40代男性の転職に有利な資格とは?

資格というものはこの世の中に数多くあります。40代の男性がこれから転職を考えて有利に働く資格の取得を目指すのであれば、一体どんな資格がおすすめでしょうか。

「営業職」「エンジニア職」「技術職」「事務職」という4つの分野による四十路の転職ネット独自の分析と具体的にその資格や将来性についても考えてみましょう。

ちなみに、40代の女性の方々には「40代女性の転職に有利な資格、未経験職種への挑戦にも」という記事を掲載しています。

[blogcard url=”https://forty.tjworld.net/inexperienced-job/451/”]

資格一覧や選び方について解説していますので、女性の方はぜひご覧ください。

40代の男性が資格を取得するためには

40代の男性が会社を辞めて転職しようとするときには、自分を知らない人に対して自分をPRしなければなりません。

そのためには、1つでも多くの材料があった方が有利になります。何かきかっけで興味を持ってもらえるかという正解はありませんが、「資格」を取得して、自分の技能やスキルを形にしておくのは非常に効果があります。もちろん40代の男性であれば、経験・知識ともに高いレベルに達しているでしょう。

しかしながら、それを他人に書類や面接だけの限られた枠の中だけで伝えるには限界があります。そのため、平等に誰でもわかりやすい評価の対象となるのが資格なのです。

40代になると、なかなか新しいことを始めることは多くないでかもしれません。

新しい分野の勉強というものは、非常に新鮮で興味深いものです。そうした経験のためにも資格の勉強はおすすめできます。

また、今まで勉強してきた財産を使ってワンランク上のキャリアを目指すという手段もありますが、あえてある程度の時間を使い自分の知らない分野や、興味がある分野の勉強をすることで知識の補給をすることは大変有意義なことです。

ですが40代になるとどうしても勉強することに対して「不安」を感じてしまうことがあります。

もちろん、若いころに比べて記憶力がやや低下しており、丸暗記のような手法での勉強方法はできないかもしれません。これは脳の老化ということだけでなく、40代の脳が「机上の勉強を記憶させる」スイッチから「経験を基に記憶させる」スイッチが切り替わっているためです。

そのため、40代の資格勉強方法のキーワードは「理由を明確に理解すること」と「反復による記憶」ということになるでしょう。また、40代で資格取得の壁となるのが「モチベーションの低下」です。反復による記憶は、基本的には時間がかかるもので同じことの繰り返しになります。

そのため、「なぜこの勉強をしているのか」という理由を明確にしてモチベーションを低下させないことが必要です。

また若いころの勉強方法と違い、インプットだけではさすがに飽きてしまいます。一定のインプットが終わったら、テストなどに挑戦し、アウトプットさせ起伏を作ることも重要になってきます。

40代男性の転職におすすめの資格一覧

40代の男性がこれから転職を考えて資格を取得しようとするのであれば、今までの経験の延長線上にあるものだと非常に効率的に勉強することもできますし、知識としても身に付きやすいでしょう。また、40代で活躍している業界の資格を取得し転職に活かすというのも非常に有効的です。

それでは40代の男性におすすめできる資格をみてみましょう。

<営業職等の転職で有利になる資格>

・中小企業診断士
・ファイナンシャル・プランナー
・宅地建物取引主任者
・TOEIC

<エンジニア等の転職で有利になる資格>

・マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
・基本情報技術者
・情報処理安全確保支援士

<技術職等の転職で有利になる資格>

・建築士
・施工管理技術者
・環境計量士
・危険物取扱者

<事務系の転職で有利になる資格>

・日商簿記
・社会保険労務士
・貿易実務

まずは、自身の目指す方向を定めてその基盤となる資格を調べてみましょう。もちろんどの資格も取得するまでにはまとまった時間と費用が必要になるかもしれませんが、取得した時の達成感は大きいものがあるでしょう。

