができるビジネスパーソンは満員電車のなかでどうやったら楽に通勤できるかを研究している人が多いです。

例えば、停車駅によって入ってくる人の数は車両によって若干異なるものです。空いている車両を見極め、そこに乗ることで比較的混んでいない車両で通勤するというのも方法の1つです。

例えば、満員電車だけでなく、電車から降りた後にホームへ向かう人混みをできるだけ避けるために、「この駅だったらこの車両で降りたほうが出口に近い」など、駅の構内図を把握している人もいます。

また、電車の中でできることが限られる中でも窓の外の看板から最近のビジネス動向を観察したり、新しくできたビルや店舗がないかを探したり、何かいつもヒントを探している人もいます。車両内の広告からも世間のニーズを探れますよね。

このように、満員電車での通勤をビジネスのヒント探しに充てている人だっているのです。

満員電車でもストレスフリー!おすすめのアイテム

満員電車の中でもできるだけ楽に過ごせるアイテムもネット上では紹介されています。こうしたアイテムを研究してみるのもおもしろいでしょう。

例えば両手の自由度を増やすためにおすすめなのがバックパックの活用です。最近ではビジネスでもバックパックを使う人が増えてきましたよね。手さげのビジネスカバンだと片手がふさがってしまうので、満員電車でも本や新聞を読みたい人はバックパックを試してみるのも良いかもしれません。

そのほかにも満員電車時の周囲の騒音がいやだという人にはノイズキャンセリングイヤフォンがおすすめです。これで英語学習をしたり、ニュースを聞いたりするのは有効な時間活用方法ですよね。最近であれば本を音声で読めるアプリもあるので、こうしたアプリをうまく使って、通勤時間を勉強や情報収集の時間にしてしまうのもコツです。

日本も見習ってほしい!海外の満員電車回避アイディア

自分でもできる満員電車での時間活用術や、満員電車を避けるためのノウハウを紹介しました。とはいえ、単純に多くの人が密集している場所にずっといるだけで疲れてしまう人も多いことでしょう。満員電車をできるだけ緩和するための方法をできるだけ考えてほしいですよね。

ロンドンでは、通勤ラッシュ時に運賃を割増しにして、できるだけ時差通勤を活性化させようとする試みが行われています。また、定期がバスなどのほかの交通機関とも連動しているため、電車が遅れた時などには違う交通ルートを使用して通勤をすることもできます。

オリンピックを前に、大規模な混雑を避けるために導入したため、日本でも東京五輪を機に満員電車の改善に向けての取り組みが行われることを期待したいですね。

日本の満員電車に対する取り組みは?

日本でも通勤ラッシュを緩和するためにいくつかの取り組みが行われています。
例えば、路線を増やすことでシンプルに乗客を分散させようという取り組みも行われています。

また、働き方改革の一環として、出勤をせずに自宅で作業するリモートワークや、混雑を避けて通勤できるフレックスタイムの導入なども進んでおり、導入企業も増えてきています。

1日も早く、満員電車が国レベルで改善されていくことを願います。

「どうしても満員電車が嫌だ!」ほかに方法は?

とはいえ、満員電車での通勤はまだこれからも続きそうです。「自分でもある程度、満員電車を乗り切るための改善をしてみたけど、どうしても難しかった」という人が次に取るべき手は何なのでしょうか?

リモートワークやフレックスタイムの実践

先ほども説明したようにリモートワークやフレックスタイムを導入することは、今の会社で働きながら満員電車を避けるための方法として考えられます。

リモートワークは現場に行かなければならない仕事の場合は難しいですが、会議をオンラインで行ない、PCワークであれば自宅でこなすなど、PCとネット環境さえあれば、会社に出向かなくてもできることは多いものです。

また、社員みんなが出勤するコアタイムを除いては出勤と退勤時間を個人に委ねるフレックスタイム制も導入する企業が増えてきています。これにより通勤ラッシュをある程度、避けることもできそうです。

すでに自分の企業が導入しているようであれば、こうした制度を活用するのも手かもしれません。

転職という選択肢を視野に入れてみる

もし、現在の勤務先が上記のいずれも認めていないようであれば、思い切って転職を考えるのも手でしょう。

「満員電車での通勤で疲れたので転職をしたい」というのは決して恥ずかしい理由ではありません。実際に通勤でのストレスを苦に、転職を考えている人は多いものです。

実際の退職の理由や転勤を希望する企業との面接で正直に伝えるとマイナス評価になってしまう可能性もあるため、「ワークライフバランスのとれた仕事で、資格勉強の時間を確保したい」などポジティブな理由を話すほうが良いでしょう。転職エージェントであれば、面接時のコツを教えてくれるので、こうしたサービスを活用するのも手ですね。

独立開業

転職もオプションの1つとして考えたいところですが、やはり転職のタイミングに合わせて、自分が働きたい企業が募集をしているとは限りません。

その際に、ぜひとも考えてみたいのが「独立開業」という手段です。

独立開業や起業と聞いて、思い浮かべることは何でしょうか?莫大な初期投資や、豊かな人脈に経験。自分では到底できないと思い込んでいる人もいるかもしれませんが、実は独立開業にもさまざまな手段があり、実は経験や実績がないと全くできないかというとそうではありません。

独立開業はやっぱりハードルが高い?

コネ・資金・スキルがないのであればフランチャイズを

起業して法人を立ち上げるとなると、ハードルは高いのはいうまでもありません。スタートアップであれば、まずは自分たちの認知度を上げる必要もありますし、営業をして新規開拓をする必要があります。競合他者の分析はもちろん、仕入れが必要であれば豊富な資金も必要です。オフィスをかまえ、人材を獲得するのであれば、リクルーティングの費用などの人件費も用意しておく必要があります。

そう考えると、身一つで起業というのは誰にでもできることではありません。家族がいる人であれば、なおさらでしょう。

しかし、先ほども触れたように独立開業にはさまざまな方法があります。その1つとしてフランチャイズがあります。

フランチャイズとはすでに認知度のあるブランド名を使用してサービスを提供することができる販売権を得て行うビジネスのことです。飲食業界や通信業界では主流になっているビジネス手法です。

フランチャイズの魅力は、マーケットですでにシェアのある企業のノウハウやコネクションを使用して行える点にあります。ゼロから自分でビジネスを行う場合、まず得なければいけないのは顧客からの信用です。実績やスキルがない中で顧客からの信用を得るには多くの時間がかかりますし、失敗すれば初期投資を回収できない可能性すらあるのです。

しかし。フランチャイズであれば、初期投資を最小限に抑え、手厚いサポートを受けながら自分のビジネスを持つことができるのです。フランチャイズをする側にとっても、自分たちだけでは対応できないエリアでビジネスをしてくれる仲間がいることは大きなメリットになります。

ビルズもそんなフランチャイズ方式によって、自分のビジネスを手にする機会を提供しています。ビル清掃メンテナンスという経験がない人でも始めやすい職種ですでに、成果を上げている元サラリーマンの人たちもたくさんいます。

独立して自分の時間をコントロールしてより満足度の高い生活を送りたいという人はこちらからお気軽に相談してみてください。