転職を成功させるために自分の長所と短所を詳しく知る

会社員として働く人なら、一度や二度はこのように考えたことがあるでしょう。

「今の仕事は自分に合っていないのでは?」
「もっと能力の活かせる職場で働きたい!」

こうした傾向は、特に働き盛りの「40代男性」に多く見られます。社内では上司と部下の板挟み、家庭では家族との間に距離を感じる…毎日がそんな状況では、今の仕事についてネガティブに考えてしまうのも無理はありません。

だからといって、すぐに「転職」を考えるのは早計です。40代男性ともなれば「一家の大黒柱」として家族を支えなければならない人が大半ですし、その一方で20代・30代と比較すると、40代の転職や再就職は厳しいのが現実だからです。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/441/”]

それに一般論として、転職は若いうちの方が有利です。思考の柔軟さや謙虚さ、新しい仕事を覚えて能力を伸ばしていく「伸び代」は、若い人たちならではの強みでしょう。

それでも、40代の転職希望者を歓迎してくれる企業は存在しています。スキルやノウハウを持っていて、しかも会社の方針や職場の雰囲気に合っている人なら「即戦力」として活躍を期待できるからです。教育期間が必要ない、もしくは短期間で育成できるなら、余計な経費もかかりません。

そのような会社とうまく巡り合うことができるなら、「転職」は現状を変える手段として大いに価値があります。このケースの成功例は理想的と言えます。

もちろん、例えば未経験職種への転職の成功事例がないわけではありませんが、「自分に合っていない」と思える職場で不満を溜め込み、家族にあたったり自分の心身を壊したりしてしまうくらいなら、自分の経験やスキルを評価してくれる会社、能力をより活かせる職場を探すことに集中しましょう。

そのために必要なのが、自分についての「念入りなリサーチ」と「準備」です。

・自分にはどんなスキルや経験があるか?
・自分の長所や短所はなにか?
・自分の能力を活かせる会社はどこか?
・自分のスキルや経験、長所と短所をどうやってアピールするか?

…など、やるべきことは山ほどあります。多くの方にとって、こうした分析をするのは学生時代以来かもしれません。

もちろんスキルや経験、そして性格さえ、時間の経過とともに変化します。以前のリサーチから20数年が経過していればなおさらでしょう。

肝心なことは、「今現在」の自分をありのままに知り、その効果的なアピール方法を学ぶことです。自分の「長所・短所」を客観的に知るのは至難の技ですから、これは決して簡単ではありません。

そのようなわけで、今回は自分の長所と短所を客観的に知る方法と、それを相手の会社にアピールする方法をご紹介していきます。

長所・短所の把握は転職成功に必須

自分の長所と短所を知るには、どうすればよいでしょうか?考えられる手段には、大きく分けて三種類あります。

1)自己評価・自己分析する
2)周囲の人に聞く
3)性格診断ツールを使う

自己評価・自己分析する

つまり自分で自分の性格を分析することは、一番手軽な手段である一方、一番難しい手段と言えます。分析対象が自分の「短所」ならなおさらです。「自分に都合の良いことを考え、都合の悪いことには目をつぶる」のは、誰にとっても自然の傾向だからです。

それでも、あえて自己評価や自己分析をしてみることで「今まで気付かなかった自分の一面」に気付くこともあります。

また先に自己評価や自己分析の結果を把握していれば、他人の評価を聞いたり分析ツールの結果を見たときに、自分の思考のクセ(どれだけ自分を客観的に見れるか)を把握することもできます。

ですから、まずは自分で自分のことをしっかり考えてみましょう。

具体的には、過去に成功したことや失敗してしまったこと、楽しいことやイライラしたことなどを思い出して、そのときの状況や考えたこと、感じたことを書き出してみます。

より多く書き出すほど「自分に関するさまざまな情報」が集まるので、それを素直に見つめることで自分のクセ・思考パターン・性格などが見えてくるでしょう。これで、自分なりに考える「自分の長所・短所」を把握できます。