それぞれの分野に区分し、解説をしますが試験の日程・難易度などをしっかり調べてから勉強を始めてください。

営業職等の転職で有利になる資格

営業職といっても様々です。取り扱う商品や、顧客によってもそのセールスの仕方は大きく異なります。ですが、顧客を最終的に「買う」という決断をさせるのはセールスマンの能力や人柄が大変重要です。誠実に対応しようとすれば、あらゆる知識が必要となるでしょう。

また、その一方で自分に特化した能力というものを持つのはセールスマンにとって大きな自信になります。何か1つの資格を持つということはその可能性を広げることになるのです。

中小企業診断士

経営コンサルタントの国家資格です。ビジネスに関しての様々な知識を必要とするため、自身のスキルアップにも最適な資格でしょう。

人・物・金・情報といった会社の経営資源に関しての勉強をすることになります。論理的な考え方が必要になり、その考えを人にプレゼンする能力も問われます。

日常的にビジネスでも必要となるために勉強するメリットは大きいでしょう。

ファイナンシャル・プランナー

女性にも人気がある資格ですが、金に関する知識はビジネスをやるうえでは重要です。

金融業界はもちろん、不動産業界などでも役に立ちます。ファイナンシャル・プランナーは、税金、投資、ローン、不動産、老後、相続、教育など大きいお金が必要となる場面でのスペシャリストですので日常的にも頼られる機会が増えるでしょう。

特に経営コンサルタントや独立開業を目指す人にもおすすめの資格といえるでしょう。

宅地建物取引士

かつては「宅地建物取引主任者」という名称でしたが、平成27年4月から名称が変更となりました。

略称としては宅建士という名称になっています。国家資格であり、不動産会社への転職や独立開業への道を開くことができるようになるでしょう。

不動産取引というものは非常に高額な契約になります。そのため、お客様に不動産に関しての重要事項を説明するのが宅建士の仕事になります。

TOEIC

セールスマンでも外資系企業などで活躍する際には英語力が必須となります。国内企業でも積極的に海外進出をする企業も多いので、英語は武器の1つになるでしょう。

一般的にはビジネスクラスの英語ですと600~700点位が必要となるでしょう。

TOEICは客観的にその人の英語力を点数化してくれるものですので、他人から非常にわかりやすいという特徴があります。また、他の資格と違い「合格」「不合格」のラインが明確にないという点においても勉強のやりがいがある資格だといえるでしょう。

エンジニア等の転職で有利になる資格

エンジニアには資格は必要ないという人もいるかもしれません。しかし、1つの指標として資格を持っているのは非常にわかりやすいことでもあります。また、エンジニアの資格は資格手当がつきやすいという特徴もあります。

入社してからはなかなかまとまった時間を持つことは難しくなるため、入社前に取得しておくことは長期的にもメリットは大きいといえます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

エンジニアだけではなく、事務系の資格としても十分に活かせる資格です。

ほとんどどんな仕事でもword、excel、power point、access、outlook等のマイクロソフトの基礎知識を必要とします。レベルは2段階あり、スペシャリストが一般向けでエキスパートが上級向けとなります。この資格は実用的な能力を身に付けるだけでなく、プレゼンを視覚的にわかりやすくできるようになるという効果もあります。

どんな職種、どんな会社でも必要なスキルです。

基本情報技術者

IT業界への入門資格として非常に認知度が高い資格です。プログラマーやシステムエンジニアが、情報処理に必要な考え方や基本的なITの知識を身に付けるのに最適な資格だといえるでしょう。国家資格であり、IT業界を目指す第一歩となるものです。

