40代の転職、自分に合った仕事を探してみる

40代の男性が転職を考えた時には、これまでの社会経験上「自分に合った仕事でないと長続きしない」というのは肌で実感できていることでしょう。では、改めて「自分に合った仕事」とは具体的にどういったもので、転職の際には何を優先すべきなのかというのは1人で考えるとなかなか難しく、答えが出ないものです。

今回は、40代の男性が転職を成功させるために参考にしてほしい考え方や、仕事の考え方についてみていきたいと思います。

そもそも転職できるのかどうかについては、「40代の転職を成功させられる?そもそも転職は無理?」をご覧ください。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/441/”]

40代からの転職のメリット、デメリット、正社員以外の働き方、あるいは未経験の独立起業など詳しく解説していますので、転職をお考えの方におすすめの記事です!

自分に合う仕事とはどういうことか?

自分に合う仕事をしたいというのは、多くの人が願うことです。しかし、現実的には収入の問題、就業形態の問題などがあり、結局のところ何かを「犠牲」にしなければならないのが現実でしょう。また、転職する期間にも制限があり自分の希望に合致する職場を探しているうちに資金的に厳しくなってしまうこともあります。

今回は、「自分にあった仕事」とはどういったことなのか、客観的に考えてみることにしたいと思います。仕事のことを考えるあまり、自分自身のことを考えることを忘れてしまう人も多いのかもしれません。「世間にはどんな仕事がどんな条件で求人票に出ている?」ということではなく、現在の自分がどんな状態で、その状態に合っているのはどういった仕事なのかという考え方をしてみてはいかがでしょうか。

仕事に対して何を望みますか?会社や職場の人間関係はどういった状態が望ましいか。自分の能力を発揮できるのはどういった状態なのか。自分自身が「合っている」と思い込むだけでは長続きしません。その状態が会社から望まれなければ人間関係も上手くいかずにモチベーションが続かないでしょう。

もしかしたら自身の思い描いたものと異なるため、そのギャップに苦しんでしまうことになるかもしれません。40代の男性であればこれまでにいくつかの職場を経験してきていると思います。もちろん、現在の職場にも何かの原因があって転職や独立を考えている人もいると思います。

まず、今までの職場の経験で「この仕事には向いている」と思った経験があると思います。それをまず、明確にしなければなりません。それが第一歩となります。

これまで経験してきたうちの仕事で、自分らしく仕事が出来ていたのはどのような条件だったでしょうか。チームで共通の目標に向かって切磋琢磨していた時でしょうか。1人で集中し、問題を解決しながら取り組んでいた時でしょうか。全く誰も経験したことのない仕事に取り組むことにモチベーションを感じていたでしょうか。それとも、ルーチンワークをしっかりこなしていくことに魅力を感じていたでしょうか。まずは、自分らしさや持ち味が最大限に発揮でき、成果を出せた仕事を振り返って考えてみましょう。

前述したように、「自分自身の仕事に対してのモチベーションが高く」かつ「成果が出て会社に貢献できていた」という2つの要素が重要となります。難しいのはこの点で、「成果は出ていたけど自分的にはものすごく辛かった」というのもNGですし、「モチベーションは高かったしやりがいを感じていたけれども会社の評価が低かった」というのもNGです。双方のマッチングが「自分に合う仕事」なのだといえるでしょう。

自分の能力を活かせる仕事か?

