自分に合った仕事は何?自己分析も大切です!

会社に行くのが嫌で仕事を辞めた・・とはいっても辞めた原因が会社にあるのか仕事内容にあるのかによって事情はまったく変わってきます。

もし仕事内容自体は好きだけど会社の社風や人間関係に折り合いがつかなかったのが原因だとしたら、あなたのキャリアはしっかりと形成されていたにも関わらず非常にもったいないことですよね。

とは言え、会社に行くのが嫌、仕事が嫌で転職を考えている多くの人にとっては「自分が本当にやりたいのはどんな仕事か?」について一度立ち止まってよく考えてみてください。

40代の男性が転職活動を始めて自分に合った仕事を探そうとするときには、「自分に合う仕事」を検索したり探したりするでしょう。しかしながら、一度冷静になって考えてみると「自分に合う仕事」というものが明確になっていないことがあります。

転職活動では、会社選び、書類の書き出し、面接でのPRは全て一貫性がなければなかなか成功するのは難しいかもしれません。手段として、自己分析や自己観察、キャリアの棚卸しという作業があります。これらを行うことでその軸を明確にすることができるかもしれません。順番に考えてみたいと思います。

40代の転職活動は人生を決める可能性が強い

40代の転職はその後の人生にも大きな影響を与えることになるでしょう。よく「40代はキャリアプランのターニングポイント」といわれます。約20年これまでに働いてきたことと、これから先約20年働くことを考えれば、人生の折り返し地点ということもできるでしょう。

最終的に仕事を終えるまでの目標を立て、逆算して転職活動を行うべきでしょう。

人生においても40代になると家族の状況も変わる時期です。自身に求められる負担も大きくなってくるでしょう。だからこそ冷静に転職活動を行う必要があります。

仕事のうえでは、管理職になる人も増えマネジメント力やリーダーシップを求められるようになります。現場でバリバリ仕事をするという立場からチームでバランスよく結果を出せるようにする管理能力が問われるようになります。そのため、転職の際に会社から求められる能力が30代とは大きく変わってきます。

40代の男性が会社を退職し、転職活動をしようとするなら「人生最後の転職活動」と思う人が多いでしょう。だからこそ冷静になって自分の進むべき道を考える必要があります。そこで必要になってくるのが自分を見つめ直す作業でしょう。

自己分析をしよう

まず、冷静に自己分析をすることをおすすめします。「自己分析」という言葉は既に日常的に使われることが多いのですが、あまり自身で真剣に実施する機会というものが無いかもしれません。自己分析とは、自分の行動や実績をもとにその特徴・長所・短所などを把握しようとするものです。

40代の男性が会社を退職し、就職活動を始める際にはぜひ自己分析してみましょう。

自分が今まで何をやってきたのか、自分にはどんな仕事ができるのか、どんな方法で仕事をやった際に成功し、失敗してきたのか。今までの振り返りを行い、経験を整理することで自分のことが客観的に把握できるようになります。頭の中だけで考えるのではなく、出来るだけノートに落とし込んで、文章にしてみましょう。

具体的なエピソードなどを書くことで一歩引いた視線で自分を見ることができます。実は細かい些細な行動や仕事も自身を形成する材料になります。こういった自己分析を行うことで、自分の特徴・長所を掴み、根拠となる説明をすることが出来るようになります。

これは履歴書を書く際や面接の際にも非常に役に立つもので、質問などに対するブレが少なくなります。

「自分はこういった人間で、こういった経歴があり、こういったスキルアップをすることで、将来こうなりたい」ということをしっかり応えられる人間は実はあまり多くありません。日常の生活に埋もれていくものです。しかし会社の経営者は常にこういった目標や設定を考えてそれを数字化していく作業を日々行っています。

