転職エージェントは40代の転職に強い味方

40代からの転職となれば、これまでに積んできたキャリアが役に立つ機会がきっと多いはずです。それを活かした転職活動を行うことできっと今より高いステージに上がることができます。

ですが、もしあなたが初めての転職活動だった場合、自分のキャリアや経験を活かせるような転職先をどうやって効率よく見つけることができるのかが、なかなかわからないことも多いでしょう。

そこで、「転職エージェントを活用する」という方法をご提案します。尚、転職サイトについて知りたい方は「40代の転職成功が近づく転職サイトの活用方法」をご覧ください。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/377/”]

今日は転職エージェントの活用について考えてみたいと思います。40代の男性が転職する際には収入面や待遇に条件が出てくると思いますが、そういった交渉をしてくれるのは転職エージェントの強みです。また無料で利用できることから複数のエージェントに同時に使用している人も多いようです。

はじめに、40代の男性が転職を考えたときに何がネックとなってしまうのかを考え、おすすめ転職エージェントを紹介していきます。

40代の転職で何が難しいのか

よく、「転職は35才まで」といわれます。40代の男性で、会社を辞めて転職をしようとした際にはどうしても思う通りにいかない人も多いでしょう。本サイトの「未経験職種でも40代の転職で成功した例はあるのか?」でもご説明した通り、未経験職種であればなおさらです。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/417/”]

しかし、いったい何がネックになっているのでしょうか。まず、この40代の男性の転職がスムーズにいかない理由を明確にしてみたいと思います。

40代の採用になると職種が限られる

20代や30代の転職と違い、職種がどうしても限られてしまいます。これは、会社側が「仕事は入社した後に覚えてください」というスタンスでなくなるためです。40代の採用となると会社側もそれなりの報酬の準備が必要です。

そうなると、基本的には「即戦力」のスキルと将来的には、会社の中心的役割を担う存在となることを期待します。「即戦力」のスキルというのは未経験では得られません。どうしても前職の経験や、リーダーシップが必要になります。

会社側も応募側も採用に慎重になる

前述したように会社側も40代の採用には、大きな期待を注ぐことになります。もちろんそれに見合った報酬を提供する必要があります。また、応募する側も家族で責任のある立場でしょう。もちろん前職以上の収入を期待する人もいるかと思います。

もちろん、「これが最後の転職」と考えている人がほとんどだと思います。そのため、お互いが合意に至るまでの経緯が慎重になる可能性があります。

40代の求人が少ない

会社側に立って考えればある程度の想像はつきますが、誰でも年上の部下というのは少し扱いに気を使ってしまうこともあると思います。若い人材には仕事の吸収も早く、素直な印象があるため、若い世代を積極的に採用したいという考え方は理解できます。その結果、40代の求人は若い世代の求人に比べ圧倒的に少ないのが現実です。

尚、以前に「40代の転職を成功させられる?そもそも転職は無理?」という記事を公開していますので、そちらも是非ご覧ください。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/441/”]

転職エージェントを利用することのメリット

現実的に40代の男性が、転職するのはややハードルが高くなることはわかりました。通常、転職活動はハローワークや転職サイトを使用して行いますが、40代の男性が転職をする際にぜひ利用を検討いただきたいのが「転職エージェントの活用」です。

そもそも、転職エージェントは転職活動においてどんなサービスを行ってくれるのでしょうか。

転職エージェントの役割

転職サイトは、膨大な数から条件を絞り込んで情報を入手します。それに対して転職エージェントは、転職を希望する人のコンサルタントを行います。一般的には、まず転職エージェントが所属する会社に面接に行ってエントリーを行います。

面接で詳しい希望やこれまでの職歴のヒアリングを行い、それに応じて担当のキャリアコンサルタントが転職サポートと提案を行ってくれるというものです。転職の際には自己分析が必要とよくいわれますが、なかなか自分自身を正確に分析できる人はいません。

