仕事にやりがいを感じない?仕事が嫌な理由と対処法

40代の男性にとって、仕事にやりがいを感じないという現状は毎日を生活するうえでは非常にストレスになることでしょう。

今回は40代の男性にスポットを当て、なぜこの年代の男性が仕事にやりがいを感じなくなるのか、その理由と対処法について考えてみたいと思います。

40代男性が仕事のやりがいを失う理由とは?

男性にとって40代というのは人生においても最も働き盛りの時期です。

仕事の経験もあり、スキル、危険予測、対処方法など、若い世代には負けない「安定感」がついてくるのもこの40代だといえるでしょう。会社でも中間管理職まで昇進し、部下もできました。客観的には非常に仕事に前向きになれるように思われますが、実は40代の男性が仕事のやりがいを失う、やりたくないと感じる事象は世界的にも共通する事項なのです。

日本だけでなく、世界的にも「仕事に対する不幸感」というものは30代後半から一気に加速し、40代でピークを迎えるというデータがあるそうです。ではなぜ、40代の男性が仕事に対して後ろ向きになるのでしょうか?

理由として挙げられるのは、「中間管理職」という辛い立場になるから、ということが1つありそうです。

中間管理職は、上司と部下に挟まれてしまうためストレスを抱える方が多く、さらに出世していくと重圧が増していきます。上司に対しては、結果を出さなければいけませんし、部下に対しては時に厳しい指導もしなければなりません。現場をやっていた若いころと違い、「仲間で頑張ろう!」という立場から一歩外に出て発言をしなければならないために、職場でも疎外感を感じる方が多いのです。自分で納得できる仕事でない場合、「平社員として現場でやっていた方が良かった。」と思う方が増えるのは理解できます。

他の理由としては、「退職するまでの先が見えてしまい、希望を失ってしまう」という意見があります。
20代、30代の頃は苦しいながらも現場で頑張る自分に未来があります。そのため、辛い思いも何とか凌ぐことができるのでしょう。仕事も頑張るほどにスキルが上がるのを実感できるので、「今日より明日」という気持ちを持つことができるのです。

また、40代の男性には家庭を持っている方もいるでしょう。自由に使えるお金に制限がかかるようになり、家族が増えていくと自分の時間は徐々に失われていく傾向にあります。

そのため、休日でもストレスを抱えてしまう方が多く、無気力になっていく様子が目に浮かびます。また、人生においても大きいお金が動きやすいのもこの時期です。
子供の教育費や住宅ローンなど、現実的に逃げられない状況に追い込まれてしまうこともあるでしょう。このような状況では、40代の男性が仕事のやりがいを感じなくなるのは理解できます。

仕事のマンネリを解消する方法

さて、40代の男性が仕事に対してやりがいを持てなくなる理由は良くわかりました。

しかしながら、会社でも家庭でも非常に重要なポジションである方が「本当は仕事なんかしたくない」と思っているのはどう考えても健全なことではありません。仕事に対して、新鮮な気持ちで取り組むための方策はどのようなものがあるでしょうか?

仕事のマンネリを解消する方法は、「自分の行動を変えてみる」というものがよくビジネス書などでよくみられる手段です。
例えば、最近では朝活という言葉は少し流行りました。30分、1時間早く会社に出社してみて、朝のスッキリとした頭で1日の計画と目標を決めて行動することで気持ちを入れ替えることができるようになります。会社までのルートを変えてみる、ひと駅分歩いてみる、晴れた日は自転車で通勤してみる、などの変化も良いかもしれませんね。

また、行動でなく「見た目を変えてみる」というのも有効かもしれません。カジュアルな服装で問題ない職場であれば、いつものスーツでなく、オシャレなオフィスファッションで仕事をやってみるのも仕事のマンネリを解決する手段として有効でしょう。

仕事だけで解決しようとせずに、プライベートを充実させるのも効果がありそうです。

仕事が終わった後の時間にゆとりを持つことで、「自分へのご褒美」ができ仕事にもメリハリがつきます。他にも、小さいことを達成した自分を肯定していくとう考え方の変化も有効的です。

あまり大き過ぎる目標を持つと、どうしても自分を責めたりする状況になりがちですが小さい目標であれば少しの努力で達成することができるので、継続して挑戦していくことができます。この、自分を少しずつ肯定していくという考え方は重要です。

休日は客観的に「自分の仕事は社会でどんな役割があるのか」ということを考えてみると、効果があると言われています。

普段は朝から夜まで仕事に追われることが多いと思いますが、休日は自分を客観的に見直すことで、仕事のマンネリを解消できるかもしれません。
あなたの会社が行っているサービスには、非常に重要な意味があり、誰かに感謝されているはずです。また、あなたの家族はあなたの仕事によって支えられているものです。

一歩離れた視点であなたの仕事のことを考えてみましょう。

仕事の効率を見直してみる

40代の男性には、仕事のスキルが既についているでしょう。
サラリーマンだけをやっているとなかなか気づく機会がありませんが、40代の働き手で経験を持っている方は独立しても社会的なニーズを獲得できるレベルにある方が非常に多いはずです。

今までは会社のやり方に従って業務をただ遂行してきたのかもしれませんが、自分の手法で自分の仕事の効率を見直してみることができるはずです。

仕事というのは習慣化してしまうものです。

効率化を考えたときには、「聖域」を設けずに見直しを行うことが最も重要です。
「会社で決まっているから」という理由で、なんとなく普段行っている仕事はないでしょうか?もしかしたらそれはやる必要がない事なのかもしれません。

こういった「聖域業務」は効率やモチベーションを下げる要因になっていることが多々あります。
「そもそもそれってやる必要あるの?」という切り口で考えてみると良いかもしれません。