周囲の人に聞く

自分の長所と短所について、家族や友人、職場の同僚など「周囲の身近な人」に尋ねてみるのは、ある意味もっとも確実な方法です。

なぜなら「自己評価や自己分析」はどうしても自分に甘くなったり厳しくなったりしますし、「性格診断ツール」の質問に答えるときも「良い答えをしよう」と余計な手心を加えてしまうことがあるからです。

ですから、できるだけ客観的に自分の長所・短所を知りたいのであれば、周囲の人に率直に尋ねてみるのが一番です。

ただし注意点もあります。それは、できるだけたくさんの人、いろいろな立場の人に尋ねてみるということです。

性格的に他人に対する評価が甘い人もいれば厳しい人もいますし、家族は家庭にいるときのあなた、職場の同僚は会社にいるときのあなたしか知りません。

人によって評価が食い違うこともあるでしょうが、そもそも人間の性格は複雑です。その評価に依存したり否定したりするのではなく、ありのままに受け入れてください。

「他人から見た自分はこうなんだ」と理解しておけば、その後の転職活動でどのようにアピールすれば良いかが分かるでしょう。

性格分析ツールを使う

自分にせよ他人にせよ、人の判断には感情や打算が入ります。その点、性格分析ツールのような機械的な分析方法なら余計な判断が入る余地はありません。

分析ツールで有名なのは就職試験などでも使われる「SPI」ですが、インターネット上には他にもSPIに似た性格分析サービスがたくさんあります。

また「エニアグラム」という性格分類方法もあります。GoogleやAmazon、Appleなど海外の有名企業でも採用されていて、国籍・性別・言語に関係なく、その人の性格や得意分野・不得意分野を診断できると言われています。

エニアグラムの診断を受けられるサービスもインターネット上にいくつかあるので、気になる方はぜひ検索してみてください。

ただし、これら性格分析ツールを利用する際にも注意点があります。

こうしたツールは、あらかじめ用意された設問に「はいやいいえ」で答えたり、何段階かの選択肢を選んだりしながら進めていきます。人によってはこのとき、

「本音は違うけど、ここは『はい』と答えておこう」
「こっちの選択肢を選んだ方が良い結果になりそうだ」

といった具合に手心を加えてしまうことがあるのです。SPIなど実績のあるツールでは多少のごまかしは通用しない仕組みになっていますが、それでも自分が回答する以上、100%客観的な結果が得られるかどうかは微妙でしょう。

結論としては、ここで紹介した1)~3)のどれを選んでも、それだけでは十分な結果は得られない、ということです。

転職活動に備えて自分の長所・短所を知りたいなら、できるだけすべての手段を活用してみてください。

自分の長所・短所をアピールする方法

次に、自分の長所・短所を相手にアピールする方法を説明します。具体的には、転職活動で履歴書にどう書くか、面接でどう話すかです。

ところで、そもそも就職活動や転職活動で「長所・短所」「性格」について聞かれるのはなぜでしょうか?

理由としては、主に二つ考えられます。

1)会社に合っているかを判断する
2)自己分析しているかを確認する

会社に合っているかを判断する

会社に新しい仲間を迎え入れる以上、その人の性格が「社風」や「現在の社員」と馴染めるかどうかは非常に重要です。人間と同じく会社にも、先進的・開放的だったり、保守的・閉鎖的だったりと、さまざまな性格(社風)があります。

もしあなたの性格と相手の社風がまったく違う場合、うっかり入社するのは、あなたにとっても会社にとってもマイナスです。すでにその会社で働いている社員との関係でも同じことが言えます。

自己分析しているかを確認する

「あなたが自分のことをちゃんと理解しているか」は、相手の会社にとって、あなたが信頼に値する人であるか、仕事を任せても大丈夫かどうかを判断する基準のひとつになります。一般常識としても、就職活動で「自己分析」をするのは当たり前と言えるでしょう。面接などで長所や短所を聞かれるのは、当たり前のことがきちんとできているかどうかを知るためでもあるのです。

では相手の会社(人事担当者)の思惑に対して、どのようにアピールすれば一番効果的でしょうか?