転職エージェントは様々な人にも会っている経験から、適正にあった転職先を紹介してくれる可能性があります。

転職エージェントを利用するメリットとは

・無料で利用できる
・転職エージェントが面接の際に双方の条件などをある程度情報提供してくれる
・転職エージェントが持つ、非公開の求人を活用できる機会が生まれる
・転職エージェントから客観的なアドバイスがもらえる
・転職エージェントから様々な情報提供してもらえる
・応募者の条件や希望を代行して会社へ伝えてもらえる
・面接などの日程調整などを代行してもらえる

40代の男性が転職する際には、応募側の条件もある程度会社との交渉が必要になることもあるでしょう。その交渉を代行できるのは非常に有難い存在です。また、退職前でも転職エージェントへの登録が可能であるため、積極的に活用していきたいところです。

転職活動の領域を広げるためにも、無料で利用できるのにメリットは多数あります。

転職エージェントを利用することのデメリット

メリットが多い転職エージェントの活用ですが、デメリットはどんなことでしょうか。具体的にみていきましょう。

転職エージェントを利用するデメリットとは

・転職エージェントの領域が都心部に集中していて地方で活用できない
・転職を確約するものではない
・転職エージェントとの相性もある
・転職エージェントのサポートや持っている情報が一定ではない

色々、デメリットもありますが上手に活用して結果として希望の転職ができれば万々歳でしょう。

前述しましたが、転職エージェントにエントリーして面接したからといってそれが転職を確定するものではありません。応募者はツールの1つくらいに考えるのがいいのかもしれません。そのため、複数の転職エージェントに登録するという手段も有効でしょう。

転職エージェントにより、持っている求人にも違いがあるため情報を比較するうえでもいいかもしれません。

おすすめ転職エージェント

では、具体的におすすめ転職エージェントを紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。転職エージェントの特徴などをまとめていきます。

doda(デューダ)

株式会社インテリジェンスが名前変更して「パーソルキャリア株式会社」となりdodaを運営しています。

求人数が多く、全国展開しています。登録するとスカウトメールを受け取ることが出来るようになります。熱意のある転職エージェントが多いというのが特徴でしょう。

doda公式サイトはこちら

パソナキャリア

人材派遣会社で大手のパソナが設立した転職エージェントサービスです。応募者を最優先するという方針で業務を行っているため、非常に利用者からの満足度が高いのが特徴です。大手人材会社が行っていることから、企業とのパイプがあり的確な情報を有している転職エージェントです。

転職によって年収のアップに成功した応募者は6割を超えるというデータもあります。

パソナキャリア公式サイトはこちら

リクルートエージェント

有名な転職サイト「リクナビNEXT」を運営する株式会社リクルートが展開している転職エージェントサービスです。実績・求人数ともに最大規模の転職エージェントです。30万人以上の転職者の支援をしたことから、その強力なサポートを期待できます。

リクルートエージェント公式サイトはこちら

マイナビエージェント

今や新卒の人がほとんど利用する就職サイトである「マイナビ」を運営している株式会社マイナビが行っている転職エージェントサービスです。若手のサポートに安定して評判が高い反面、30代以上のハイキャリアの求人はやや不足しているかもしれません。

しかしながらマイナビが持っている情報量を効果的に使うことができるのは非常に大きいメリットです。

マイナビエージェント公式サイトはこちら

ハイクラスの転職エージェントもある

総合型の転職エージェントサービスをこれまで紹介してきましたが、40代の男性であれば一般的なものでなく、自身の経歴を存分に活かして年収や待遇にもこだわりたい人もおおいでしょう。そんなハイクラスの求人を得意とする転職エージェントサービスもあります。個別にその特徴などをみてみましょう。

JAC リクルートメント

ハイキャリアや外資系に強い転職エージェントサービスです。40代の男性の転職成功率が高いのも特徴的で、海外経験や英語をはじめとした語学力などに自信のある場合は積極的に利用したいところです。その発祥はロンドンで、世界にその業務提携先があります。

年収600万円以上のマネージャークラスの転職に力を入れており、経験に応じた新しいステージの提案を期待できます。

JACリクルートメント公式サイトはこちら

ロバートウォルターズ

世界28ケ国の都市に支店を持つ転職エージェントです。東京と大阪に支店があり、日本でも20年近くの実績を持っています。外資系企業へのパイプがあり、実力主義での転職を希望するのであれば利用しない手はありません。