システム設計やプログラム作成で必要な論理思考力を養うことができ、将来的には上位資格の「高度情報処理技術者資格」を目指すことになるでしょう。

情報処理安全確保支援士

日本初のサイバーセキュリティの国家資格で、サイバーセキュリティに関する知識と技能の取得を目指します。

サイバーセキュリティ対策は経営リスクとしても課題になっているために、社会的にも非常に将来性がある職種であり、持っていれば様々な会社で重宝されるでしょう。

2016年にできたばかりの新しい資格であり、勉強するには非常におすすめです。

技術職等の転職で有利になる資格

技術系の職種には非常に数多くの資格があります。ほとんどのスキルや技術についての資格がそれぞれあり、その受験にも実務経験を必要とする場合があります。

技術系の資格は、段階的に資格を取得できるという面白さがあり、成長を実感しやすいという特徴があります。

自分の仕事の領域を広げるという意味でも、資格の取得が必要になります。

建築士

建物の設計図を作成するのに必要な資格です。1級と2級があり、扱える建物の大きさの範囲によって制限があります。

建物の構造や計算が必要となるため、数学・物理の基礎知識が必須となるでしょう。建築士の取得は大変難しい現実があり、この道においては取得してからがスタートとなります。

また、受験資格なども制限がありますので調べてみてください。

施工管理技術者

建設工事に施工管理は必須です。特に建物の品質や工事の安全面を強く求められる時代ですので、優秀な施工技術をもった技術者は職場に困ることは無いでしょう。必ずこの資格を必要としない仕事ではありますが、資格を持っていることで信頼を得やすくなるため取得をおすすめします。

建築・電気・土木などの手掛ける工事により資格の種類が区分されています。

環境計量士

環境に関する計量に関わるために必要な国家資格です。化学分析を行う企業などで求められることが多く、工場から排出される排水や煙などを測定し、その管理を行います。

また、騒音や振動に対しての計量結果を証明するために必要な資格です。日本だけでなく世界から注目を集めている資格であり、環境問題に取り組む業種からは重宝されるでしょう。

危険物取扱者

国家資格でも人気のある資格であり、実用的で誰でも受験できることから取得をおすすめできる資格です。ガソリン、灯油など消防法で指定された危険物を扱うのが仕事です。ガソリンスタンド・自動車整備工場・タンクローリー・設備管理・ビルメンテナンスなどの職場では優遇される資格で、甲・乙・丙と3種類に区別されます。短期間で取得できるのも魅力の1つでしょう。

事務系の転職で有利になる資格

単純に会社で事務業務を行うには、資格などなくても仕事ができるかもしれませんが、経営や会社を運営するのには専門知識が必要です。

管理部門を目指す40代の男性であれば資格の取得を目指すのもいいでしょう。

日商簿記

数ある資格の中でも極めて知名度が高い資格です。経理・財務という職業はどんな会社にも必要とされ、独立開業を目指す人にも有効的な資格です。

40代の男性であればこれから会社の経営やチームの中心で、数字の管理を任されることがあるでしょう。その際に、経理的な知識なしに話をすることはできません。そのため簿記の勉強は必須といえるでしょう。

社会保険労務士

会社が労働者を必要とするためには、人事という仕事は無くなることはありません。

会社に労働者が安心して働けるように、労働保険料の計算、労働規約の作成、福利厚生の提案などのサポートを行う仕事です。社会保険労務士は国家資格であり、人材に関するスペシャリストです。

最近では、年金の相談などの業務を手掛ける社会保険労務士も増えておりこれからの社会にも必要とされる資格といえるでしょう。

貿易実務

インターネットの普及により、貿易の自由化はますます拍車がかかるとされています。そんな中で、国ごとに異なる法律や関税等についてのエキスパートが必要とされています。貿易実務はその必要な知識を持つという証明となります。

資格はA級、B級、C級と3種類あり、段階的に取得できるようになっています。キャリアアップを目指す人は、英語とともに勉強するのがおすすめです。

 

さて、ここまで40代男性の転職に有利な資格についてみてきましたが、いかがだったでしょうか。気になった資格があればぜひ更に掘り下げて調べてみてください。

また、資格を取得することで転職できる職種の幅も広がりますが、もし転職ではなく起業や独立開業を目指してみたい!という方もいらっしゃるかもしれません。
そういった選択肢を視野に入れている方にとって役に立つ情報を共有させていただきますね。

フランチャイズ独立起業という、最近トレンドになってきている新しい仕事の形です。
詳細はこちら