先に準備しておくことは、「相手の会社について理解すること」「自分について理解すること」です。相手の会社については、WEBサイトや会社案内を読んだり、インターネット上などに掲載されている社長インタビューなどに目を通したりすることでだいたい理解できます。自分については、先ほどの説明を参考に分析してみてください。

次に、履歴書への書き方です。

よく「長所」の欄には細々と書く一方、「短所」の欄には短く、もしくは「特になし」などと書く人がいますが、これはもちろんNGです。

かといって、短所を直接的な表現でズバズバ並べると「この人大丈夫かな?」と相手を不安にさせてしまいます。「正直であること」と「工夫ができること」は別なので、履歴書を書く際には工夫をしましょう。

具体的な書き方ですが、長所についてはそれほど神経質になる必要はありません。強いて言えば、長所の「根拠」となるエピソードなどを用意しておくと良いでしょう。

たとえば「長所は素直なことです」と書いて終わるのではなく、さらに「どんな人の意見にも偏見を持たず、まずは自分で試すようにしています」と書き添えた方が説得力が上がります。

一方、短所については「バランス感覚」が必要です。直接的な表現をできるだけ使わず、かといって必要以上にフォローしすぎないということです。

たとえば「短所は頭が固いことです」という表現はかなりネガティブですし、「物事に一途にこだわるタイプです」と表現したのでは、もはや短所とは言えません。この場合は「短所は少々柔軟性に欠けるところです。こだわりを大切にしつつも、周囲と合わせることも大切にしなければと反省しています」といった表現の方が良いかもしれません。

面接の質問に答える際も、基本的に履歴書と同じことが言えます。

ただし熟考したり何度も書き直したりできる履歴書と違い、面接はその場の一瞬一瞬が勝負です。長所をストレートにアピールし、短所をやんわりと表現するには事前のシミュレーションが不可欠でしょう。

一般に「履歴書に書く長所・短所」より「面接で聞かれる長所・短所」の方が重視される傾向にありますから、悔いの残らないように準備をしてください。

自分にあった転職先を見つけるには?

ここまでで、転職に向けて自分の長所と短所を知る方法、それをアピールする方法をお話ししました。

最後に重要なことをもう一つ付け加えます。

それは「そもそも自分の性格(長所・短所)に合った会社を見つけなければ意味がない」ということです。

転職を決意する以上、転職先は自分の理想や性格、働き方にある程度合っている必要があります。社風や社員の気質、働き方などが合わない会社にうっかり転職すると、「前の職場のほうが良かった」と後悔することになるでしょう。

では、自分に合った会社はどう見つければ良いでしょうか?

効果的な手段は、転職エージェントの活用です。豊富な転職支援実績と会社データを持っているエージェントなら、あなたの希望や性格を把握した上で理想に近い会社をマッチングしてくれます。

本サイトでは、「転職エージェントは40代の転職に強い味方」、そして「40代の転職、自分に合った仕事を探してみる」という記事を掲載していますので、こちらもチェックしてみましょう。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/380/”]
[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/new-job/353/”]

もちろんどんなに周到に選んでも、いざ入社したら「思っていたのと違う」ということもあるでしょう。職場に馴染むまでに時間がかかることも考えられます。

もしそうした不安を感じているなら、転職ではなく「独立」という手もあります。

独立とか開業と聞くと大げさなイメージを持つ人もいますが、フランチャイズ制度などを利用すれば、実質的には転職とあまり変わりません。

「自分にはスキルがないし…」
「営業なんてしたことないから無理」

という方でも、たとえばこちらのようにフランチャイズ本部が営業をサポート・代行してくれるところを選べば安心でしょう。

理想の働き方を見つけたいなら、いろいろな手段や可能性について、ぜひ柔軟に検討してみてください!