自己分析を行うことで、自身をしっかりと会社の経営者にPRできるようになる理由がそこにあります。

自己観察をしよう

「自己分析」という言葉は日常的に使われる言葉ですが、「自己観察」とは何でしょうか?最近ではこの「自己観察」という、自身の行動の裏側にある心理を見つめ直す行為が非常に重要視されつつあります。1つの事柄に対して自分はどんな行動をとったのか、どんな判断をしたのかという「自己分析」から一歩進んだ作業です。

自己分析と違い感情面、心理面の部分を掘り下げていきます。自分がなぜその判断をしたのか、その行動をしたのか、何を思ったかということをある程度客観的に見つめ直していきます。人はどうしても自分のことですから「あの時にあの判断をするのではなかった」等の反省や後悔をしてしまいがちです。

しかし、それは自己観察ではありません。主旨から逸れてしまいます。観察した感情や行動の結果については考えないようにします。あくまで、なぜその判断に至ったのかを考えて突き詰めるようにします。

いくつかの事柄を自己観察していくと、ある一定の決まりのようなものを発見することができるかもしれません。

その背景にあるのは、どんな心情でしょうか。こういったことをすると、本当にやりたいこと、なりたい自分、目標、夢などを明確にすることができます。様々な感情に向き合うことで自分が何に対して喜びを感じて、何に不満を感じるのかというルールのようなものを見つけることができるようになります。

今までやってきた仕事等を思い起こすことで、自分の本当の価値観を理解できるようになることもあるでしょう。そうした価値観をもとに、今後の行動の指針を立てていくのです。

今後の行動とは「転職を決断すべきか」「転職でなく、独立開業を目指す」「どんな仕事をするのか」「こんな会社でのこんな職種を目指す」という道筋を描けるようになるのです。この自己観察をするうえでは、自分のネガティブな感情を思い出す行為でもあるためにやや、疲労する可能性があります。

そのため、できるだけ1日1日で自己観察をする癖をつけていくと習慣化するため、疲労が軽減されていくかもしれません。

1日職場や家庭では様々な感情が沸き起こります。その感情を客観的に就寝前にでも整理することで、自然と自己観察をすることができるようになります。

自分のこれまでの職務経験を洗い出してみる

転職活動をする際には「キャリアを棚卸し」してみよう、ということをよくいわれます。具体的には、自分のこれまでの職務経験の洗い出しを行い、自身の価値がどこにあるのかを明確にしようとするものです。40代の男性が会社を退職し、転職活動を行う際には非常に重要な作業です。

なぜなら、40代の中途採用を行おうとする会社では即戦力となる人材を求めているためです。また、会社の方向性と働く人のキャリアプランが一致していることを望まれるでしょう。そのため、キャリアを棚卸しすることで自身の強みを明確にし、将来的な展望を面接などにおいてプレゼンできるようになります。

キャリアの棚卸しをするには3つのステップを踏んでいきます。順番にみてみましょう。

STEP1:職務経験の洗い出し

まずは、実際にノートに履歴書に書くような経歴をまとめていきましょう。その次に、「職種」「職務」「実績」をそれぞれ書き出していきます。客観的に自分の職務経験を見つめ直すことができるようになるでしょう。

自分のスキルは何か、自分の価値とは何かという2つの観点から見つめ直すことを意識してみましょう。

STEP2:自分の価値を発見する

これまで得た経験と資格、技術などを書き出してみてください。40代の男性を採用しようとする会社では、履歴書よりも職務経歴書を重視するでしょう。そのため、自分の最も価値のあるスキルを明確にする必要があるのです。

STEP3:自分の価値と転職の方向性を一致させる

自分の価値でのストロングポイントが発見出来たら、次は転職先の会社での方向性を一致させて考えてみます。自身では様々な点をPRしたいと思うでしょうが、何から何までアピールされてしまうと、一貫性を持ったプレゼンというものはできません。

基本的には1点をPRすることにしてその根拠として他の部分を話すようにしましょう。また、それが転職先で求められていることである必要があります。会社をしっかり分析し、会社の方向性と自身のライフプランを重ねて自身をプレゼンできるようになれば、キャリアの棚卸しは完成です。