自分の能力を活かせる仕事をできることは、自分自身にも社会的にも意義のあることです。40代の男性であればこれから約20年間を、その仕事をする時間を1日のうち最も多く持つことになります。それだけの時間をかけるわけですから単に収入のことだけを考えてしまうと、結局のところ長続きしません。

もしかしたらまた最初からやり直すようなことになってしまえば結局時間を無駄にしてしまいます。自分自身のスキルアップや将来への選択肢が広がるような仕事の探し方をする必要があります。

自分の能力を活かせる仕事をするメリット

・生産性を上げることが出来る
・仕事の評価が上がり、職場でのモチベーションが上がる
・困難にあたった際に、工夫をしようとする意志が働く
・目標を目指すことにやりがいを感じる
・単純に仕事そのものを楽しめる
・ストレスを感じにくい

もちろん、本サイトの記事「未経験職種でも40代の転職で成功した例はあるのか?」のように、未経験職種での転職成功事例はありますが、やはり自分の能力を活かせる仕事の方が長期的に見た場合にもメリットがありそうです。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/417/”]

こうした自分の能力を活かせる仕事を探すには自分で自己分析をするだけではなく、時には家族や友人にアドバイスをもらうと参考なるかもしれません。また、逆転の考え方として「絶対にやりたくない仕事」を思い描いてみて、その真逆にある仕事とは何かを考えるのも1つの指針となるかもしれません。

40代の男性では、年齢を意識してしまう人もいるかと思います。しかしながら、新しいことに挑戦するのに遅すぎるということはないと思います。これから先の20年間で成し遂げられることがあれば、それは大変素晴らしいことですし、社会的にみても意義のあることだといえるのではないでしょうか。まずは、固定概念を捨ててみましょう。

自己分析の方法を詳しく知りたい方は、「転職を成功させるために自分の長所と短所を詳しく知る」をご一読ください。
[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/413/”]

希望条件と一致しているか?

40代の男性が転職を考えるときには、当然「これが最後の転職」と考えることもあるでしょう。その場合には転職活動をするうちに、希望の条件がどんどん増えていってしまうことがあります。その結果、転職活動期間が非常に長くなってしまうことがあります。

転職活動を始めてみて冷静に考えると「すべての条件を満たす職場なんて無いな」と気づくことができるでしょう。また、「全ての条件を自分自身が譲れないわけではない」という考えを持つことが出来るかもしれません。ここでは希望条件の設定の仕方を考えてみたいと思います。

まずは、「必ず叶えたい条件」を決めましょう。

これは、希望条件の軸となるものですからじっくり考えるべきです。例えば、「この業界で働く」「残業や休日出勤が少ない」「家族を養うために年収〇〇以上」など、人によって必ず叶えたい条件は異なります。この決めた条件は絶対に最後までブレないものを選びます。ここを妥協してしまっては必ず後悔する結果になってしまうことでしょう。

現在の日本では転職することも珍しくなくなってきました。そのため、転職サイトや求人情報誌には魅力的な条件がどんどん目に飛び込んできてしまいます。「福利厚生が充実!」「綺麗なオフィスで仕事ができる!」「ボーナス年〇回!」などですね。しかしながら、あなたが必ず叶えたい条件を決めたのであればそれらの条件が希望条件であるかどうか判断できるはずです。

もっとわかりやすくいうのであれば、何をあきらめるかを明確にすることが必要だということになるでしょう。

もちろん全てが理想通りの職場などありえません。しかしながら、「必ず叶えたい条件」が満たされていれば、それ以外は「できれば叶えたいが、あきらめることも視野に入れる」ということになります。「できれば大手企業」「できれば年収維持」「できれば通勤が楽な職場」というのは思い切って言い換えてしまいましょう。

「あきらめてもいい」と断言してしまうと、自分自身も納得できるかもしれません。

さて、希望条件の設定の仕方がわかってきたでしょうか。まずは「必ず叶えたい条件」を軸とし、「できれば叶えたい条件」の3つくらい順番をつけて設定します。わかりやすく数字で例えるなら「必ず叶えたい条件」は70%~80%ほどに設定し、残りの「できれば叶えたい条件」を割り振っていきます。

こうした設定により、考え方にブレが出にくくなり様々な誘惑に惑わされない転職活動をすることが出来るようになります。

転職先の会社を絞りすぎない

転職活動には、経験が必要です。ここでいう「経験」とは社会経験やその業界での「経験」ではありません。転職のやり方に「経験」がある程度必要なこともある、ということです。わかりやすく説明すると、他人に自分をPRする、自分の意志を明確に伝えるというのは技術であり、経験が必要だということです。

