40代の転職成功が近づく転職サイトの活用方法

40代の男性が転職活動をする際に、最初に行うのが転職サイトへの登録ということになるでしょう。

現在では、多くの転職サイトがあります。そのメリットとデメリットを最初におさえておきましょう。また、40代の男性が転職サイトを上手く活用するためには、どのような点に注意をすべきか考えていきます。

日本では終身雇用と年功序列制度がまだ多くの企業では採用されています。そのため日本での転職活動はどこかネガティブなイメージがありますが海外の転職というのはどうやら日本と大きく事情が異なるようです。前向きに転職活動をするためにも、本来転職とはどのようなものであるかを考えてみたいと思います。

本サイトには、エージェントの活用について説明した記事「転職エージェントは40代の転職に強い味方」もあります。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/380/”]

転職エージェントの役割や利用するメリットを説明し、さらにおすすめの転職エージェントをリストアップした内容は、40代で転職を成功させたい方には必見です。

転職サイトを利用することのメリット

転職を意識したことのある人なら転職サイトをみたことがあるでしょう。転職サイトは現在では様々なものがあります。業界に特化した転職サイト、職種を特化した転職サイト…様々な求人サイトがりますが、そもそも転職サイトを利用することのメリットにはどのようなものがあるでしょうか。改めて考えてみたいと思います。

転職サイトを利用するメリット

・基本的には無料で利用できる、一部には有料サイトも存在
・写真や動画などで会社の雰囲気を知ることができる
・自身の希望を設定しておけば条件に合った求人を通知してくれる
・検索条件を詳細に分け、効率よく求人を探すことが出来る

最近では、ハイクラスの求人を見るために有料サービスの転職サイトも登場しましたが、転職サイトの最大の魅力は、誰でも気軽に無料で求人を検索できることでしょう。求人雑誌を購入するにも、ハローワークに行くにもいくらかの費用は必要ですが、転職サイトはインターネット環境があれば使用することができます。

また、その求人数が多いことも魅力であり自身の条件を絞り込むことで希望に合った求人を探し当てることができるでしょう。転職活動の方法にはいくつかありますが、最もオーソドックスなやり方が転職サイトの活用でしょう。

転職サイトを利用することのデメリット

転職サイトは無料で利用することができるため、デメリットは一見ないようにも思われますが現在では他の転職の方法と比較した際には、ややデメリットに思える点もいくつかあります。

転職サイトを利用するデメリット

・選考に落ちた場合の理由が結局、自身では把握できない
・あまりに求人数があるため、どの会社が良いかわからない
・面接日の調整は自分で管理する必要がある

また、大手の転職サイトなどでは20代~30代前半をメインマーケットとしているサイトもあり、40代の男性が転職サイトを利用しようとする場合には登録するサイトをある程度選ぶ必要があるかもしれません。また、会社を退職前に転職サイトに登録して面接などを調整する場合には、有休休暇を取得しなければならないという可能性があります。

また、選考が進んだとしても何が評価されたのか、落選した場合のフィードバックなどがないためモチベーションを維持するのが大変かもしれません。

40代の男性が転職サイトを利用する際の注意点

40代の男性が転職サイトを利用する際に重要な点は、「複数の転職サイトを利用する」ことになると思います。20代~30代と違い、40代でエントリーできる求人は一気に少なくなります。本サイトの別の記事でもご説明した通り、未経験職種であれば少なさとともに難易度も上がります(下記「未経験職種でも40代の転職で成功した例はあるのか?」をご参照)。そのため、1つの転職サイトだけに固執せずに同時に複数の転職サイトに登録して活動をすることが必要になるのです。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/417/”]

では、転職サイトにおいて40代でエントリーできる求人が減るのはなぜでしょうか。

転職サイトで40代の求人が掲載されにくい理由

・40代への求人はマネジメント能力を必要とする求人になりやすい
・40代の求人は転職サイトだけでなく人材会社への案件になりやすい
・40代の求人は条件が細分化されてしまうため