例えば、誰も確認していない業務日誌の記載や、特に重要な話し合いのない定例会議、そもそも必要があるでしょうか?完全になくすのが難しければ方法を変えるというのも良いでしょう。日誌は数値を共有フォルダに入れて文章を箇条書きにする、映像チャットを使って会議を行えば離れた場所から集まる時間を削減できるかもしれません。

また、仕事の効率化には「優先順位の決定」が重要です。ビジネスでは主に4つの分類により、業務の優先順位を決定していきます。

<仕事の優先順位の分類>

①:重要性・緊急性が高い
②:重要性は高いが、緊急性は低い
③:重要性は低いが、緊急性は高い
④:重要性・緊急性とも低い

こういった分類を明確に行うことで、仕事を効率よく的確に行うことができるようになります。

例えば①の重要性・緊急性が高い仕事にはクレーム処理などがあるでしょう。
こういった仕事は、最も優先度を高めるべきです。なかなか難しい分類なのが③です。人から依頼を受けた業務などが、この③によく当てはまることが多いのです。

この③には自分でない他のメンバーで対応させる、仕事の方法を変えることで対応できることがあります。この考え方を持つようになると仕事の効率化が客観的にできるようになります。

40代の男性の市場価値は?

さて、ここまで読んでいただいた方は明日からの仕事に前向きな気持ちになることができたでしょうか?

会社や家庭で重度なプレッシャーに耐えながら、何とか歯を食いしばってはいるものの、内心では「こんなハズじゃなかった、本当は仕事をやめたい」と思う気持ちは非常に理解できます。しかし、毎日の行動を少し変えることで仕事のマンネリを解消できる、普段の業務の見直しを図ることで仕事を効率よく改善することができるようになるのです。

それでも、「やっぱりやめたい」と思う方もいるでしょう。

実は転職市場で最近まで言われていた「35歳の壁」という言葉はなくなりつつあるといわれています。つまり、40代男性の市場価値が転職業界で増加している傾向にあるのです。それはなぜでしょう?

出世したくない40代が増えていることがその要因の1つだといわれています。

つまり、「これ以上、この会社で出世は望まない」中堅社員が増えているのです。
データ上では、42歳をピークに「出世欲」というものが減少していくのが一般的なようです。定年退職の前にある「ポストオフ」と呼ばれる役職定年を視野に入れる方が増えていくのです。

そのため、40代の男性リーダーがどの会社でも欠けてしまう傾向になるのです。

そうであっても日本では社員を解雇するのは非常に難しいのです。簡単に「じゃあ、辞めてもらって結構」ということにはなりません。

そのため、以前転職業界で言われていた「35歳からの転職は難しい」という時代が少しずつ変わってきたようです。

「やる気と他の業界からの違う風」を求める企業は非常に増えてきたのです。

定年までの約20年を考えましょう

40歳の男性が仕事を思いっ切りできるのは、おそらく後20年というところだと思います。

もし、「どうしても仕事をしたくない」「今の仕事にやりがいを感じない」「このままで終わるのは嫌だ」と思っているのであれば転職を考えるのも1つの手段だと思います。

結局のところ、自分の墓標に書かれるのはどんな言葉であるのかが決まるのがここからの20年です。「自分の人生をどのように終えるべきか」ということを少し真剣に考えて逆算している方であれば、転職というのはむしろ前向きな発想だといえるでしょう。

転職を真剣に考えるのであれば、転職活動が長引いてしまうリスクも考慮に入れて行動する必要があります。思い切って辞めてみたものの、当てもない転職活動はどうしても長期化してしまう可能性があります。そのため、働きながら転職活動をするのがベターと言えそうです。転職活動をすれば、好むと好まざるにかかわらず自分の市場価値というものが浮き彫りになります。現実的なスタートを切ってから決断をするのが、最も賢い選択を残すことになりそうですね。

独立する手段もあり?独立を検討してみましょう

もう1つ選択肢がありました。実はこれが最も前向きな発想なのかもしれません。40代の男性であれば独立して経営者になることもできるでしょう。

独立して得られるものは、どんなものがあるでしょうか?一番大きいのは「仕事のやりがい」なのでしょう。自分自身で選択した仕事をすることができるのは、企業や独立開業する方の最大のメリットと言えそうです。サラリーマンであれば上司の命令には従う必要がありますが、独立すればすべての決定や仕事のスタイルも自由です。大きなモチベーションを持って仕事に取り組むことができるでしょう。

独立した方には定年退職という概念がなくなります。これは100年時代を迎える働き手にとってはかけがえのない魅力の1つでもあります。その気になれば、死ぬまでビジネスの現場に立ち続けることができるようになります。また、日々の働く時間もコントロールできる立場になるため、自由度は高くなりますしサラリーマン時代と決定的に違うのは、「仕事をしただけお金になる」という最もシンプルなものなのかもしれません。

安定はしているものの、仕事を押し付けられていた印象の強いサラリーマンとは違い、お客様には心から感謝できるようになりますし、仕事に前向きになることができます。

しかしながら、得るものだけではなく当然リスクを伴うのが独立という決断です。

事業が軌道に乗るまでは不安な気持ちになるでしょうし、経営者というのは将来の自身の健康や体力的な問題もよく考える必要があります。
40代の男性であれば、ある程度の収入があるわけですから、独立して全く収入が無いという状況は非常に厳しいです。独立して「やっていける」という見込みが欲しいのは非常にわかる話です。

もし、経営者として独立したいが安定した仕事の見込みも欲しいという方はこちらを見てみると良いかもしれません。