もちろん面接などでもそうですが、書類などの書き方も技術が必要なのが転職活動です。その会社がどんな人材を欲していて、それに当てはまるのが自分であるというセールスができるようになるまでには、ある程度の時間と経験が必要なのです。

そのため、「この会社に入りたい」と意気揚々と応募し面接に臨んでも経験がなければ厳しい結果になることもあるでしょう。転職先の会社はあまり絞りすぎない方が成功しやすくなるかもしれません。

40代の男性が転職活動をするのであれば、会社側から当然「即戦力」を求められます。

時には「チームの中心的役割」を担ってほしいというニーズもあるかもしれません。会社側からの視点でなぜ人材を欲しているのか、どんな人材を求めているのかをじっくり考えたうえで自己PRの仕方を検討する必要があります。

どんな転職のやり方がいいのか

現在の日本では「年功序列制」「終身雇用」というこれまでの働き方が変化を迎えており、転職でのキャリアアップも活発になっています。それに応じて、ハローワークでの求人情報取得の他にもインターネットで転職サイトの活用、人材紹介会社への登録など様々な転職活動の方法があります。

ここでは、どの方法がいいのかということではなく、多数の手段を使うことのメリットをお伝えしたいと思います。

例えば、求人に特化検索エンジンなども登場し、自分自身の条件を設定しておくだけで新しい求人情報のお知らせをプッシュ通知してくれるシステムがあります。こういったサービスは無料で使用することが出来るために積極的に利用すべきでしょう。

また、人材紹介会社へ登録しておけば一般的には公開されない「非公開求人」などの情報を収集することができるようになります。40代の男性が転職を考える場合には、在職中に転職活動を始めることもあるかと思いますが、人材紹介会社を利用した転職活動であれば面接の日程をコーディネーターが調整してくれるために非常に利用メリットがあります。

1つの転職のやり方にこだわらず、様々なサービスを利用することが重要です。

転職でなく、独立開業という手段はどうか

さて、ここまで40代の男性が転職をする際に、自分にあった仕事を探し方についてどのような方法が良いかを考えてきました。最後にまとめてみたいと思います。

自分にあった仕事を探し方

・自分に向いていて、会社に利益貢献する仕事でないと長続きしない
・自分の能力を活かせる仕事をすることは長期的なメリットが大きい
・転職活動ではまず「必ず叶えたい条件」を決める
・「できるなら叶えたい条件」はベターでありマスト条件ではない
・転職活動にも一定の経験が必要
・様々なサービスを活用して転職活動を行う

会社を辞めて、独立開業を目指す人もいるかと思います。40代の男性ですとある程度のキャリアがあり、自分自身を試してみたいという人も多いでしょう。しかし、現実的なリスクがあるため、なかなか踏み切れないというケースもあるのではないでしょうか。

自分に合った仕事を探す手段は、転職だけでなく独立開業という手段もあります。そもそも独立するのは、自分に合った仕事を探す1つの手段という考え方もあるのではないでしょうか。考える順番としては

自分がやりたい仕事の環境が現在の職場に提案して実現できないか
転職先でそれを実現できる会社がないか
独立開業を検討する

ということになるでしょう。

自分が「独立開業して成功する適正があるか」というのは客観的にはなかなか判断できないと思いますが、一般的に最低限の適正としては「孤独に耐えることができる」ということがいわれています。会社に属していれば当然ながら互いに助け合って利益を生み出すということになりますが、独立開業をした場合には全ての仕事を1人で出来るという魅力がある反面、自分を守ってくれる存在というものが無くなります。

その孤独に耐えられる意志と精神力を持っている人であれば独立開業をするという選択肢もいいのかもしれません。もし、独立開業を目指すのであればこちらのサイトも参考にしてみてください。

四十路の転職ネットがオススメする独立開業の支援についてお伝えしています↓
詳細はこちら