一般的には、40代の求人にはチームの中心的役割を担う仕事も多くなってきます。そのため、マネジメント職の求人は一般職に比べそもそも少ないという傾向があります。また、若手の採用と違い、「入社してから仕事を覚えてください」というスタンスでなくなります。

そのためどうしても求人の内容に具体性を帯びるようになります。例えば「〇〇業界の営業経験が5年以上」「〇〇のスキルと現場での実績5年以上」など、即戦力として働いてもらうことを前提とするために特定の能力やスキルを持つ人材や専門職での募集ということになります。

また、転職サイトではそういった即戦力の人材のマッチングが難しい傾向にあるため、会社側は転職サイトだけでなく人材会社などの活用も検討します。そのため40代の求人は多くないのは現実です。その一方では、会社と転職する人とのニーズが噛み合えばスムーズに話が進む可能性があるという側面もあります。

そのため、複数の転職サイトに登録し情報収集のアンテナを多くはっておきましょう。

40代の男性が自身をPRする点は何か

40代の転職活動となると若いころと違い、面接や書類選考などのマニュアルに頼ることはなかなか難しいでしょう。PRする点が細分化され、あまり一般的なものではなくなっているからです。考え方としては、自分と人事担当の立場を替えて考えてみることです。

自身が会社の人事担当者になったとして、どのような40代の男性であれば受け入れることが出来るようになるでしょうか。また逆に、受け入れられないのはどんなケースでしょうか。自身が所属していた会社で採用すると仮定して考えればいいのです。

転職先で受け入れられる40代の男性の特徴

・年下の上司でも節度のある対応をとれる
・新しい環境に馴染む姿勢をみせる
・プライドが高すぎない
・自身の意見だけを突き通さずに周囲の意見も受け入れられる、協調性がある
・健康で活発的
・話に具体性がある、つい聞き入ってしまう話ができる
・知識が豊富で、社交的

転職活動で敬遠されがちな40代の男性の特徴

・過去の栄光の話ばかりしたがる、自分を大きくみせようとする
・プライドが高く、周囲と馴染めない
・今までの成功例にしがみついてしまう
・新しい慣習に従うことが出来ない

一般的には、転職先で受け入れられる40代の男性は新しい環境でも積極的に様々な意見を聞き入れることができる人ということになるでしょう。もちろんスキルや業績は必要になりますが、しっかりとした裏付けが必要です。また、この世代は今までの会社では部下を引率する立場にあった人もいるかと思います。

誰でもそういった環境で仕事を続けるとなかなか素直さというものを失ってしまいます。そのため、面接などでも素直さというのは大きなPRポイントになり得ます。新しい環境にも柔軟に対応し、積極的に仕事に取り組む、将来的にはチームの中心としてまとめ上げることが出来る、そういった人材であれば年齢に関係なく受け入れてくれる会社は多いのではないでしょうか。

転職先やPRポイントを考える上では、職探しの段階から転職成功に迫る「40代の転職、自分に合った仕事を探してみる」、自己分析方法を紹介した「転職を成功させるために自分の長所と短所を詳しく知る」が役立ちます。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/353/”]
[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/413/”]

海外では転職は当たり前?日本の転職を考えてみる

日本で「転職」というのは、少し前の時代ではネガティブなイメージがありました。しかし、海外ではどうやら事情が違うようです。まず、日本の転職と海外の転職について考え方の違いをみてみたいと思います。

日本の転職は「ネガティブ」で海外の転職は「ポジティブ」

日本では、終身雇用制が一般的な考え方です。最近は転職サイトなどの一般化により徐々に転職に関するイメージは変わりつつありますが、新卒で入社した会社に一生働き続けるという考え方が1つの軸になっています。そのため、転職回数が多いことや勤続年数が短いことがどうしても評価につながらないということになります。「3年は継続できない人は忍耐力がない、我慢できないのでは?」という見方になるわけですね。