なかなか、自分の経歴を見つめ直すというものは難しいものです。

なぜなら、自身では最もPRしたい部分と世間でのニーズが一致しない可能性があるからです。そのため、誰かにプレゼンを聞いてもらうことが非常に重要になります。もちろん、友人や家族などでもいいのですが人材会社の転職エージェントなど、知識がある人に率直に意見を求めると非常にいいでしょう。

専門家の視線で市場からみた、あなたの価値を高めてくれる可能性があります。

自分に合う仕事とは

40代の男性が転職を考える際には、「これが最後の転職活動」と思っている人が多いと思います。改めて、「自分に合う仕事とは何か」ということを考えてみたいと思います。どうしても自分に合う仕事を考えると「仕事」というものに視点が移ってしまいます。

例えば「その仕事が自分に合う仕事なのか」「将来のキャリアプランとして適切なのか」ということを考えてしまうのです。

もちろん、目の前に提示されている仕事のことを考えるのも必要なのですが、ここでは「自分に合う」状態とは一体何を指す状態なのかということを考えてみたいと思います。

自分自身で考えてみましょう。仕事に何を望むでしょうか。どんな状態になっていることを心地良く感じることができるでしょうか。働きやすく、自分のスキルが活かせる環境とはどんな状況でしょうか。「仕事ありき」で考えずに、自分のことを考えてみてください。これまでの職場の経験でいくつか心地良く働くことができたこともあったと思います。

「ただひたすら自分の仕事に集中できる」「チームで役割を分担し、みんなで目標に向かう」「ルーチンワークをミスなく、機械的にスピーディに行う」等、どんな場面で最も心地良いと感じることができたでしょうか。次に考えることは、会社としてその状況が望まれていたのかということをすり合わせてみましょう。

結局のところ、自分に合う仕事を見つけ出すことができてもその仕事の結果が、会社にとってメリットが大きいというバランスを持っているということが重要になってきます。自分に合う仕事=社会に貢献している状況、という構図がしっかりマッチしている状況が「自分に合う仕事」といえるのではないでしょうか。

また、40代の男性であれば「自分に合う仕事」を見つけることと同時に、将来的に「自分がどうした方向性に進むのか」ということを考えていきましょう。前述したように40代は人生のターニングポイントです。目先のことだけでなくキャリアプランをしっかり考えたうえで転職活動を行ってみてください。

転職で成功するための秘訣は

現在は、一般的にはどの企業も人手が足りず「いい人材であれば欲しい」という状況が続いています。しかしこの傾向がいつまでも続くものではないでしょう。人材の需給バランスというものは一定ではありません。

そのため、転職の機会があれば積極的にチャレンジすることも非常に重要な行動です。

今では転職サイト、人材派遣会社や人材会社、転職エージェント等の活性化により誰でも、今の会社で働きながらでも転職活動を行うことが出来るようになりました。必ず転職活動で成功できる方法はありません。しかしながら成功例を学ぶことで、成功の確率を上げることができます。

その成功例の最も重要な点が、「自己客観視がしっかりできている」ということになりそうです。

普段の生活で、自分のキャリアを整理する、ストロングポイントを考える、どういった方向に自分自身が向かおうとするのかを明確にすることはあまりありません。この行動が転職活動を通じての一本の軸になります。そのため、転職先を探す際にも、書類を作成する際にも面接でのプレゼンを行う際にも全てのスタートラインになるのです。

転職活動を成功した人はしっかりこの準備ができていたからだといえるでしょう。

さて、ここまで自己分析・自己観察・キャリアの棚卸しを行うことで、自分に合う仕事を再度考えることについてみてきましたがいかがだったでしょうか。これらの事前準備をしっかり行うことで、転職活動をより有益なものにすることができるでしょう。