転職エージェントがキャリアプランを提案してくれるサポートシステムがあり、応募者の市場価値を正しく判断してもらえるのは非常に良い点です。また、その高い実績から数々の賞を受賞しているため会社も応募者も安心して利用することができます。

ロバートウォルターズ公式サイトはこちら

ビズリーチ

ビズリーチは一部応募者が有料で使うサービスがあり、特定企業への応募やヘッドハンターからの評価などのサービスを受けることが出来ます。「選ばれた者のみが利用できる」転職エージェントサービスとして、他とは一線を画しています。匿名のレジェメを公開し、会社やヘッドハンターからのスカウトを待つという形式で転職活動を行います。上位職の求人を多く扱っており、年収1,000万円を超えるものもあります。

驚くことにビズリーチには一定の審査があり、応募者はその基準をクリアしていなければ登録すらできないという徹底されたサービスを展開しています。欲しい人材には会社やヘッドハンターからスカウトメールが届くようになりますし、応募者側からヘッドハンターにアプローチすることも可能です。

ビズリーチ公式サイトはこちら

キャリアカーバー

株式会社リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントサービスです。ミドル世代からの転職をメインマーケットにしており、40代の男性が転職する際にはぜひ利用したいサービスです。ビズリーチと同様、匿名のレジェメを作成しヘッドハンターからのスカウトを待つという形式をとります。

年収800万円以上の高年収求人がメインとなっており、優秀なヘッドハンターに定評があります。求人している会社からのオファーを受けながら自分に合う転職先を探すことができるため、有効に活用できそうです。更なるキャリアアップを考える方はぜひ登録してみて下さい。

キャリアカーバー公式サイトはこちら

より転職エージェントを効果的に使う方法

転職エージェントサービスの特徴は、転職を決めたことで求人を出した会社から成功報酬を得て利益を上げているということです。つまり、転職エージェントはあなたに転職を決めて欲しいと心から思っています。しかしながら、最終的に決定するのは自身で行わなければなりません。

そのため、多くの選択肢と冷静な判断が求められます。だからこそ転職エージェントサービスを効率的に活用することで自身をできるだけPRしていく必要があります。ここで、転職エージェントを効果的に使う方法を考えてみましょう。

より転職エージェントを効果的に使う方法

・転職エージェントからの連絡を待たずに積極的に連絡する
・市場価値を知るためにも複数の転職エージェントに登録を行う
・在職中から転職エージェントサービスを利用する
・「良い転職先であれば、すぐに転職できます」と断言する

自身の市場価値というものはなかなか自分ではわからないものです。いくつものサービスを同時並行して転職活動を進めていきましょう。また、転職活動は情報との勝負です。転職エージェントには積極的に連絡を取り、現状を伝えながらコミュニケーションを取ることが非常に効果的です。

さて、ここまで転職エージェントの活用について考えてきましたがいかがだったでしょうか。40代の男性が転職エージェントを活用する場合には今までのキャリアなどを考え、ハイクラスの転職エージェントサービスに登録できるようであれば積極的に登録して年収のアップやキャリアアップを検討すべきでしょう。最後にまとめてみたいと思います。

40代の転職に活かしたい転職エージェントについて

・転職エージェントは無料で利用でき、メリットも多い
・複数の転職方法を行うべき
・転職エージェントは多くの非公開求人を持っている
・転職エージェントには総合サービスとハイクラスの人材を扱うサービスがある
・それぞれの転職エージェントで強みが異なる
・転職は情報戦であるため、積極的に転職エージェントとコミュニケーションをとる

いかがだったでしょうか?

転職エージェントを介して新しい仕事先を探してもらうということは、あなたがまだ知らなかった新しい自分自身の可能性と働き方の可能性の両方を発見することができます。

また、ここまで読んでみて転職よりはちょっと違う道がないのかな?と考えた人もいらっしゃるかもしれませんね。
そういう方には四十路の転職ネットがオススメしている、「独立開業」という新しいビジネスモデルがあります。

もし興味がありましたらぜひ以下のリンクから内容をチェックしてみてくださいね。

新しいビジネスモデルの詳細はこちら