つまり、日本で転職するということは、「その会社で頑張れないから転職する」というイメージがどうしてもついてしまうのです。これに対して海外では、スキルが高い人間をヘッドハンティングするというのが割と良くあります。転職先では好待遇になるため、積極的に転職します。仕事ができる人ほど当然他社から声がかかりやすくなるため、転職回数が増えます。日本と逆で、スキルがない人は他社からピックアップされることがないため、1つの会社に残るということになります。

「仕事ができる人ほどいなくなる」ということになります。そういった理由により、日本の転職は「ネガティブ」で海外の転職は「ポジティブ」なイメージがつきやすくなるのです。

アメリカの転職スタイル

アメリカでは日本と違い、個々の能力が重視される社会です。そのために人の動きが活発で、転職に対してネガティブなイメージがありません。日本では40代の男性が転職するのは難しいと思われがちですが、アメリカでは年齢を重ねてからの転職には十分チャンスがあります。

その代わり能力主義ということもあるために、その人のスキルや経験が必要ということになります。そもそも、アメリカには終身雇用という考えがありません。転職が当たり前という考え方がありますので、仕事そのものも人の入れ替わりがあっても対応できるようにシステマティックになっていきます。

日本であれば、長年1人の人が業務を独占してしまうことがありますが、アメリカではそういったことになりません。そのため、日本では精神論が生まれやすいのかもしれません。

給与の額は何によって決めるべきか

日本の場合は、「何年働いているか」という基準によって昇給や給与の額が決定されていきます。そのため、個人の能力を評価する制度というものがあまりありません。何を評価すべきかが明確でないのです。アメリカでは「何ができるか」ということで給与が決定します。逆に言えば長期間勤続していてもそれだけで給与があがることはありません。

下手をしたら「長期間継続していながら効率的な仕事ができない」という評価になります。そのため、スキルアップやできる仕事の領域を広げようと努力するようになります。同じことをやっていても給与が上がらないからです。

1950年代ころから日本で定着した終身雇用と年功序列の制度は、労働者が「雇用の安定」を求めて勝ち取ったシステムでした。時代が変わればシステムも変化します。日本も時代に沿った考え方や雇用制度を考える時期なのでしょう。

転職活動は気持ちの切り替えが重要

40代の男性が転職サイトを利用して活動を進めるうえで、どうしても焦りやモチベーションが上がらない状況になることがあるでしょう。転職活動には気持ちの切り替えが重要です。特に長期化すればするほど、「自分は世の中で必要とされていないのではないか」と思ったりすることもあるかもしれません。

決してそうではなく、マッチングが上手くいっていないだけだったりするのですが、当事者には余裕を持つことが出来ないこともあります。転職活動は例えば99社に選ばれなかったとしても、1社に内定をもらえれば「成功」となります。

そのため「不採用の経験は、成功までの道のりに過ぎない」という考えを持つことができれば、気持ちの切り替えが出来るようになるかもしれません。

さて、40代の男性が転職サイトを利用して転職活動をすることについて考えてきましたがいかがだったでしょうか。まとめてみたいと思います。

40代の男性が転職サイトを利用する際に参考にすべきこと

・転職サイトは複数登録しておくべき
・40代の求人は条件が細分化されるため、転職サイトには掲載されにくい
・40代の男性が転職でPRすべき点はスキルや経験だけでなく、協調性も重要
・日本と海外の転職では考え方がまるで違う
・1社に内定をもらえれば転職活動は成功

転職活動は転職サイトを利用しながら、様々なサイトを上手く活用することが重要です。いくつもの転職サイトを登録して情報を集めながら、一方では人材会社に登録を行うのも良いでしょう。また、転職のセミナーやハローワークを利用する方法もあります。

転職でなく、個人で独立開業することに興味がある人は四十路の転職ネットがおすすめするこちらのサイトも参考にしてみてください。

詳細はこちら